大学受験で努力が結果に反映される人の3つの共通点

大学受験でうまく人の共通点があります。それは
ポジティブ思考見栄を張らない良い環境に身をおく。

3つの項目に分けて、一つ一つ説明しますね。

ポジティブ思考の持ち主

一つ目の共通点はポジティブ思考なことです。
具体的には、自分が置かれている状況をポジティブに捉えることができること、自分が大学受験で合格しているところをイメージできることです。
結果期待と効果期待という心理学の用語があります。
結果期待とは、自らの行動が結果に影響を及ぼしうるはずだという期待のことで、効果期待とは、そうした行動が自分にとって可能であろうという期待のことです。
例えば、「一日8時間勉強すれば早稲田大学法学部に合格できるはずだ!」という結果期待があります。
しかし、「一日8時間勉強する」ということが自分にとっておそらく実行不可能であると考えてしまうと、効果期待がなくなってしまい意欲的にはなれません。
結果期待が高くても、ネガティブで効果期待が低ければ勉強にも熱が入らないのです。それなりの有名大学に合格するのであれば、たくさん勉強しなければいけなかったり、結果が悪い模試を目にすることがあったりと苦労する機会がたくさんあります。
そうした苦難の時にポジティブ思考で居られれば、効果期待を高めることができて意欲が維持できることでしょう。また、自分が大学受験で合格しているところをイメージできることも重要です。大学受験ではなく、大学生活や大学卒業後のことでも結構です。
これらのことをイメージしていると、勉強する必要性や勉強の意義が再確認できて、勉強への意欲が湧きます。

背伸びしたり見栄を張ったりしない人

二つ目の共通点は、背伸びしない、見栄を張らないことです。
具体的には、自分にあった勉強をすることどこかに受験合格への近道があると騙されないことです。
勉強内容には、中学レベル、高校レベル、センター試験レベル、私大・国立二次レベルなどと難易度の差があります。本当は中学レベルからやり直したほうが良いのに、自分のプライドを守るためか、いきなりセンター試験レベルの問題集を解いてしまう人がいます。しかし、センター試験レベルの問題集の解説を見ても、中学レベルもおぼつかないのであればおそらく理解できないことでしょう。
英語でいうと五文型、時制、助動詞、などの基本がわからないうちはセンター試験の問題には手を出さない方が良いでしょう。センター試験の問題集の解説でも、「このthatは関係代名詞で、先行詞peopleを…」というように、関係詞などの用語は理解していることが前提で書かれています。
それだけでなく、他の悪影響もあります。
例えば、本屋を歩いていると、

「偏差値○○から東大に合格する方法!」とか、
「たった○ヶ月で慶應に入学した最強の勉強術!」など目を引く書籍がありますよね。
しかし、そうした本の内容を鵜呑みにしないよう気を付けてください。たしかに、本の著者は実際に短期間で、もしくは低い学力から有名大学に合格したのかもしれません。本に書かれていることで参考にできることがあるかもしれません。けれども、その方法が万人に当てはまるとは言い難いのです。
私の友人にも、高校三年生の夏休み後から受験勉強を始め、一橋大学に現役合格した人がいます。一日16時間、食事中も便所で用を足しているときも、お風呂入る時以外は勉強したそうです。2月にはもう勉強することがなくなったと言っていましたが、私には、とても並の人間ができることとは思えないのです。
そもそも、そうした一見魅力的な本は、売れることが一番の目的です。本を多く売りさばくために、受験生なら誰もが手に取ってしまうようなタイトルになっているのです。著者や出版社の立場になってみれば至極当たり前のことですよね。大学受験には、地道な勉強以外の近道はありません。しかし、地道な勉強も工夫次第では効率化ができます。

良い環境を自ら求める

三つ目の共通点は、いい環境に身をおいていることです。
具体的には、合格という目標に向かって一緒に勉強する友人がいること大学受験の指導者と積極的に関われることです。
これらについては、あまり説明がいらないような気もしますが、少し説明しますね。
競争には2種類、弱肉強食と切磋琢磨があります。弱肉強食のような交友関係というのはあまりよろしくないですが、共に切磋琢磨し合える友人がいるときには、モチベーションが向上して自分のためにも、友人のためにもなり良いですよね。
また、詳しくは別の記事で説明しますが、友人と問題を出し合って勉強をする方法はとても有効です。実際に声に出して、相手に説明するという行為は、自分の頭の中の整理にもなりますし、何がわかっていなかったのかを自覚することができます。声を出し、問題を出し合うという経験をすることは、記憶の定着にも良いと考えられています。

以上3つの環境が、成功する大学受験生の共通点です。
今日この日から、3つを実践できるようなアクションを起こしてください!



*この記事はモチベーション特集の記事です*

モチベーション特集では勉強のやる気が出ない、勉強に集中できない受験生に向けて書いた記事を紹介しています。

モチベーション特集の詳細はこちら >

70人の 役に立った


独学の不安

受験勉強のやる気とモチベーションが下がったら今再確認してほしい4ステップ
受験勉強のやる気とモチベーションが下がったら今再確認してほしい4ステップ
こんにちは!早稲田大学社会科学部のたまさんです。 「疲れたし、今日は勉強だるいな~今日ぐらいしな...
こんにちは!早稲田大学社会科学部のたまさんです。 「疲れたし、今日は勉強だるいな~今日ぐらいしなくてもいいかな~」 「モチベーションあがらないな・・・とりあえず部屋の掃除してから勉強しよう。」(なお掃除疲れで勉強しない) 「明日から勉強しよ~今日はもう寝る!」 などなどみなさんも、勉強しないこと...
 たまさん     18024 View      61 役に立った 
     記事更新日 2019.9.2
予備校に通わず独学するのが不安な受験生が知っておくべき4つの知識
予備校に通わず独学するのが不安な受験生が知っておくべき4つの知識
こんにちは、もりもりです。現役で東京大学に合格し、3大予備校のひとつでチューターとして働いていました。...
こんにちは、もりもりです。現役で東京大学に合格し、3大予備校のひとつでチューターとして働いていました。 今回は「予備校に通わず、独学でも大学受験に受かるのか?」という疑問に答えていきたいと思います。 結論として、私は「工夫によって予備校に通うメリットを補えれば、独学でも大学受験に合格できる」と考えています。...
 イクスタ編集部     86820 View      179 役に立った 
     記事更新日 2019.7.17
「独り受験」は卒業!自分に素直になれるモチベーションの保ち方
「独り受験」は卒業!自分に素直になれるモチベーションの保ち方
「大学進学希望、俺だけ…?」 「みんな地元で就職先や専門学校を探してるけど、私は大学に行きたい…。」 ...
「大学進学希望、俺だけ…?」 「みんな地元で就職先や専門学校を探してるけど、私は大学に行きたい…。」 でも、「独りだけって辛そうだし、みんなと同じようにしようかな」 「独り」「みんなと違う」という状況に不安を抱き、悩んでいる高校生さんは少なくないかと思います。特に、慣れ親しみ育った場所が「田舎」だと感じてい...
 mizuki     2822 View      32 役に立った 
     記事更新日 2019.7.11

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     98674 View      239 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生の私、しゅーへいが徹底解説します!...
 しゅーへい     122982 View      304 役に立った 
     記事更新日 2019.11.18
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせな...
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にして...
 イクスタ編集部     242149 View      147 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回紹介する勉強法で日本史センター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっとおけ...
 エース     33007 View      73 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     51143 View      112 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30