数学の解法を身に付けるためにはとにかく反復!計算力をつけるための「合格る計算 数学Ⅲ」

こんにちは。一橋大学の笠原です。

イクスタ編集部

今回は「合格る計算 数学Ⅲ」という参考書について、「合格る計算 数学Ⅲ」の特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。
※実際に「合格る計算 数学Ⅲ」を使った人にインタービューをして、情報をまとめました。

「合格る計算 数学Ⅲ」の基本情報

合格る計算 数学III

・出版社 
文英堂
・値段
1,080円
・難易度
★★☆☆☆

合格る計算とは

受験生の中には計算力を軽視している人もいるかもしれません。
しかし、実際の試験では本来の力を発揮できずに時間切れ、ということもままあります。
そのため常日頃から計算力を鍛え、時間を短縮出来るようにしたいところ。

合格る計算はその計算力を鍛えられる参考書で、計算に苦手意識を持っている人から
難関大学を目指す人まで幅広くおすすめできる内容となっています!

「合格る計算 数学Ⅲ」のレベル

合格る計算は中堅私大~難関大学など二次試験で数Ⅲを使う受験生向けの参考書です。
難易度としては基本的なものが多めですが、中には少し応用的な内容を含むものもあります。

数Ⅲが苦手な人は何回も熟読して、類題を繰り返し解き少しずつ自分のものにしていきましょう。
また、難関大学を目指す人には簡単かもしれませんが、自分が下手な解法をしていないかここで確認しておきたいところですね。

どのレベルの受験生におすすめか

同じことの繰り返しになってしまいますが、計算に苦手意識を持っている人や
難しい問題は解けるんだけど…といった漠然とした不安を抱えてる人におすすめです!
また、数Ⅲを使わない受験生は合格る計算 数学I・A・II・Bを使いましょう。

「合格る計算 数学Ⅲ」の特徴

何よりも特徴的なのは機械的な計算力ではなく本質的な計算力が身につくということです。「このパターンにはこの解き方」といった機械的な計算力では難関大学レベルでは対応しきれないでしょう。しかし合格る計算では基本原理に基づいた正しい計算力を身に着けることができます!

肝心の内容ですが、最初に基本確認、そして例題、最後に類題といった構成になっていて、
例題では下手な解法と正しい解法を載せており、比べることで正しい解法の「破壊力」が目に見えてわかります!

また、類題の数も多く、正しい解法を定着させるのにもってこいです。そして要所要所には「注意」や「補足」、「参考」があって受験生が躓きやすいところを示してくれたり、ちょっとした小ネタがあったりと進めていて飽きないように工夫されています。
重要なことは「ここがツボ!」と大文字で記されており、記憶に定着しやすく、解答編も「補足」や「参考」が多く、とてもわかりやすくなっています。

しかも本体と分離が可能なので答えの見直しがしやすい作りとなっているのも嬉しいですね。更には巻末に積分練習カードが付属されていて電車内などの隙間時間でも活用でき、まさに隙の無い出来となっています!

参考書の使い方や勉強法

とにかく最後まで!

とにかく合格る計算を最後までやりきることです。これは他の参考書にも言えることですが、最後までやりきることによってモチベーションがかなりアップします!

受験生の皆さんも参考書や問題集の残りページを見て憂鬱な気分になった経験もあるかと思います。なので1周目は軽く触れる程度でいいのでサクッと最後まで駆け抜けてしまいましょう!

すると、「もう1周したんだ!」と心に余裕が出てくるはずです。その勢いのまま2周目に入りましょう。

注意して欲しいのは1周目と2周目の間隔を開けないことです。間隔が開きすぎてしまうと人間ですからすぐに忘れてしまいます。

ノートは取る?取らない?

基本的にノートを取る必要はありません。何故なら数学においてノートはあくまで問題を解くスペースだからです。

大事なことはすべて合格る計算に書いてあります。それを移すのは時間の無駄です。ひたすら問題を解きましょう!
問題を解き終えたノートも保管する必要はありません。解き終えたノートはもはや「他人」の書いたものに等しいです。
ノートをみて満足するのではなく、たくさん問題を繰り返し解いて体に染み込ませましょう!

他の参考書は気にしない!

例えば友達だったり、ネットで流行ったりしている参考書があると思いますが
今使っているものを終えるまでは手を出さないようにしましょう。

複数の参考書に手を出すとどれもが中途半端で終わってしまうかもしれません。
「継続は力なり」です。今使っているものを信じて使い続けましょう。必ず皆さんの力になるはずです!


合格る計算は何周したらいい?

合格る計算に限った話ではありませんが、最低でも3周は欲しいところです。計算力は数学でいう土台にあたる部分なのでいくら補強しても足りることはありません。
ぜひ、時間を見つけては何度でも取り組み、完全に自分のものにしましょう!

合格る計算を終えたら何をすべき?

合格る計算が終わる頃には皆さんの土台は頑強なものになっているはずです。さっそく色々な問題を解いて、築きあげた土台に新しい知識を乗せていきましょう!
特に青チャートなどの網羅系参考書がおすすめです。また、時間がない人は1対1対応の演習シリーズもおすすめです。

 

 

*この記事は数学参考書特集の記事です*

 

 

数学特集では数学を勉強する上でおすすめしたい参考書をいくつか紹介しています。

数学参考書特集の詳細はこちら >

83人の 役に立った


今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     98674 View      239 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生の私、しゅーへいが徹底解説します!...
 しゅーへい     122982 View      304 役に立った 
     記事更新日 2019.11.18
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせな...
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にして...
 イクスタ編集部     242149 View      147 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回紹介する勉強法で日本史センター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっとおけ...
 エース     33007 View      73 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     51143 View      112 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30