センター英語の大問1、発音・アクセントで着実に満点を取るためのコツと攻略法

センター試験対策 英語の発音アクセント

こんにちは!一橋大学の笠原です!

発音やアクセントの対策の仕方は学校では教えてくれない場合も多いのではないでしょうか?

僕も受験生時代には学校では発音やアクセントの勉強方法を教えてもらえず、独学で勉強していました。

今回は僕が独学で勉強していく中で見つけた、センター試験の発音・アクセントで1点でも多く得点するための勉強法おすすめ参考書などを紹介していきます。勉強した中で本当に意味のあったものだけ教えていきますよ。

発音・アクセントは適切に対策することで満点を取ることができる分野です。しっかりと対策をして満点を目指しましょう。


センター英語の勉強法や参考書についてさらに詳しく知りたい受験生はこちらもおすすめです!
👉  残り1ヶ月【センター英語】目標点ごとの勉強法と各大問の対策法総まとめ

◇目次◇

センター英語 大問1の発音・アクセント問題の特徴

大問1を対策する上でまずどんな問題が出るのかどの程度難しいのかなどを知っておくことで高得点を狙うことができます。

そこで、発音・アクセント問題で高得点を取りたい受験生が知っておくべき情報をまとめています。発音・リスニングは対策をすれば1問ミス以内に抑えることがそれほど難しくない範囲ですので十分な対策をしていきましょう!

発音・アクセント問題の難易度

大問1の難易度はセンター英語全体から見るとやや難しいといった程度です。ただ、時間をかけて勉強すれば満点を取るのも難しくはありません。しかし、全体で点数を取ることを考えた時には、文法や長文の対策をした方がいいでしょう。

センター英語で180点以上を狙う場合には必ず対策をして、満点を狙う必要があります。

発音・アクセント問題の問題形式と配点

以下が大問1の出題形式となっています。

A問題:近年のA問題は、各問いに4つ単語があり、下線部の発音が他の3つとは異なるものを選べという問題が出題されている。全3問で配点は、2点×3で6点

B問題:B問題は、アクセント問題。4つの単語が並んでおり、第一アクセントの位置が他の3つと違うものを選べというものが出題されている。全4問で配点は、2点×4で8点

見ての通り、大問1の配点は14点と全体の占める割合は低いです。また、問題数も7問と少なめです。

発音・アクセント問題の対策法

ここから発音・アクセント問題の対策法について説明していきたいと思います。知らないと発音・アクセント問題の対策法はなかなか難しいと思います。意外と難しい発音・アクセント問題の対策法について解説していきます!

普段の英語の勉強から意識をしよう

まず、基本的な対策法として普段から発音・アクセントを意識して英語の勉強をしましょう。普段から発音・アクセントを意識していると、自然に発音・アクセントが身について問題が解けてしまうこともあります。

英語で復習をして音読をするときや英単語を覚える際などに発音・アクセントを一緒に覚えてしまいましょう!

音読をして覚える時には大げさに!

英単語を覚えるときや英語の長文を読むときには音読する受験生は、音読をするついでに単語の発音やアクセントを覚える時、できるだけ大げさに発音しましょう。

音読する受験生

抑揚をつけて自分が外国人になったような気分で音読することで、発音やアクセントが曖昧にならずしっかりと覚えることが出来ます!

発音・アクセントのパターンを覚えよう

ひとつひとつの単語について発音・アクセントを意識するのは面倒ですし時間がかかります。発音・アクセントはルールがあるので、それらのルールといくつかの例外を覚えてることが必要です。

このパターンを覚えただけでは満点を取るのは難しいですが、ある程度の点数は取れるようになります。以下のサイトに発音・アクセントのパターンがまとまっているので、参考にしてみてください。

odn.ne.jp アクセントのルール

普段から発音・アクセントをできるだけ意識しよう!

普段から発音・アクセントを意識して勉強することで、どんな問題が出ても対応することが出来るのでできるだけ発音やアクセントを意識するような勉強法を取ってみましょう。

発音やアクセントを意識してしまうとどうしても時間を取られてしまう場合や、センター英語の発音・アクセント問題はある程度の点数さえ取れればいいと考えている受験生は上記のサイトに載っている発音・アクセントのルールと例外パターンだけ覚えれば大丈夫です!

センター英語の過去問を解こう!

発音・アクセントのルールをある程度覚えたら、さっそくセンター英語の過去問を解いてみましょう。発音・アクセントを問題形式で勉強できる問題集や参考書は少ないので、実際のセンター英語の過去問を利用してください。

大問1で頻繁に出題されるパターンの問題もあるので傾向を掴むためにもセンター英語の過去問演習を進めましょう。

過去問演習ではどんなしっかりと復習をしよう

ここで注意しておきたいのは、過去問にどんな問題が出たのかをしっかりと覚えておくことです。センター試験は結構な頻度で同じような問題が出ることがあります。

問題の数をこなすことも大切ですが、復習しなければ非常に勉強の効率が悪くなってしまいます。二回目に見た問題は絶対に落とすことがないように、復習をしっかりとやりましょう。

発音・アクセントを勉強するのにおすすめの参考書

続いて発音・アクセント問題を勉強する上で使いたい参考書を紹介していきます。英語の参考書の中には発音・アクセント対策のみのものはあまりありませんが、発音・アクセントを勉強しやすい参考書はあります。以下ではそんな参考書を2つ紹介していきます!

