大学合格を勝ち取った先輩たちは、センター直前期に何をしていたの?

 今回は理系編集部の現役大学生の方たちがセンター試験の直前期に実際にどのようにして過ごしていたのかを紹介していきたいと思います!それぞれの先輩たちが自分の経験を紹介しているので、自分に合いそうな過ごし方を見つけて参考にしてみてください!

フッシーのセンター試験直前期の過ごし方

 私は一月に入ってセンター試験直前になってからは、塾の冬期講習やその予習復習で二次向けの難しい問題を解いて、そのほかの自分の勉強はすべてセンター試験対策に時間を注いでいました。大体、国立二次試験向けの勉強とセンター試験対策の勉強の比率は2:8くらいだったと思います。ただ、センター試験が終わった後、国立二次試験の過去問を解こうとしたら全然解けなくなっていたので、もう少し国立二次対策の勉強の比率を増やせばよかったと後悔した記憶があります。

 理科、数学、英語の3科目は、直前に改めてセンター試験向けの勉強をしなくても点数をとれる自信があったので過去問や予想問題集を2,3年分解くくらいにして、センター試験対策としては主に地理と国語の対策をしていました。特に地理は苦手科目だったので、センター試験の過去問を解くだけではなく、予備校が出版する予想問題集も解いていました。地理は参考書を読むだけでは全然点数が上がらなかったのですが、センター試験の過去問や予想問題集を解いてわからなかったところを参考書で調べるという勉強法に変えたらだんだん点数が伸びていきました。国語は時間との勝負だと思ったので、速く解けるようになるようにたくさん過去問を解いて問題に慣れるようにしました。

 センター試験への対策以外では、とにかく寝坊が怖かったので、センター試験本番の一週間前からは毎日センター試験当日の起床時間と同じ時間に起きるようにしていました。それと、当日の不安を少しでも減らすために試験会場の下見を事前にしておきました。

あべべべべのセンター試験直前期の過ごし方

 センター試験直前までは、とことん本番のイメージトレーニングをしました。「センター試験直前だからセンター試験の対策勉強をする」のは当たり前です。そこの勉強に対して、どこまで飢えることができるかをとことん追求しました。

 まず、勉強をする前の生活習慣に関して、とにかく朝方の生活を徹底しました。朝一からどれだけ他の受験生より冴えて時間を有効活用できるかを重要視していました。具体的には、夜に勉強のためだからと夜更かししないこと、朝にご飯をたくさん食べるなどといった行動です。

 学習に関してはタイムプレッシャーを重視して勉強しました。英語は50分で回答して、試験本番の予想外のアクシデントに対応できる時間を作れるようにしました。数学では遅くともでも50分以内に解けるようにしました。特に数列を7分で解くように大問別でトレーニングし、模試でも本番でも安定して解ける力・速い力を強化しました。国語や理科、社会も同様に「本番でいかに活きるか!?」を想定して勉強時間を使いました。基礎の徹底ができていたからこそ、1月1日からは演習ばかりしていました。しかし、社会の政経科目は少しセンター試験対策不足だったため、焦らず・じっくりと概念理解を重視して対策を進めました。

 センター試験直前までは、自分の立てた計画をいかに守って学習するかが大切です。残り時間が少ないからこそ、冷静に勉強していきましょう。

Hiroshiのセンター試験直前期の過ごし方

 センター試験直前、特に年が明けてからは予備校で受講していたセンター試験対策講座の予習復習と実戦問題集を中心に勉強していました。センター試験対策講座は逆さ科目(理系の私は漢文、現代社会)と暗記モノ(発音アクセント、英文法)を受講していたのでそれを何度も見返して(解き直して)いました。実戦問題集はあまり点が取れていなかった英語を中心にやっていました。私は国公立大学志望だったので、勘が鈍らないようにするためにも数Ⅲの微積と物理の電磁気の演習は毎日時間を作って行っていました。前日はあまり手を出しすぎると不安になると思い、勉強はこれまでやってきたことを簡単に見直す程度にし、早めに寝ました。

 今振り返ってみると、自分が第一志望としていた大学はセンター試験の割合がそこまで重くなかったのでセンター試験対策を軽視していたところがあるのですが、結果として一番初めに行う入試であるセンター試験であまり得点することができず、メンタル的に落ち込んでからのスタートとなってしまったので、もう少しセンター試験対策に力を入れておくべきであったなと思います。具体的には演習量を増やすこと(特に英語と国語)、あまり得意でなかった物理の対策ですね。

