Pc header1
Pc header2
Pc header3
Pc header4

イクスタ大学受験スケジュール完全版
国公立大学文系

合格に必要なセンター模試の点数の目安
首都圏の難関私立大学理系(早稲田大学、慶應大学、上智大学、東京理科大学、医学薬学系)の目安

国公立大学文系



国公立大学文系



早稲田や慶應、東京理科大学など難関私大の理系に合格するための受験カレンダーです。高校2年生の1月から入試直前まで、時期ごとに科目別のやるべきことやオススメの勉強法を紹介しています。センター模試での目標点と科目別のスケジュールをもとに自分の勉強計画を立てましょう!センター模試での目標点と科目別のスケジュールをもとに自分の勉強計画を立てましょう!

国公立大学文系



以下から4ヶ月ごとの時期別にカレンダーと各科目の進め方を紹介しています。
センター模試目標点のグラフの点数が取れるようにペースを調整して勉強を進めることで合格が近づいてくるのです!






国公立大学文系



国公立大学文系



上位国公立大学文系4月まで

英語

この時期は英語の基礎完成、特に英単語英熟語の暗記に時間をかけましょう。

◯ 英語単語帳にも2段階ある!?成績を伸ばす英語単語帳の選び方

英単語帳に加え、英文法・英文解釈も同時並行で進める必要があります。

◯【英語文法】これ一冊でこれだけできちゃいます!~vintage~

この時期は勉強時間の半分以上を英語にかけ、基礎を徹底する必要があります。
この時期の基礎分野の完成度が、夏場の勉強と成績に大きく影響するからです。
夏休みには長文読解演習に取り組めるようになるための準備をする必要があるのです。

私立志望であっても、2ヶ月に一度、センター試験模試を受験してください!
英語に限らず他の科目でもセンター模試は実力を測るための良い判断材料になります。
英語であれば、単語熟語と文法の基礎が固まっていればセンター模試は130点くらいまで取ることができます。各科目とも、4月のセンター模試で上の表の志望校の目標点を取れるように頑張りましょう!!

◯ 受験の流れ!季節別攻略法☆今すべきことは何か!!


数学

この時期は学校の進路との兼ね合いもあるのでIAIIBの徹底に時間を使いましょう。(数IIIに入ることのできる人は概念理解を進め、5月以降の記事に進んで先取りしましょう)教科書、もしくは概念理解が分かりやすい参考書を使ってセンター試験模試の数学が60点以上取れるほどのレベルに持っていけたら優秀です。

学校などで数学IIIを同時並行でやっていくと思いますが、全く出来ない人もいると思います。その場合は、数学IAIIBの基礎ができていない可能性が高いので、この時期の勉強を大切にする意識を持ちましょう。(テストで点数を取ることが大切なのではなく、数学的な思考力を養う必要があります。)

こまめに模試やセンターの過去問を解いて、60点を超えることができるようになったらこの時期から数IIIに入ってもいいと思います。主な勉強方法としては、下のリンクにある緑チャートなどの自分にあった基礎の概念理解の本を使ってみてください。

◯ 【センター数学】私が大の苦手だった数学を合格点まで導いてくれた緑チャート

◯ シンプルにして本質…!数学科がガチでオススメする数学の勉強法と参考書


理科

化学: この時期は英数の主要科目に時間を割いてください。特に数学は基礎を身につけるのに時間がかかるので優先しましょう。化学を始め、理科については5月初め頃から始めれば十分です。早くから始めないと不安になるかもしれませんが、一つずつ確実にこなしていくことが大切です。

物理: 化学と同じでやるに越したことはありませんが、まずは数学や英語などの配点が大きく、実力が上がりにくい科目から取り組みましょう。本格的に物理の勉強をするのは、4、5月からで構いません。

生物: 3年生になるし、生物を始めなければ!!と心配になる方も多いと思いますが、理系ならばまずは2年生までの英語・数学を復習して完璧にしておくべきです。ここで英語と数学を完璧にしないと後で必ず失敗します。







国公立大学文系



国公立大学文系



上位国公立大学文系志望8月まで

英語

難関私立大学に合格するためには、この時期に長文対策をしていなくてもセンター模試で140点くらいは取れている必要があります。また、この期間で単語と熟語は完全に受験レベルのものを暗記しておく必要があります。
英文法に関しては参考書のほとんどを理解できている状態にしておく必要があります。

★もっと詳しく!

◯ 現役早稲田生が語る「システム英単語」の使い方!

