大学受験で役に立った、5感をフル活用する私の暗記法5選!

今回は、英単語のみに関わらず、大学受験で必要な単語という単語の勉強に応用できる暗記の方法を紹介します。私のおすすめする暗記方法は5種類あります。ぜひ大学受験で役立ててみてください。

暗記には5感を最大限に使う

紙に何回も書いて覚える

単語カードを使ってみる

ぶつぶつ唱えてみる

赤チェックシートを使う

パソコンのソフトを使う

他にもあるかもしれないのですが、パッと思い付いた限りではこんな感じです。この中で、私が一番おすすすめしたいのは二つあります。まず、パソコンのソフトを使用することと、単語カードです。

パソコンのソフトですが、私はNewton Elearningというのを使っていました。(http://www.newton.jp/ws/)これ、もう販売されていないんですね・・。
特に、単語や漢字に関しては、高3の時に本当にお世話になりました。画面に英単語が出てきて、訳をうちこむ作業なのですが、間違えたのは何度もでてくるので覚え忘れがないんですよ。もし、他にもこういう教材があるならおすすめです。
次に良いのが単語カードですね。表に単語を書いて、裏に訳(古文も同様)なのですが、隙間時間にもってこい。私は、朝起きてからと寝る前は必ずやってました。そして、出来たカードはどんどんリングから外して、缶に入れておく。缶の中のカードがたまるのが楽しくて、はまってしまった覚えがあります。

45人の 役に立った
欠席率、途中解約率0%!
イクスタの創業者、土井による論理的・戦略的な受験計画と戦略の作成

本気で合格するためにはどの教材を、いつまでに、どれくらい終わらせる必要があるのかを志望校データや教材のレベル別に全ての教科で洗い出し、明確に予定を立てます。
過去問に入る時期や基礎完成の時期などいつ何をやればいいか、完全にコントロールできるようになる必要があります。

イクスタコーチ

> 論理的で抜け漏れのない受験計画の立て方が分かる イクスタコーチ


暗記法