あべ流『場合の数・確率』徹底攻略 その弐!

□順列・組み合わせ

○はじめに
みなさん、こんにちは!今回の記事は前回に続いて『場合の数・確率』徹底攻略の記事を投稿したいと思います。前回の記事を読んでいない方はこちらから読んでみてください!
これから、実際に場合の数や確率の問題を解いていくことになりますが、問題を解く時にはイメージして計算するという事が大切です。問題を書いてでもいいので自分自身が納得できるまで考えてください!

 

○階乗
では、一番簡単な物として、「n個の異なったものの並べ方」について考えます。抽象的でわかりにくいと思うので後で具体例を用いて説明します。
まず、最初に並べられるものはn個の可能性があります。
次に並べるものは(n-1)個(最初に並べた一つを除いて考えます)、その次に並べるものは(n-2)個…とだんだんと選べるものの個数の可能性が減っていき、最後に1個しか残らなくなることに注目すると、この「n個の異なったものの並べ方」の場合の数は
n×(n-1)×(n-2)×……3×2×1
となる事がわかりますか?数学ではこのかけ算を『n!』と表記しn(n-1)(n-2)……3・2・1を意味するとします。このときの場合の数は『nの階乗(かいじょう)』と呼びます!
具体的に例を出すと6!は6・5・4・3・2・1=720となります。


【具体的な問題①】
1から5までの数字が書かれた5枚のカードが置いてあります。このカードを並べ換えたとき、以下の問いに答えよ。
(1)カードの並べ方の数
(2)偶数が得られるカードの並べ方の数
(3)奇数が出るカードの並べ方


【解答①】
(1)カードの数が5枚でそれぞれ区別する事ができることから、カードの並べ方の総数は
5!=120
となり、120通りである。上で説明した事が理解できれば解けたと思います。

(2) 偶数であるための条件は「一の位が偶数である」という事です。偶数は2と4だけで、その他の桁は自由に選んでよいという事から、カードの並べ方は
2×4!=48
となり、48通りである。(最初に一の位から数えていくと感じです!このイメージを意識してください)

(3)奇数であるための条件は「一の位が奇数である」という事です。奇数は1と3と5だけで、その他の桁は自由に選んでよいと言う事から、カードの並べ方は
3×4!=72
となり、72通りである。

※別解
ここで、5枚のカードを並べ換えて得られる数は偶数か奇数のどちらかであるから(1)-(2)=(3)となることを用いても(3)は解く事ができます。


○最後に
今回は順列・組み合わせを解く上で一番初歩的な「階乗」ついて学びました。これからはより理解しにくい分野に入っていくと思いますが、こつこつ理解して一緒に頑張っていきましょう!

37人の 役に立った


数学A

あべ流『場合の数・確率』徹底攻略 その壱!
あべ流『場合の数・確率』徹底攻略 その壱!
□はじめに みなさん、こんちには!久しぶりの投稿となりましたあべべべべです...
□はじめに みなさん、こんちには!久しぶりの投稿となりましたあべべべべです。今回は長編にはなりますが「わからない人が多いのではないか?」という『場合の数・確率』の分野の記事を書いてみま...
あべべべべ     40 役に立った 
     記事更新日 2019.3.10
【独学生のための参考書!~数学 入門編~】 論理と集合 Part 5
【独学生のための参考書!~数学 入門編~】 論理と集合 Part 5
今回で論理と集合は最終回です。最後まで頑張っていきましょう! ―対偶を利用し...
今回で論理と集合は最終回です。最後まで頑張っていきましょう! ―対偶を利用した証明法―  まずある命題pに対して、その否定をで表します。たとえば「xは奇数である」の否定は、「xは偶...
Hiroshi     52 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
【独学生のための参考書!~数学 入門編~】 論理と集合 Part 1
【独学生のための参考書!~数学 入門編~】 論理と集合 Part 1
こんにちは!突然ですが数学は好きですか?苦手な人も相当多いと思います。そんな人たち...
こんにちは!突然ですが数学は好きですか?苦手な人も相当多いと思います。そんな人たちに向けて、数学について項目ごとに基礎から説明していきます!!!この記事では、数学ⅠAの「論理と集合」について5...
Hiroshi     40 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
【Eureka#05】そろそろ、トランプで遊びませんか?
【Eureka#05】そろそろ、トランプで遊びませんか?
第1週Eureka記事 【Eureka#01】ゆとり被験者、はい集合!この数学の...
第1週Eureka記事 【Eureka#01】ゆとり被験者、はい集合!この数学の問題を君は解けるかな? 【Eureka#02】「ドラえもんで考える」生物とは何か? 【Eureka#03】...
イクスタ理系編集部     49 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
【独学生のための参考書!~数学 入門編~】 論理と集合 Part 3
【独学生のための参考書!~数学 入門編~】 論理と集合 Part 3
今回は補集合とド・モルガンの法則についてです。聞きなれない言葉ですが恐れることはあ...
今回は補集合とド・モルガンの法則についてです。聞きなれない言葉ですが恐れることはありません!先入観で嫌になってしまうことは禁物です。フラットな気持ちで読んでいきましょう! ―補集合― ...
Hiroshi     44 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30