Next Stage

リスニング対策ができる英語の参考書 ネクステ

Next Stage英文法・語法問題

この参考書は昔から受験生に愛され続ける参考書です。この参考書は扱う問題形式が多岐に渡っており、その中の一つとして発音・アクセント問題が掲載されています。

頻出のパターンの発音・アクセント問題が載っているので、センター英語の発音・アクセント問題を対策したい人はぜひ持っておきたい参考書です。解説ではしっかりとパターンについての解説も付いていますよ!

またセンター英語のリスニングに特化した参考書を1冊全部理解すれば、ほぼ満点は取れます。

センターリスニング対策 キムタツのリスニング

灘高キムタツのセンター試験英語リスニング合格の法則

この参考書に載っているルールをすべて覚えれば大丈夫です。文法などの暗記事項に比べれば量は少ないです!

発音・アクセント問題以外に文法問題や長文問題の対策におすすめの参考書を以下の記事で紹介しています。センター英語対策用の参考書選びで迷っている受験生は参考にしてみてください。

センター英語で9割以上を狙わない場合にはまずは文法や長文を固めよう!

発音・アクセントを勉強するべき受験生はセンター英語で9割以上を目指す受験生です。センターで7割から8割を目指している場合にはまずは文法や長文に勉強時間を注いでください。

発音・アクセントは配点が低いので、点数が取れなくても8割程度を目指す場合にはそこまでダメージはありません。また、ある程度普段の英語の勉強で発音・アクセント問題は解けてしまいます。

まずはセンター英語で効率的に点数を取るためには文法や長文を勉強しましょう。センターで8割以上を狙う場合には大問1の発音アクセントの対策をして大問1では満点を取れるように対策をしていきましょう。

 

 

*この記事はセンター英語特集の記事です*

センター英語特集ではセンター英語を対策する上で読んでおきたい記事をいくつか紹介しています。

センター英語特集の詳細はこちら >

158人の 役に立った


英語

【レベル別】英語長文読解を制するための受験生におすすめの問題集と参考書
【レベル別】英語長文読解を制するための受験生におすすめの問題集と参考書
こんにちは!イクスタの笠原です! 受験生のみなさんが絶対に受験するときに勉強する英語。 ...
こんにちは!イクスタの笠原です! 受験生のみなさんが絶対に受験するときに勉強する英語。 そんな英語の中でも最も重要なのが長文です。どんな学校を受験するにしても英語の長文読解は避けて通れないでしょう。大学受験では英語の中で長文が最も配点が大きく、差が出やすいのが英語長文問題の特徴です。 ...
 イクスタ編集部     90997 View      130 役に立った 
     記事更新日 2019.8.9
即戦力UPを目指す難関私大志望者なら使っておきたい英語の問題集
即戦力UPを目指す難関私大志望者なら使っておきたい英語の問題集
今回は二回に分けて、私が受験期に使っていた英語のテキストを2冊ご紹介したいと思います! まず1冊目は...
今回は二回に分けて、私が受験期に使っていた英語のテキストを2冊ご紹介したいと思います! まず1冊目は…『即ゼミ』こと大学入試英語頻出問題総演習 (即戦ゼミ)です。この問題集は学校で配布されたもので高2の春には手にしていました。私大対策だけでなく国立二次対策にも使えます。では初めに、この問題集の良さと注意点を上...
 mizuki     6314 View      31 役に立った 
     記事更新日 2019.8.8
一橋英語の過去問を徹底分析し、合格した僕が教えるおすすめ参考書と勉強法
一橋英語の過去問を徹底分析し、合格した僕が教えるおすすめ参考書と勉強法
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は一橋を受験する上で最も大切な科目「英語」の対策法につい...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は一橋を受験する上で最も大切な科目「英語」の対策法について説明していきます。 一橋英語の配点や難易度、過去問の使い方、おすすめの参考書や問題集、勉強法など僕が持っている情報すべてここに記載しました。 一橋を目指している受験生の皆さん、ぜひこの記事を読んで...
 笠原秀一     117216 View      156 役に立った 
     記事更新日 2019.7.31

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     90636 View      223 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田国際教養ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田国際教養ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生が徹底解説します!   ...
 しゅーへい     88954 View      296 役に立った 
     記事更新日 2019.7.11
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、...
こんにちは。一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にしてくださいね! ...
 イクスタ編集部     179405 View      142 役に立った 
     記事更新日 2019.7.25
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回今回紹介する勉強法で成績をセンター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっと...
 エース     26285 View      70 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     44134 View      108 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30