みーたのセンター試験直前期の過ごし方

 センター試験直前期は、センター試験の過去問はもちろんですが、実践問題集などにも取り組んでいました。様々なパターンの問題を把握しておくことが重要であると考えていたからです。また、過去問はあくまで過去問であり、同じ問題が実際自分が受ける際に出題されることはないので、傾向(時間配分や出題形式など)を把握するためくらいにしか使っていませんでした。

 そして、自分は国公立志望だったので、センター試験直前期でも国立の二次試験対策の勉強も同時進行で行っていました。その中でも主に記述問題を解いていました。記述問題はきちんとした知識理解がないと解くことができないため、記述問題を解いていることでも知識の整理ができていたと思います。

 あとは1週間くらい前からは新しい問題はあまり解かないようにしていました。新しい問題を見つけてしまった場合に「これもやっておいたほうがいいのか?!」「他にもやり残しがあるのでは?!」と不安になって焦ってしまうことを防ぐためというのもありますし、それまでに解いてきた問題を見直して自分のできなかったところをしっかり把握しておく方が重要だと考えていたからです。

 センター試験の数学や理科に関してはそれなりに自信があったので1月に入ってからは逆さ科目(理系志望の国語や社会、文系志望の数学や理科)の演習を中心に行っていました。特に自分の選択していた倫理は暗記する部分が多かったため毎日時間を設けて暗記事項の確認を行っていました。



こちらの記事では先輩たちが実際にセンター試験を受けた時にどのようなことに気をつけていたのかを紹介しています!
大学合格を勝ち取った先輩たちは、センター試験でどんなことに気をつけていたの?

55人の 役に立った


合格体験記・不合格体験記

失敗続きの私のでも挽回できた法政大学合格体験記【不安定な受験生に贈る8ヵ条】
失敗続きの私のでも挽回できた法政大学合格体験記【不安定な受験生に贈る8ヵ条】
はじめまして。私は一浪して今年の春、法政大学の一年生になりました。今回は私自身の大学受験について教訓を...
はじめまして。私は一浪して今年の春、法政大学の一年生になりました。今回は私自身の大学受験について教訓を踏まえつつ、お話ししたいと思います。 高校は大学進学者が少数派。そんな不利な状況からのスタート まず、自己紹介からです。私の通っていた高校はお世辞にも進学校とは呼べないようなところで、一学年に大体300人く...
 イクスタ編集部     137 View      0 役に立った 
     記事更新日 2019.10.19
偏差値50の高校から早稲田大学政治経済学部に合格できたワケ
偏差値50の高校から早稲田大学政治経済学部に合格できたワケ
2月28日の午前10時半、私は自宅で第一志望校である早稲田大学政治経済学部の合格発表を聞こうとしていた...
2月28日の午前10時半、私は自宅で第一志望校である早稲田大学政治経済学部の合格発表を聞こうとしていた。 早稲田大学の合格発表は電話で行われる。発表時刻である10時を過ぎても、結果を聞くのが恐ろしくて、ずっと受話器を取れないでいた。ワクワクとドキドキが入り混じった気持ちのまま時間が過ぎていく。 覚悟...
 いぶき     75760 View      230 役に立った 
     記事更新日 2019.9.10
横浜国立大学への道③受験本番~センターから横国二次まで~
横浜国立大学への道③受験本番~センターから横国二次まで~
いよいよ最終章です! ①、②から読みたい人はこちら! ・横浜国立大学への道① 成績不良だっ...
いよいよ最終章です! ①、②から読みたい人はこちら! ・横浜国立大学への道① 成績不良だった私の国立合格の第一歩!センター対策編 ・横浜国立大学への道②合否を左右した過去問演習編 【センター試験】 いよいよセンター試験当日。 前日の昼間は少し緊張してたものの、膨大な演習量と、...
 まちるだ     64564 View      91 役に立った 
     記事更新日 2019.7.31

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     98531 View      239 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生の私、しゅーへいが徹底解説します!...
 しゅーへい     121725 View      304 役に立った 
     記事更新日 2019.9.10
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせな...
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にして...
 イクスタ編集部     239602 View      147 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回紹介する勉強法で日本史センター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっとおけ...
 エース     32790 View      73 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     50858 View      112 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30