スタディサプリライブってなに?お金はかかる?始めるにはどうすればいいの?

こんにちは。イクスタです。

今回はスタディサプリLiveの秋期・冬期講習について、独自に調査をしてみました。

2018年度の秋期・冬期講習では、志望校対策を61講座合計285回の授業が、高校3年生最後の2019年3月31日まで講座が受け放題というのが一番のポイントです!

Liveということで生放送の授業だけかと思いきや、受け放題パックに加入すると録画での配信も見放題ということで、見逃してしまった人や自分の好きなときに受けたい時間に受けられることは大きなメリットかと思います。(受け放題パックのみの特典)

スタディサプリLive、気になる料金の方は!?

まず気になる料金ですが、このスタディサプリLiveはスタディサプリの有料会員でも、別途受講料が必要になります。別途お金がかかるのかという感じもしますが、Live授業ということでそこは致し方ないですね。通常のスタディサプリは月額980円(税抜)ですが、この講習講座は多少割高になっています。

気になる料金は、

・1講座のみ:9800円(税抜)

・LIVE秋期講習・受け放題セット:39,800円(税抜)

・LIVE秋・冬期講習・受け放題セット:79,600円(税抜)

ただ料金を見てみると、大手予備校の志望校対策講座に比べると割安なことはわかります。大体大手予備校の志望校対策講座は相場15〜30万円しますから、単純に比較すると安いと思います。ただ大手予備校の志望校対策講座には添削付きの授業があったり、志望校対策別に受ける授業のカリキュラムを組んでくれるので、より精度高く無駄なく受けられるというメリットはあります。

一概にどちらがいいかとは言えませんが、志望校対策においては記述式の問題の添削をしてもらったり、ムダのない授業を受けることが重要ではあるので、スタディサプリLIVEは吟味して使う必要はあると思います。

スタディサプリLIVEは普通のスタディサプリと何が違うの?

多くの受験生が疑問に感じるポイントは、普段のスタディサプリの授業と何が違うのということだと思います。もちろん志望校対策講座ですから、より実践レベルの問題を扱うということは違いの一つかと思います。ただそれだけで普段の授業の数十倍以上の料金がするにはなんだか違和感もあるかと思います。

一番の特徴は、LIVEならではの緊張感のある授業を受けられることにあると思います。映像授業の良さは、スマホかパソコンがあれば見れるということですが、裏を返せばテキトーに見ても誰も監視してくれずいつでも見れるという緊張感のなさは欠点でもあります。決められた時間に決められたものを受けることは、集中力向上・インプットの質向上につながるというのは利点です。

ただもう一つの目玉である生質問に答えてくれるという機能は、ここまでのところほとんどの質問がスルーされてしまうという声が多く、そこに大きな期待を持つことは禁物といったところでしょうか。今後改善が進み、多くの質問にリアルタイムで答えてくれる機能が充実すれば受験生にとっては、疑問をすぐに解消できるツールとしても有効でしょう。

スタディサプリLIVEを受けることができる期間は?

以下に記載の通り、しっかりと受験終了の2019年3月末まで受けられるというのは受験生にとっては嬉しいですね。受け放題セットだと見逃した授業はもちろん、もう一度復習したいときにも利用できます。とくに受験直前期〜受験期にかけてはピンポイントの復習が効果的になってきますので、こちらのサービスは一つのメリットになると思います。


【LIVE秋期講習】

2018年9月15日(土) ~ 2019年3月31日(日) 23:59

【LIVE冬期講習】

2018年12月1日(土) ~ 2019年3月31日(日) 23:59


肝心の授業の質はどうなの?

これは一概に言えませんが、スタディサプリの講師は受験業界では有名な方ばかりですので、一定の質は担保されていると思います。ただ映像授業は合う合わないという個人差があるコンテンツであり、これだけを受けていれば合格するというケースはほとんどありません。(これは予備校の授業も同じです)

またこれは受験業界に長くかかわっていた人間としてですが、志望校対策講座はあくまでも概念を理解するということに過ぎません。もちろんこの概念理解こそが受験の土台であり、そこがないと再現性のある結果を出すことはできませんので重要です。

なのでスタディサプリライブ自体も、概念が理解できていないものに関しては授業を受講し、それ以外は過去問対策や問題集で実力を伸ばしていくサイクルを作れるといいでしょう。


ある程度クオリティは高いが、それを活かせるかどうかは自分次第

これはスタディサプリLiveに限ったことではないですが、それだけやっておけばいいというものは一つもありません。あくまでもこうした授業は概念をいち早く理解して、その後の演習の質を高めるツールでしかありません。

スタディサプリLive自体の質は一定以上いいものだと思いますし、金額的にも費用対効果が決して低いとは思いません。自分のレベルに合わせて必要なものだけ受講をすること、また受講したものに関しては徹底的に復習をして、必ず定着させることで志望校合格を果たしましょう。




34人の 役に立った


入試対策・勉強方法・テクニック

予備校で効率が下がることも?予備校に通うべき人通うべきでない人
予備校で効率が下がることも?予備校に通うべき人通うべきでない人
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回は大学受験での予備校について、メリットやデメリットを示しながら...
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回は大学受験での予備校について、メリットやデメリットを示しながら、受験生が通うべきかどうかの判断基準をご紹介していきます。 結論から言うと、大学受験の予備校はやはり受験生にとっては得るものがあることが多いです。その一方で、当然、年間数十万円の大きな費用がかかるものですし、...
 イクスタ編集部     27 View      0 役に立った 
     記事更新日 2019.11.12
【高2生向け】難関大学志望者向け、受験スタートダッシュ勉強会!【12/22】
【高2生向け】難関大学志望者向け、受験スタートダッシュ勉強会!【12/22】
こんにちは! イクスタ編集部のどいまんです。 入試まであと1年と少しまで迫っている現在の高校...
こんにちは! イクスタ編集部のどいまんです。 入試まであと1年と少しまで迫っている現在の高校2年生向けに、無料の難関大学対策勉強会を実施します。 実際の大学受験まであと1年となり、本格的に勉強を始めたいものの、進学校や予備校に通っておらず難関大学に合格するための具体的なノウハウなどを手に入れる機会が...
 イクスタ編集部     120 View      0 役に立った 
     記事更新日 2019.10.26
[私文]センター試験、受ける意味ある??素朴な疑問を検討してみた
[私文]センター試験、受ける意味ある??素朴な疑問を検討してみた
国立大入試の必須条件、センター試験。あと66日だそうですね。 私立専願の受験生の皆さん、センター、受け...
国立大入試の必須条件、センター試験。あと66日だそうですね。 私立専願の受験生の皆さん、センター、受けますか?? 去年、わたしは早稲田にしか行く気がない受験生でした。 MARCHに行く気は、ありません。一般受験は、早慶上智だけ。 今思えば強気な選択です。でも、どうしてもどうしても早稲田が良かったんです。 ...
 みさみさ     54126 View      81 役に立った 
     記事更新日 2019.9.18

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     98665 View      239 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生の私、しゅーへいが徹底解説します!...
 しゅーへい     122913 View      304 役に立った 
     記事更新日 2019.9.10
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせな...
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にして...
 イクスタ編集部     242034 View      147 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回紹介する勉強法で日本史センター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっとおけ...
 エース     32994 View      73 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     51124 View      112 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30