文理選択、考えていますか?大学生になる前に悩んでおきたいこと

こんにちは。お勉強、はかどっていますか?熱心なみなさんも、ちょっと窮屈を感じているみなさんも、今は少しブレイクタイム。大学受験をむかえる前に真剣に悩んでほしい「文理選択」について一緒に考えてみましょう。
 

例えばあなたが幼稚園や保育園に通っていた頃――

「○○屋さんごっこ」なんてみんなで大人のまねっこをしたことはありませんか?もしくはあなたは小学生や中学生の頃、事あるごとに「将来の夢は何ですか」なんて、飽きるほど聞かれた覚えがありませんか?知らず知らずのうちに私たちは「将来を考えましょう」と、まだ何もわからない頃から未来を考える機会を与えられているのです。

では、今あなたはご自分の将来にどんなビジョンを持っていますか?
幼いころからの夢に一直線という方もいれば、まだ悩み中の方もいるでしょう。漠然と決まっている方もいれば、そもそも行き当たりばったりじゃダメなの?と感じている方もいるかもしれませんね。けれども、そんな広い未来を目前に、今あなたは「まず、大学に行く」という目標に向かい、その過程の中でこの記事を読んでくれているのかもしれません。
 

そんなあなたにぜひ一度――

「今、あなたは将来何になりたいですか?」
飽きるほど聞かれた、答えさせられたフレーズを受験前の今、再び考えてみましょう。
みなさんが高校生のうちに一番初めに悩むもの、そして将来に直結してしまうものが「文理選択」。高校1年生で文理選択をするならば、2年生からはもちろんその選択した分野に沿っての勉強が始まります。そのベースをもとに3年生では大学受験。文系学部を受験するか、理系学部を受験するかも決まってくるわけですね。
この時、1年生での選択を誤ると変更が難しくなります。もちろん学校によって差はありますが、限られた期間の中でブランクを埋めるのはかなり体力のいる作業。だからといって無理に我慢するのもストレス。そんな状態での受験は不安がつのります。
 

だからこそ、間に合う時期に真剣に――

行き当たりばったりでなく、「将来の自分」を見つめたうえで選択しましょう。興味があることでもいいですし、得意なことでもかまいません。100%これだ!というものでなくてもいいのです。自分自身の力で頑張っていくぞと考えているあなただからこそ、あなた自身がどのように歩んでいってほしいかを、少し時間をかけて考えてみてください。後悔しないように、何より自信をもって前を向いていけるように。
 

最後に ――

苦手を得意に変えることは可能です。嫌いを好きに変えることも可能。けれどもその反対はなかなか難しかったりして。ですから何より「あなたが好きなこと」を大切にしてあげるとリラックスしながら向き合えるかもしれませんね。
「満足のいく選択できた!」もしくは「満足のいく道に進めた!」そんなあなたの声を楽しみにしています。
 
 
37人の 役に立った


選択科目