併願校はどのレベルをどれくらい出願すべき?受験経験者が語る併願校の出願方法4選

こんにちは!イクスタ編集部です!

受験生にとって入試時の併願校はいくつくらい受ければいいのか、あまり想像できないことだと思います。

大学受験を経験していないと、併願校は多ければいいのか少ない方がいいのか、わかりませんよね。単純に考えれば多く受けた方が1つでも合格する確率は高くなりますが、入試当日は入試会場への往復など疲れてしまいます。そのため試験たくさんを受けすぎると先の入試日程で疲れてしまい、肝心の日に実力が出せないことがあります。

また私立大学の個別試験では1校あたり3万5000円の受験料がかかります。

併願の問題はお金と時間のかかる問題で、またどの大学に合格できるかにも影響しうる意外と重要なところなのです。ただ、大学受験を経験したことがないとこの複雑さはわかりにくいかもしれません。

そこでイクスタの大学受験経験者と大手予備校スタッフが併願の決め方をお教えします!

 


👉 第一志望から滑り止めまで、大学受験は何校出願して何校受験するもの?


ここしか行きたくない!」という大学・学部がある場合、その大学・学部しか受けなければ良いと思いがちですが、実はそんなことはありません。その大学・学部の入試日に自分の最大の力を発揮するためには本番への練習として、いくつかの学部を受験しておくことをおすすめします。

試験当日は自分がいつも勉強していた環境とは違う状況で試験を受ける必要があります。空調・問題用紙のサイズなどなど、どのような状況が待ち受けている可能性があるのか、あべべさんがまとめています。

 


👉 第一志望の大学しか受験しなくて本当に大丈夫?~私大受験のすゝめ~


受験生の中には「絶対に行きたい」目標の大学を持っていて、その大学以外には進学するつもりがない人もいるかもしれませんね。「ここしか行くつもりがない!」と思えるほどの大学を持っていることは素晴らしいことです。

ただ、それだけ想いの強い大学ほど、入試本番では緊張します。緊張した結果、自分本来の実力を発揮できないような事態は避けたいですよね。そこで、第一志望の前に実際の大学入試の雰囲気を知っておくことで、第一志望の入試で少しは緊張を和らげることができます。

東大工学部のフッシーさんが併願の受け方について説明しています。


👉 『「早稲田だけ」「明治だけ」は危険。』受験校の完璧な考え方はこれだ


文系の場合、国立志望でも私立志望でも多くの受験生はいくつかの大学を受験します。自分の実力や将来のことを考えながら併願を決めて行きますが、どのような大学をどれくらい受ければいいのでしょうか。

今回は自分の学力レベルとと比べてどれくらいのレベルの大学をどれくらい受ければ良いか、エースさんが自身の実際の受験校を元に正しい併願の方法をご紹介します。


👉 早稲田志望者必見!センター試験、利用入試の併願校の選び方


私立大学にはセンター試験利用入試というシステムが存在します。私立大学の一般入試を受験することなく、1月に受けるセンター試験の結果を申告することで合格をすることができるシステムです。

私立大学を受ける人にとっては合格のチャンスが増えることになります。ただ、それほどセンター利用入試の合格は簡単な訳ではなく、むしろ一般入試で合格するよりも難しいと言われています

センター利用入試は抑えの大学を対象に出願するのが賢い利用法になるんです!

この記事ではセンター利用で明治大学や青山学院大学に合格し一般入試では早稲田大学に合格したたまさんが、合格した際の点数やセンター利用入試の出願のコツを解説しています。

もし合格できたら2月の試験スケジュールが楽になるセンター利用入試、ぜひそのノウハウを身につけて第一志望に近づきましょう!

67人の 役に立った


テクニック

勉強がつらい受験生のために科学を効果的に使ったメンタル回復法を紹介する
勉強がつらい受験生のために科学を効果的に使ったメンタル回復法を紹介する
はじめての人もいるかもしれない。筑波大学のそえじーだ。 受験勉強はモチベーションの維持がとても...
はじめての人もいるかもしれない。筑波大学のそえじーだ。 受験勉強はモチベーションの維持がとても大変だ。受験勉強は長く苦しく、どんなに高い目的意識を持っていてもモチベーションは下がるものだ。しかし、やる気やモチベーションはちょっとした工夫で回復させることができる。モチベーションが下がった時に、どうやって回...
 そえじー     9036 View      64 役に立った 
     記事更新日 2019.9.2
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     98550 View      239 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
インプットと演習のバランスはどうすれば?不安な受験生へのアドバイス
インプットと演習のバランスはどうすれば?不安な受験生へのアドバイス
そもそも「インプット」「アウトプット」って? まず、「インプットと演習」のイメージについてですが...
そもそも「インプット」「アウトプット」って? まず、「インプットと演習」のイメージについてですが、これはインプットで知識を頭にいれて、演習でその知識を使用してみると行った具合です。すなわち、インプットは暗記で演習は応用です。このバランスについては、科目毎に異なる部分もあると思いますが、大まかには以下のよう...
 岡田ひろ     4900 View      34 役に立った 
     記事更新日 2019.3.10

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     98665 View      239 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生の私、しゅーへいが徹底解説します!...
 しゅーへい     122913 View      304 役に立った 
     記事更新日 2019.9.10
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせな...
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にして...
 イクスタ編集部     242034 View      147 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回紹介する勉強法で日本史センター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっとおけ...
 エース     32994 View      73 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     51124 View      112 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30