早稲田の政治経済をたった一冊の参考書で仕留めた勉強法を紹介します

こんにちは、Uさくです。早稲田の友人であるたまさんにお伝えする形で政治経済の勉強法をご紹介します。私は今回ご紹介する政治経済の勉強法で早稲田の一般試験の政治経済で合格点を取ることができました。政治経済の勉強法で困っている方はぜひ参考にしていただければと思います。

また、早稲田以外でも一般試験で政治経済を使う受験生にとってはそのまま活かせる勉強法です。

早稲田の政治経済で合格点を取るために意識すべき3つの柱

私の「政治・経済」の勉強の柱は①「基礎知識の習得」②「出題形式・傾向の把握」③「時事問題対策」の3つでした。塾に通わず独学の私が良かったと特に感じた参考書について①から順に説明していきたいと思います。

①「基礎知識の習得」

書店に行けばたくさんの参考書がありますが、①「基礎知識の習得」のために私がやり込んだのは『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』一冊だけでした。

必要なことが簡潔に書いてあり、計算問題にも対応していたので基本はこれ一冊で十分カバーできました。具体的な使い方としては一通り目を通して分野や内容を確認したあと『畠山のスパッととける政治・経済爽快問題集』で問題を解きました。

政治経済の参考書

> 畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義(Amazon)

これで自分が解けない問題が多かった分野は再度『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』を見ながらノートづくりをして暗記しました。この一冊が私の「政治・経済」の勉強の核となりました。

参考書を使った勉強は基本的にはこれだけです。早稲田大学の一般試験対策と考えるとシンプルすぎるような気もするかもしれませんが、徹底的にやりこむことができれば、この参考書の進め方で対応することが可能です。

政治経済の参考書

> 畠山のスパッととける政治・経済爽快問題集(Amazon)

②「出題形式・傾向の把握」

次に②「出題形式・傾向の把握」は何のひねりもないですが、やはり赤本です。赤本で過去の出題を確認することでテーマが変わってもこんな風に出題されるのではないかなと意識しながら勉強をすることができます。

赤本や過去問の進め方に関してはイクスタでも他の記事でご紹介されているようですが、まずは解いて、間違えた箇所を徹底的に復習します。間違えたキーワードや分野を前述の参考書で再度チェックして、忘れないように繰り返しました。

また、政治経済が出題される他の学部の問題を解くことも重要です。自分が第一志望の学部を10年分解いてしっかり復習するのは当然として、他の学部の過去問も最低5年分くらいは深掘りしてどの分野が頻出かを明確にして苦手を潰すことは他の科目と同様に非常に重要だと思います。

③「時事問題対策」

最後に③「時事問題対策」です。高校時代部活に明け暮れ新聞やニュースに疎かった私は『現代用語の基礎知識』を使って近年の動向や重要用語をまとめて覚えました。

政治経済はその内容から必然的に時事問題やニュース系との相性が良いです。日本史などの歴史や数学など理論に関する学問はあまり時事問題と相性がいいわけではないので時事問題は出題されにくいですが、政治経済は毎年何かしらの出来事が起こるので、時事問題は要チェックです。

ただ、だからと言って全ての時事問題を抜けなくチェックする必要はありません。時事問題そのものが出題されるというよりは、その時事問題に関連した分野から、その時事問題と関係する文脈で出題されることが多いです。

そのため、政治経済の実力があれば時事問題は気にする必要はありませんが、実力に不安がある場合に、時事問題として出題されそうな分野を対策することで、一般試験での得点期待値を上げることができます。

政治経済の参考書

> 現代用語の基礎知識学習版2019-2020(Amazon)

用語も沢山載っていてどれを覚えればいいのか迷うかもしれませんが先ほど紹介した『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』の時事コーナーに挙げられているトピックを優先的に確認していくと分かりやすく効率的だと思います。
早稲田の「政治・経済」は難解に感じる問題もありますが大抵それは多くの人が分からないので点差がつきにくいです。受験勉強も本番もまず誰もが分かる問題を確実に得点することが大切だと思います。

勉強法を確立して早稲田の合格点を取ろう!

ここまで、早稲田の一般試験で合格点を取るための政治経済の勉強法をご紹介してきました。私大の政治経済は日本史と世界史に比べてノウハウが少ないので、ぜひ私のアドバイスがみなさんのお力になれれば嬉しいです。

センターレベルの政治経済の勉強法は以下の記事からどうぞ。

> 【政治経済】センター政経で97点を取れた勉強法。参考書から時事問題のテクニック徹底解説!

52人の 役に立った


政治経済