たった20時間で8割を狙える、センター地学基礎の勉強法と参考書

タイトル通り、センター試験において地学基礎という科目は時間当たりの点数効率が一番いい科目であると言えます!

わかりやすく言うと、あまり勉強に時間を割かなくても7~8割くらいであれば普通にねらえてしまう科目なのです!!

どのくらい時間がかからないかというと、最短の場合で20時間ほど勉強すれば8割ほどは狙っていけると思います!

実際に個別指導塾で教えていたことのある生徒の子が志望の変更で急にセンター試験で理科が必要になった時にも、地学を使用することをおすすめしました。センター試験まではほとんど時間はなかったのですが、2週間で20時間ほど勉強することで本番では82点を取ることができました。

もともと特別ずば抜けて勉強のできる子だったわけでもなく、どちらかといえば理科は得意科目ではないような子でした。

これだけ聞くと夢のような科目に聞こえるかもしれませんが、もちろん勉強しないでセンター地学基礎を受けてもできる人で4~5割がいいところだと思います。

今、「あれ?」と思いませんでしたか?

『勉強しないでセンター地学基礎を受けてもできる人で4~5割がいいところだと思います。』

化学・物理・生物ではセンターのための勉強をせずに試験を受けてもほとんど点数は取れません。ところが、センター地学基礎は勉強せずに受けても、中学の理科の内容をある程度理解している人ならば4割くらいは取れてしまうのです。

そうです、中学の理科の内容をある程度理解していれば最低限の勉強時間で高得点を目指すことができるのがセンター地学基礎という科目なのです!

「中学理科なんか忘れてしまったよ・・」という人も高校の理科を一から勉強すること、一度勉強したことのある内容を思い出しながら勉強すること、どちらが効率的か考えてみてください。

問題集や参考書の数は他の科目に比べると圧倒的に少ないですが、用意すべき参考書・勉強法に関して紹介したいと思います。

センター地学基礎参考書・勉強法

センター地学の点数をアップさせるためには、そのときの成績によって準備するべき参考書や勉強法は変わってきます。そのため、センター地学の目標点数によってそれぞれ最適な勉強法や参考書をご紹介していきます。

センター地学基礎で6割から7割を目指すための勉強法

① 教科書

② センター試験地学基礎の点数が面白いほどとれる本―0からはじめて100までねらえる

地学基礎の対策参考書


③ きめる!センター地学基礎【新課程対応版】 (きめる!センターシリーズ)

地学基礎の新課程対応版 参考書

 

このどれかを用意しましょう。学校で教科書をもらえないような場合には②か③でも十分対応はできます。まずは一通り目を通し、内容を理解します。

このときポイントとなる勉強法としては、用語を覚えることよりも全体の流れ(どんな分野があり、どんな内容であるのか)を意識してみてください。(もちろん、用語も覚えないといけませんが・・・!)

ある程度、理解できたと感じたら、あとは過去問を解き、間違えてしまった問題に関してはきちんと整理しておき、教科書または上に書いた参考書でしっかり復習しておきましょう。

この中で私が一番のおすすめするはきめる!センター地学基礎【新課程対応版】 (きめる!センターシリーズ)です。この参考書はセンター地学基礎の内容がきちんと網羅されており、この参考書を完璧にすればセンター試験において満点も目指せる内容になっています。

センター地学基礎で8割から9割を目指すための勉強法

センター地学基礎で8割から9割を狙うためにはインプットの勉強だけでなくアウトプットの勉強も必要になってきます。そこで、センター地学で8割から9割を狙うために、実践問題集の用意をおすすめします。

① センター地学基礎―短期攻略 (駿台受験シリーズ)

センター地学基礎を9割狙うための参考書

② センター地学基礎 9割GETの攻略法 (センター試験9割GETの攻略法シリーズ)​

センター地学基礎の対策には、この2つの問題集がおすすめです。センター地学基礎―短期攻略は、解答では関連する知識事項などにも触れており、わかりやすいものになっています。センター地学基礎 9割GETの攻略法はチェック項目がまとめられており、用語や公式を勉強しやすくなっています。

過去問を解く場合に、まだセンター地学基礎の過去問というのは1年分しかないので、旧課程の地学Ⅰの過去問を見てみるのもいいと思います。

ただし、旧課程の地学Ⅰでは出題をされていた宇宙分野のケプラーの法則・ハッブルの法則、地質・地史分野の地質図、大気・海洋分野のコリオリの力・フェーン現象など新課程の地学に移されている分野もあるので、気を付けてください。(分野の違いに関してはこちら参考にしてみてください。教学社HP:https://akahon.net/shinkatei/earth/

センター地学基礎の難点としては、受験で使用できる大学と使用できない大学があることです。

センター試験やセンターの受験科目について知りたい人は以下の記事を参考にしてださい!

enlightened自分の志望校で地学基礎が選択可能となっていて、選択科目に迷いがある場合

enlightenedセンターまで時間はないが志望校の変更で理科基礎を受けなくならなければならなくなった

というような場合にはぜひセンター地学基礎を勉強してみてください!
この記事で紹介した勉強法や問題集を使ってセンター試験の対策をすれば、少ない勉強時間で普通に7〜8割の点数を狙うことができます!

この記事で紹介した記事

・センター試験でしか使わない理科社会をいつ勉強するかという問題

・センター試験で高得点を取るための、全科目に共通する2つのポイント

・【高3生必見】ほんとに知ってる?センター試験受験のあれこれ!

 

 



*この記事はセンター理科特集の記事です*

センター理科特集ではセンターの理科科目(物化生地学)を対策する上で読んでおきたい記事をいくつか紹介しています。

センター理科特集の詳細はこちら >

90人の 役に立った


今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     95852 View      231 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生の私、しゅーへいが徹底解説します!...
 しゅーへい     100935 View      298 役に立った 
     記事更新日 2019.9.10
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせな...
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にして...
 イクスタ編集部     200543 View      144 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回今回紹介する勉強法で成績をセンター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっと...
 エース     28644 View      71 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     46711 View      109 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30