◯ 難関大を狙う受験生が英語文法を仕上げるなら、【英頻】で大丈夫!

◯ 難関大対策に最適!駿台文庫、桐原と違う??新英頻の目的・解き方を徹底的に伝授します!!

◯ レベル別で紹介!配点が大きい英語長文を制するおすすめの参考書

8月の終わりか9月初めのセンター模試で最低でも140点、合格ラインとして170点取れていること、これが上位国公立大学に合格するための目標点の目安になります。

9月からは志望校ごとに一般試験対策に時間をかける必要が出てきます。早いうちに自分の志望校の過去問の問題を「見て」おきましょう。どういう問題が出るのかを知っておくことで、勉強計画を立てる際に参考になります。


数学

数学IAIIB
4月から引き続きで教科書や参考書を使って基礎を固めます。8月のセンター模試上記の目標点を取れるようなペースで勉強を進めましょう。また、数学IIIと並行して勉強を進める必要があるので、時間配分を徹底していくことが重要です。センター過去問をたくさん解いて、センター特有の誘導問題に慣れた方がいいでしょう。

◯ センター数学と2次私大数学の違いと勉強法



数学III
理系の入試は、何と言っても数学IIIです。極限や微積は頭ではイメージしづらく、とっつきにくいことで悩む受験生がたくさんいます。しかし、根気よく思考し続けることで理解できるようになるので心配せずに取り組みましょう。特に数学IIIは概念理解を徹底しましょう。頭で考えて、理解しないと一向に進むことはできないし、入試問題を解くことはできません。めげずに、地道に戦いましょう。教科書を根本から理解できることを目標に勉強を進めましょう。

◯ 理系の受験生へ- 難問を少しずつ攻略していく手順を教えます


理科

化学:
5月からは英語、数学と並行して本格的に化学の勉強を始めていきましょう。いきなり問題は解けません。まず、知識を定着させることが必要です(インプット)。

◯ 化学は暗記じゃない!理論・無機・有機それぞれの勉強法

独学で化学を勉強していくにあたって、教科書代わりに使ってほしい本は大学受験Doシリーズの「鎌田の理論化学の講義」「福間の無機化学の講義」「鎌田の有機化学の講義」の3冊です。この3冊がしっかり理解できれば(暗記ではない!!)、難関大の化学に十分対応できる力はつくはずです。

問題演習をしながらの方が頭に残って定着しやすいという人は、上の3冊と並行して「化学の新標準演習」を進めてください。意識してほしいのは、解けることではなくて解説を読んで理解を深めること!8月末までに一通りインプットは終わらせましょう。Doシリーズの3冊が難しいと感じる人は「岡野の化学が初歩からしっかり身につく」シリーズや「橋爪のゼロから劇的!にわかる」シリーズを使ってみてください。

◯ 有機化学は暗記じゃないよ!安定した得点源にするための勉強法

物理:
物理は独学が難しいので、学校で授業を受けている人は授業で習ったところを自分で固めていくという方針がいいでしょう。お勧めの参考書は「物理のエッセンス」ですが、学校で授業をとっていないなどゼロから始める人は、より簡単な入門書から始めてイメージをつかみましょう。

◯ 物理をイメージしよう!

進度の目安としては、夏休みが終わるまでにすべての分野に通ずる力学を完璧にし、熱・波動・電磁気の序盤の基礎を固められればいいと思います。物理の勉強法はこの記事を参考にしてください!

◯ 現役東大生が解説!物理の必勝勉強法とおすすめ参考書と問題集

生物:
いよいよ受験の天王山の夏休み直前ですね!生物は6月くらいから始めていきましょう。生物は概念や大枠をつかんでいくことが重要になりますので、まずは教科書か決定版 センター試験 生物Ⅰが面白いほどとれる本 (センター試験の点数が面白いほどとれる本)を使って一通り目を通してみましょう!まずは、生物にはどのような分野があり、どのようなことを勉強していくのかを知るだけで先の勉強がだいぶしやすくなります。8月終わりまでに、最低限、授業でやった分野の基礎は完成させておきましょう!

◯ 受験生物攻略ー夏の陣ー

基礎の完成のオススメ問題集はこちらです!センター試験までなら十分対応できます!

◯ センター生物で9割を目指すための問題集






上位国公立大学文系志望8月まで



国公立大学文系



上位国公立大学文系文系志望 12月まで


英語

センターレベルが終わったら次は難関レベルです!難しい長文をたくさん読むことで難しい単語を推測する力を養いましょう。センターレベルより難しい問題集で長文を対策する必要があります。また、和訳や英訳、英作文の対策もこの時期に始める必要があります。

◯ 英語の長文がおもしろいほどよくわかる!!4つのテクニックを使いこなせ!!

