模試前にもう一息!模試をもっと役立てるための2週間短期集中勉強法

模試を受けるということには大きく2つの理由があります。高校1・2年生のみなさん、何だと思いますか? 「模試ってめんどくさい」、「役立たず」、そんなことはありませんよ。

私はこう思います。
1つは、実力を測るため。2つ目は、受験本番のイメージを掴むため

いま自分が、「どのくらいの力を持っているのか」、「どの科目が得意(苦手)なのか」、「時間配分はうまくできているか」、「隣に知らない人が座っていても集中できているか」などなど・・・、模試を受けることによって得られる「自分の現状と課題」は大きいのです。

その「自分の現状と課題」は、1回の模試で力を出せれば出せるほど自分自身にとってより役立つフィードバックとなりますが、ノー勉ではいけません。「勉強をした」と自分で言える状態で力を出した結果であることがポイントなのです。この方がより受験本番に近いからです。 

ですから、しっかり対策を行いましょう。

ただ対策といっても、日ごろの勉強は欠かせません。この日ごろの勉強にさらに磨きをかけるのが、今回ご紹介する「2週間前から始める短期集中勉強法」です。1日最低3時間、ラストスパートをかけてみましょう!

※基本的にどの教科でも対応できる基礎的な勉強法です。具体例は私自身が取り組んでいた文系科目でご紹介していきます。

とにかく思い出す!

模試まであと14日。はじめの5日間程でざっくり復習をしましょう。

しかし模試の範囲は思った以上に広いのが事実。学校でしっかりノートをとっているあなたは、まとめたノートを使って効率よく復習してください。

復習を始めると、「こんな言葉あったな~」と思うような用語が出ていたりしますよね。つい最近習ったような用語でも意外としっかり覚えていられているものは、ほんの一部なのです。

そこで、大事なのが“ポイントワード”を思い出すこと。

“ポイントワード”とはテキストや参考書、学校で書いたノートなどで強調されている用語のことです。自然と「覚えておいたほうがいいワード」として認識している人が多いと思います。

英語だったら構文、社会ならば用語とその事例、国語は幅広いですが古文単語や漢詩文法を要チェック。それらのポイントワードをさらい直し、基礎を磨きましょう。ちなみに英単語は暗とにかく覚えたもの勝ちですから、範囲など気にせずドンドン取り組みましょう。

とにかく問題演習!

模試まであと10日!!
復習期間も終盤。この時期には復習から演習へと重きを置いて! 問題集を使ってとにかく問題を解きましょう。手を動かして演習を行ってくださいね。

学校で使っている問題集など手元にあるものでかまいません。これから買おうとしているみなさんは、以下の記事を参考にしてみてください。

総合英語Forest(7th Edition)解いてトレーニング 
⇒参考記事:【問題集&参考書】大学受験、英語の文法は苦手を知って勝利を掴め!

私大入試日本史Bの短期集中チェック―わずか15日で入試必出ポイントがチェックできる!!
⇒参考記事:日本史は積み上げ式で得意になろう!

入試現代文へのアクセス 基本編
⇒参考記事:現代文おすすめの参考書

詳説世界史10分間テスト
⇒参考記事:今やるべき!偏差値20上げる英語・世界史の参考書

ここでは「間違えること」が大切です。マルよりもバツを重視しましょう。バツがついたところは、しっかりインプットすることが絶対条件ですが、解答解説やテキストの該当部分にチェックをつけておく癖をつけましょう!

このチェックは1度でなく、間違えるたびにおこなってくださいね。チェック数が増えるほど、自分が苦手だということがわかるのです。

最後はとにかく声に出して答えよう!

模試まであと3日!!!
この時期はとにかく声を出して覚えましょう。アウトプットの訓練が大切です。

そのためにはもちろん、問題集での演習も大切です。しかし、限られた時間内に効率よく大量の問題をこなすには、「答えを声に出す」ことが大切。書く時間を節約したうえで、定着レベルを確認してください。これでつまずくならば、その部分は確認からやり直しましょう。

「声に出す」復習法は暗記において効果的なうえ、どの教科においても対応できます。かつ、「書く」よりも大量に演習ができますので、私自身、試験本番前にはいつも行っている勉強法です。効率よく覚えたことを使える練習をしましょうね。

どの教科も赤シートを使った勉強がおすすめです。最後の3日は、毎日範囲内を最低1週ずつするようにしてください。


みなさんが模試を受けるのは、①実力を測るため②受験に慣れるためです。

ここで自分の力を出し切れれば、それだけ大きな「合格へのヒント」を掴むことができます。そのためにも、模試の2週間前にもう一息頑張りする癖をつけましょう。

そして早いうちから、「ノー勉=実力」ではないことも覚えておきましょうね。毎回このように、日ごろの成果+ラストスパートをかける癖付けをすると、一定期間で学習のまとめをする癖付けもできるようになるということです。一回限りの力ではありません。受験本番、さらにそれ以降にも続く実力に変わっていくのです。

今の頑張りが、大切な時の糧になります。

58人の 役に立った


勉強計画

インプットと演習のバランスはどうすれば?不安な受験生へのアドバイス
インプットと演習のバランスはどうすれば?不安な受験生へのアドバイス
そもそも「インプット」「アウトプット」って? まず、「インプットと演習」のイメージについてですが...
そもそも「インプット」「アウトプット」って? まず、「インプットと演習」のイメージについてですが、これはインプットで知識を頭にいれて、演習でその知識を使用してみると行った具合です。すなわち、インプットは暗記で演習は応用です。このバランスについては、科目毎に異なる部分もあると思いますが、大まかには以下のよう...
 岡田ひろ     4914 View      34 役に立った 
     記事更新日 2019.3.10
スケジュールを制する者は受験を制す!心得三か条!
スケジュールを制する者は受験を制す!心得三か条!
みなさんこんにちは。私はつい最近まで受験生でした。 そこで、私はみなさんに近い存在として 自分の...
みなさんこんにちは。私はつい最近まで受験生でした。 そこで、私はみなさんに近い存在として 自分の反省を踏まえた上でスケージュール管理方法をお伝えしたいと思います。 スケージュール管理は受験勉強の根本にあるものです。計画を立てないでだらだら勉強したところで、なかなか成績は上がりません。 私自身の周りに...
 まきの     14876 View      47 役に立った 
     記事更新日 2018.12.21
ただただ勉強していませんか?勉強計画は全て【合格】するためにある!
ただただ勉強していませんか?勉強計画は全て【合格】するためにある!
2月の第二週から三週は、僕の通う早稲田大学の入試週間です!一年後、または二年後に大学受験を控えてい...
2月の第二週から三週は、僕の通う早稲田大学の入試週間です!一年後、または二年後に大学受験を控えている、という人ももちろんいるでしょうし、今はそこまでイメージできていない……という人もいると思います。しかし、誰だって早稲田を目指すことはできます。だからこそ、「入試日までに”受かるために”どういう勉強をしていく...
 たまさん     8407 View      37 役に立った 
     記事更新日 2018.12.21

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     98674 View      239 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生の私、しゅーへいが徹底解説します!...
 しゅーへい     122982 View      304 役に立った 
     記事更新日 2019.11.18
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせな...
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にして...
 イクスタ編集部     242149 View      147 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回紹介する勉強法で日本史センター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっとおけ...
 エース     33007 View      73 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     51143 View      112 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30