夏休み後から自己嫌悪でずっと勉強に集中できない

ハヤト  さん
 公開日 2016/11/10    1294 views    1 advices
夏休みが終わって以降、ずっと自己嫌悪で勉強に集中できなくなってしまいました。 私は、私立の高校に通う受験生です。早稲田大学の教育学部を目指しています。 夏休みは受験の天王山ということで、毎日平均12時勉強してきました。自分でいうのもあれですが、これ以上ないぐらい勉強したと思います。自分なりにやりきったのではないかという達成感を持ちながら、秋の模試を受けました。 だけど、結果はボロボロでした。点数は夏休み前とほとんど変わりませんでした。むしろ、英語のリスニングは下がっていました。 自分の過ごしてきた夏休みは無駄だったのかと、つらくて涙が出てきます。 夏休みが明けてらずっと学校に行きたくありませんが行くかないので通っています。みんな模試の話をしてきて、私の仲の良い友達は、模試が良かったらしく遠まわしに自慢してきます。そんな友達にイライラしています。 自分の勉強法に自信が持てなくなりました。 もう勉強なんてやめてしまいたいです。結果が出ないなら意味無いじゃないですか。自己嫌悪で勉強に集中ができないです。 どうしたらいいですか?
   
1人の 知りたい!

回答一覧 ( 1 )
イクスタ編集部 さん

<p>こんにちは。イクスタに関わっている大学生です。<br />
正直言って、勉強はすぐに結果が出るものではありません。勉強した結果がすぐに出るのは天才だけです。この時期はみんな苦しむものです。<br />
僕も夏休み後のセンター模試ではひどい点数で悔しかった経験があるので、非常によく気持ちがわかります。</p>

<p>でも、そこで悩んでいてもしょうがないです。模試の成績がいいから大学に合格できるものでもありません。2月の入試で実力を出せた人が合格を勝ち取ります。</p>

<p>夏休み一日12時間勉強した努力は決して無駄にはなりません。ここで勉強をやめてしまったら夏休みの勉強はすべて無駄になります。努力を生かすも殺すも自分次第です。</p>

<p>もう一度早稲田に行きたい気持ちを確認して、勉強に励みましょう!</p>

2016/11/10/21:45
  0人の 役に立った