センター現代社会はインプットとアウトプットのバランスが大切

現代社会はセンター試験のみでの出題になります。現代社会というとざっくりとした感じの教科ですが、簡単にまとめると政治経済を薄く、やや広くしたものです。広くとはやや倫理を含むという意味です。どの分野に特化しているわけではなく、暗記中心で知識もそれほどいらないのでかなりやりやすい教科といえます。

ではどのような勉強がいいのでしょうか。

おすすめの勉強法は、参考書を覚えつつ、問題集でアウトプットする勉強法です。

当たり前の勉強法に思えますが、現代社会は暗記するだけではできるようになりません。

攻略の鍵は、問題をよく読み正確な情報整理をするということです。つまりはインプットで情報を詰め込みつつ、アウトプットを多くこなすことで情報を整理し問題文の間違えを正しく見抜くことだと思ってください。

●おすすめの参考書

ここでおすすめの参考書を紹介しましょう。

センター試験現代社会集中講義 です。この参考書は、うまくまとまっているなという参考書ですね。自分も使っていましたが、基本的にはこの参考書1冊を完璧にしていれば、センターで8~9割は取れます。

取り組み方はよく参考書を熟読し、音読し、暗記したら問題集でアウトプットをし、また参考書を読む、という流れがおすすめです。問題集は、1問1答などのただ用語を暗記するものはおすすめできません。問題集を選ぶ際は、問題が文章になっていてその中で正誤を問うようなものがいいです。実際のセンターもそうですが、用語を暗記しているだけでは点数はとれないので、しっかり文を読み、答える形式に慣れておきましょう。

また時事問題はよく見ておきましょう。ニュースは日頃からよく目を通し、あわよくばNewsweeksなどの雑誌も読んでおくといいと思います。現代社会はあくまで時間をかけすぎず、夏休みや週末など時間があるときにまとめて勉強することをおすすめします。

現代社会の参考書・問題集の特集は下の記事をチェック!!

49人の 役に立った


現代社会