難しい長文の対策としては自分の志望校よりも下のレベルの大学の過去問は良い練習問題になります。10月末をメドに、難しい長文対策や、和訳英訳などの練習をしましょう。11月からはいよいよ過去問演習を始める必要があります。第一志望の過去問に取り掛かり、出題傾向や難易度に慣れてください。重要なのは、過去問を解くだけではなく、過去問を解いた後に採点をして足りないところを分析し、足りないところの対策をしっかりすることです。


〜全科目に共通する過去問の扱い方をまとめています。参考にしてください〜

◯【注目】早稲田生に聞いてみた! 青本と赤本どっちがいいの?

◯ 大学の過去問の「解き方」、知っていますか?

◯ 志望校合格を掴むために必要な過去問演習とは?

◯ 受験生時代の勉強手帳大公開!秋以降の過去問演習の計画の立て方

◯ センター試験まで●●日!センター試験対策と二次対策の正しい切り替え時期とは?


数学

数学IAIIB:
夏休みにセンターレベルを終わらせて、次は難関レベルに入ります。11月頃から第一志望の過去問を解き始めることができるように、問題演習を進めましょう。第一志望の過去問を解いて、学部の出題傾向を分析しつつ、自分の苦手分野を発見して参考書に戻って復習をしながら合格できる実力をつけます。

数学III:
基礎は9月中には終えられるくらいのペースで進めましょう。基礎が終わったら応用問題レベルの対策を始めます。数学1対1対応や青チャートを、レベルを調整しながら進めることがおすすめです。11月からは数ⅠAⅡBと同様の方法で過去問演習を進め、入試問題に対応できる力をつけます。


理科

化学:
ここからはアウトプット(演習)型に移っていきましょう。これまでは知識を入れ、理解を深めることが中心でしたが、これからはその知識を自分で使えるようにする訓練です。11月末ごろまで使う問題集はこれまでの新標準演習や重要問題集などでかまいません。
ここでも注意すべきは暗記した!というより理解して解けたという感覚をもつことです。ある程度解けるようになったら、志望順位の低い大学から過去問を解いてみましょう。12月になったら第一志望校の過去問を1,2年分やってみて今の自分の実力を再確認して、足りない部分を補っていきましょう。有機化学の構造決定については数多く解いて慣れるというのも大事になってきます。

物理:
引き続き新しい分野を習うたびにそこを固めていきましょう。それと同時並行で、夏休みまでに基礎を固めた熱や波動分野をより完璧にしていってください。12月中旬までにすべての分野を完璧にしたいですね。使う問題集は、東大東工大など難関国公立大学をめざすならば「名問の森」や「重要問題集」、上位国公立大学を目指すならば「良問の風」など自分に合った問題集を選びましょう!過去問は、年内は第一志望の大学の過去問を1,2回解くだけでかまいません。

生物:
いよいよ受験も近付いてきていますね!まずはセンターの過去問を数年分解いてみましょう!出題のされ方、時間はどのくらいなのかを知っておくことが大切です。

◯ 必見!センター生物はどんな科目?

◯ 生物:今からセンター試験までにやっておくべき3つのこと

こちらを使っていきましょう!国公立を目指すのであれば10月くらいから応用的な問題集も使っていきましょう!

◯ 『国公立と難関私大に合格』するための生物の問題集と参考書






上位国公立大学文系志望8月まで


国公立大学文系



上位国公立大学文系志望8月まで


1月以降はどの科目も過去問演習→復習の繰り返しです。過去問で解けなかった範囲を、これまでに使ってきた参考書やノートに戻り復習し、過去問で志望校の合格点を取れるように対策をしていきます。

基本的に、私立大学が第一志望の場合にはセンター試験の対策はしないことをおすすめします。センター利用入試で私立大学を受験することができますが、センター利用入試は一般試験で合格するよりも高い学力が必要です。

ただ、第二志望以降の大学をセンター利用で早めに合格できれば、第一志望の対策に時間をかけられるというメリットがあります。


センター試験対策の時間を私立対策に回したほうが、結果的に合格できる大学は増えると考えていいでしょう。

★もっと詳しく!

◯ 【高3生必見】ほんとに知ってる?センター試験受験のあれこれ!

◯ 【注:直前に読んでください!!】受験前日にすること6選

◯ ちょっと待って、、、入試本番準備、これ見落としてない??