【センター試験】センター地理攻略法!!この3冊の参考書で8割越えを目指す!!

みなさんこんにちは。今回はセンター試験で地理を使うけど…まだ全然勉強していないという人でも、センター試験本番で8割を取れる参考書を紹介しちゃいます!!具体的な勉強法に関しては、「現役医学部もやっていた!センター地理を1か月で20点伸ばすコツ!!」のところで紹介しているので参考にしてみてください!!

おすすめ参考書とその活用法

村瀬の地理Bをはじめからていねいに 地誌編 (東進ブックス)

村瀬の地理Bをはじめからていねいに 系統地理編 (東進ブックス センター試験)

【概要】 東進ハイスクールきっての有名講師村瀬さんが、センター試験で地理を使う人に向けて作った参考書です。教科書レベルの内容がわかりやすくまとまっています。

【活用法】 この本を有効に活用するためには、以下で紹介する問題集と一緒に活用してください。「教科書を読むのはめんどくさい」、「地理の内容に全然ふれてない」という人はまず一日で一周読みましょう。大体の内容を理解している人は、まず問題集をやりつつ、理解が不十分なところを確認していくという意味合いで使ってください。もちろんこれだけでは足りないので、教科書なども補足程度に使っておくといいでしょう。

センター試験過去問研究 地理B 2016年版(教学社)

【概要】 いわゆるセンター試験の過去問というやつですね。オーソドックで一番使いやすいのがこのシリーズだと思います。25年分の過去問が収録されていて、これを一通りやるだけでもかなり力がつくと思います。もちろんただ解くだけでは意味ないですよ。(笑)

【活用法】 とにかく解いて解いて解きまくることが大事です!社会科目はよほどのことがない限り事実が変わることはないので、作問側も作れる問題に限りがあります。つまり類似問題が出やすい!なのでまずは過去問を解くこと、そしてわからなかった箇所を参考書や解答解説をみて完璧に理解してしまうことが重要です。直しノートみたいなものをつくったり、地理は読図問題が多いので、地図などを切り抜いてみやすくまとめておくといいと思います。一度解いた問題はしっかりインプットして、類似問題にも対応できるようにしておくと、最小限の時間で最大の効率を出すことができます。

まとめ

地理をセンター科目だけで使う人は多いのではないでしょうか。こうした科目は時間をかけることなくある程度得点を取りたい意識が強いため、やみくもにインプットのみの学習に陥りがちです。しかしインプットだけしていても試験問題が解けるようになるわけではありません。大事なのはアウトプットをインプットに変えるということです。

地理は、一般的な知識と例外的な知識を分けて考えることが大切になります。例えば「海溝や山脈付近には火山が多い」という一般的な概念、「ハワイ島には海溝も山脈もないけれど、フォッサマグナがあって火山活動が起こる」というような地域特異性があるというな例外的な知識を合わせて覚えるとよいです。

センター地理の攻略のカギは暗記をできるだけせずに視覚的に覚え、アウトプットで定着させることです。また白地図を用いて、それぞれ気候や人口などを視覚的に覚えることも有効です。山脈や河川は白地図に実際に書いてみましょう。みなさんも試してみてください。二次試験で使わない限りは最低限の知識をいれておけばある程度得点できます。



*この記事は参考書特集の記事です*

参考書特集ではイクスタで厳選した英国数理社のおすすめ参考書を紹介しています!

参考書特集の詳細はこちら >



*この記事はセンター社会特集の記事です*

センター社会特集ではセンターの社会科目(世界史、日本史、地理、倫理政経、現社)を対策する上で読んでおきたい記事をいくつか紹介しています。

センター社会特集の詳細はこちら >

53人の 役に立った


地理

センター地理を独学で勉強する受験生へ!地理Bの点数が面白いほどとれる本の特...
センター地理を独学で勉強する受験生へ!地理Bの点数が面白いほどとれる本の特徴や使い方
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は地理Bの点数が面白いほどとれる本の特徴や難易度、使い方まで詳...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は地理Bの点数が面白いほどとれる本の特徴や難易度、使い方まで詳細にご紹介します。 ※実際に大学受験で地理Bの点数が面白いほどとれる本を使った人にインタービューをした情報をお届けします。 センター地理の対策をしなければならない受験生はこちらの記事もご参考に! ...
 イクスタ編集部     43409 View      147 役に立った 
     記事更新日 2019.7.25
東大A判定だった僕が教える東大地理を対策する上で知っておきたい勉強法や参考書
東大A判定だった僕が教える東大地理を対策する上で知っておきたい勉強法や参考書
こんにちは。一橋大学3年生の宮本です。 今回は東京大学の地理について書かせていただきます!私は東京大...
こんにちは。一橋大学3年生の宮本です。 今回は東京大学の地理について書かせていただきます!私は東京大学を「世界史」「地理」で受験しました。 入試問題の地理が好きで、楽しくかつ早く解くように心がけていました! ◇目次◇ 1. 東京大学の入試情報 2. 東大地理の傾...
 イクスタ編集部     46537 View      93 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
現役国立医学部生直伝!センター地理を1か月で20点伸ばす勉強法と参考書!
現役国立医学部生直伝!センター地理を1か月で20点伸ばす勉強法と参考書!
みなさんこんにちは。 みなさんは、こんなことを考えた事ありませんか?「センター地理ってどうやって...
みなさんこんにちは。 みなさんは、こんなことを考えた事ありませんか?「センター地理ってどうやって勉強すればいい点数が取れるのだろう?時間がないから効率良く勉強したいな。」 そんな悩みを解決すべく今日はなんと!地方の国立医学部に通う現役医学部生からお話を伺ってきました!彼が教えてくれたのはみなさんお悩...
 エース     123478 View      75 役に立った 
     記事更新日 2018.9.28

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     93056 View      228 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田国際教養ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田国際教養ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生が徹底解説します!   ...
 しゅーへい     92101 View      296 役に立った 
     記事更新日 2019.7.11
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、...
こんにちは。一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にしてくださいね! ...
 イクスタ編集部     185062 View      142 役に立った 
     記事更新日 2019.7.25
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回今回紹介する勉強法で成績をセンター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっと...
 エース     26882 View      70 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     44968 View      108 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30