センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法

こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です!

今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本青本黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にしてくださいね!


センター英語の勉強法や参考書についてさらに詳しく知りたい受験生はこちらもおすすめです!
> 【センター英語】7割8割9割ごとの対策法と各大問の勉強法など完全まとめ

◇目次◇

センター英語の過去問集を比較

赤本 (教学社のセンター過去問集)

センター試験の過去問研究 英語

> センター試験過去問研究

センター英語の赤本は収録年数が圧倒的に多い!

赤本は受験生の皆さんが絶対に一度は手にしたことのある参考書ではないでしょうか?本屋さんに行っても目立ちますよね!
赤本の最大の特徴は収録年数です!2018年度版だと筆記は25年分リスニングは10年分掲載されています。過去問演習をとくかく多くの年数分こなしたい受験生にはおすすめです。仮に25年分を2周こなせば50年分になります。これだけやればまず演習量としては申し分ありません。

デメリットとしては、解説が少しわかりにくいことがあることでしょう。また、赤本自体その分量に比例してとても分厚いため、持ち歩きにくいと感じる受験生もいるかもしれません。自宅で演習用として持っておくのがいいですね。学校や予備校の自習室に置いてある場合には持ち運ぶ必要がないので心配いりません☆

青本(駿台のセンター過去問集)

センター試験英語 過去問題集 駿台

【駿台】> 大学入試センター試験過去問題集英語

駿台の先生による丁寧な解説が魅力!

青本の最大の特徴としては解説がとても丁寧なことが挙げられます。駿台の現役講師が一問一問丁寧に解説を書いてくれており、英語が苦手な受験生でも理解しやすい構成です。
また解説や問題が見やすくレイアウトされているのでスムーズに過去問演習を行うことができます。「センター英語にあまり自信がないけどそろそろ始めなきゃいけない」という受験生におすすめです!

デメリットとしては収録年数が少ないので、過去問をたくさん何十年分も演習したい場合にはおすすめしません。

黒本 (河合塾のセンター過去問集)

センター試験英語 過去問レビュー 河合塾

> 大学入試センター試験過去問レビュー英語 (河合塾シリーズ)

追試験の問題も載っている!

黒本とは河合塾が出しているセンター英語の過去問集のことです。他の過去問と違うところはセンター英語の追試験が9年分掲載されていることです。追試験は赤本などには載っていないので、追試験の対策もしたい受験生は黒本を使いましょう!

デメリットとしては赤本や青本に比べる書店やブックオフなどで販売されていることは少ないです。ただ、大手出版社ではこの黒本が目立つところに平積みで置かれていることが多くなってきました。

総合的にみておすすめは青本!

ここまででセンター試験英語の過去問を解く際の教材を3種類ご紹介してきましたが、赤本、青本、黒本の中で個人的に最もおすすめなのは青本です。

収録年数は少ないですが、解説が丁寧で見やすいということは過去問演習をする上でとても大切なことです。
何十年分も過去問を繰り返すことも重要なことですが、一年分をしっかりと解くことはもっと重要です。問題を解いたあとにしっかりと解説を見て復習ができる青本を一番おすすめします。

このあとも解説していきますが、センター英語は例年大問ごとに出題される問題のパターンはある程度決まっており、過去問を研究することで自分の得意や苦手を分析することができ、対策を立てることで高得点を狙うことができます。今の自分のレベルと目標点をみて、センター英語で自分の期待している結果を出すためにもっとも適したものはどれかを判断してくださいね!

センター英語の実戦問題集の比較

続いてはセンター英語の実戦問題集をご紹介していきますよ。実戦問題集とは、各予備校が定期的に行っているセンター試験形式の模試の過去問をまとめたものです。

センター試験本番の過去問を解ききってしまった場合や、センター試験での出題傾向が最近変更になって過去問が手に入らない場合などには実戦問題集を使いましょう。最新の傾向に対応したセンター形式の問題を解くことができます。

【河合塾】河合塾マーク式総合問題集

マーク式総合問題集 センター英語 Z会

マーク式総合問題集英語 (河合塾シリーズ)

河合塾の全統河合模試を8回分収録した問題集。模試の過去問ですが、センター英語の入試と非常に似た形式の問題を練習できます。

昨年より以前に受験生がお金を支払って受験した模試をまとめたものなので、それぞれの回でとても解説が丁寧です。センター英語のポイントなども解説しているので、センター英語で点数が取れない受験生にはおすすめです!また難易度はセンター試験に比べて若干簡単になっています。

大学入試センター試験実践問題集(駿台)

センター英語 実践問題集 駿台

【駿台】> センター試験実戦問題集英語(筆記)

駿台が作ったセンター英語の予想問題が載っている問題集。センター英語の過去問の傾向を分析した上で問題が作られているので、よりリアルに近い形式のセンター英語を勉強することができます。

駿台の実戦問題集は、河合塾のものとは反対に、本番よりも難易度が高めです。センター英語の過去問で8,9割をコンスタントに取れるようになっている受験生は駿台の実戦問題集を使ってより高度な問題が出てきても対応できるように練習しましょう。

【Z会】センター予想問題集

センター試験英語予想問題集 Z会

> センター試験実戦模試 (1)英語 

Z会が出版しているセンター英語の実戦問題集です。実戦問題集の中で最も難易度が高く、センター試験本番の英語で9割取れる実力のある受験生でもZ会の実戦問題集では7割しか取れなかったりします。

おすすめは河合塾の河合塾マーク式総合問題集!

センター英語の実戦問題集の中で一番おすすめなのは河合塾の河合塾マーク式総合問題集です。

駿台やZ会が出している予想問題集は本番のセンター英語よりも難しいので英語が得意な受験生が腕試しとして使ってみるといいと思います。

個人的には一番センター英語のレベルに近い河合塾の予想問題集がおすすめです。

しかし、駿台やZ会の予想問題集はセンター英語で9割~満点をコンスタントに取れる人にはおすすめです。似たような問題でさらに難易度の高い問題を解いておくことで、本番では楽々点数を取れるようになりますよ。

センター英語の過去問の使い方

続いてセンター英語の過去問の使い方について解説していきます。受験生からよく質問やご相談を受けることを中心に解説していきます。

センター過去問は何年分解けばいい?

センター英語は最低5年分は解きましょう。センター試験は過去問演習の量によって点数が大きく変わると言っていいです。いきなり本番で初めてセンター英語を解いたとしたとしても、期待した点数は取れないと言っていいです。ある程度問題形式に慣れておくことで安定して高得点を取ることができます。

また、センター英語は二次試験と違ってほぼ毎年同じ形式の問題が出題されます。例えば大問1では発音アクセント、大問2では文法や会話など、特徴があります。何年分も解いてしっかりと傾向を分析し、そのレベルに見合った対策をすることで点数が取れるようになります。

国公立志望はもちろん、私大のセンター利用を狙う場合などでセンター試験を受験する場合、5年分は必ず、時間のある人は10年分のセンター過去問を解いて復習まで終わらせましょう。

センター過去問は何周繰り返せばいい?

センター英語は1周解けば大丈夫です。センター英語の過去問はほぼ毎年同様の問題形式で出題されているので、2周目をやるなら違う年度の過去問や実戦問題集を解きましょう。

センター英語の過去問は何回も繰り返すことに時間をかけるよりも、しっかりと復習することに時間をかける方が点数は伸びます。解き終わって点数を出したら、必ず全ての問題を復習しましょう。

ここでの注意点として、間違えた問題はもちろん復習する必要がありますが、正解の問題も復習するようにしてください。なぜなら、センター英語は選択式のため、間違えた解釈をしていたとしても4分の1の確率で正解してしまう可能性があるからです。全く見当のつかない問題でも適当に選択して正解してしまうことってありますよね。

本当は間違っていたはずの問題なのにたまたま正解してしまった問題を自分の実力で正解したと勘違いしてしまうと、復習して伸びるはずだった実力が伸びなくなってしまいます。センター英語で安定して180点以上を取れるような実力を持っている場合には、たまたま正解するということはかなり少なくなっていることだと思いますが、150点くらいまではたまたま正解してしまう問題がちらほらあるはずです。まだセンター英語で150点くらいのところを得点している人の場合、点数が安定しないことが多いのですが、この安定しない理由は「たまたま正解している」問題の割合が多いからです。「たまたま正解」はありますが「たまたま間違える」ことはないため、実力が付いてくると点数のブレは少なくなってきます。

センター過去問はいつから始めればいい?

センター英語の過去問演習を始める時期は人によってそれぞれです。受験学年の夏休み前の段階ですでにセンター英語で160点を取れている場合は夏休み中にセンター英語の過去問を解き、傾向の分析やその対策を終わらせてしまいましょう。

そうすれば夏休み以降は国公立二次対策や私大対策に時間を使うことが出来ます。夏休みにセンター英語の対策をしっかりと行った場合には、夏以降のセンター対策は12月末あたりに仕上げとして1,2年解く程度で大丈夫です。直前にセンターの問題形式やレベルを確認する程度で、少し過去問を解くだけでもしっかりと点数が取れるようになっているはずです。

受験学年の夏休み前の段階でセンター英語が8割以下の場合には夏休みは英語の基礎を固めることに時間をかけましょう。8割を取れないということはまだ英語の基礎が固まっていないということです。

夏休みに単語や文法、長文の勉強に時間をかけてください。そしてセンター英語の過去問演習は12月の頭ごろから始めます。

センター英語の過去問を使った勉強法

次にセンター英語の過去問を使った勉強法についてご紹介していきますよ!

復習にしっかり時間をかける

センター英語の過去問演習で大切なのは復習です。自分がどの問題で間違えて、どこに時間がかかるのかをしっかりと分析して次に生かすことでどんどん点数が上がります。

また、センター英語の過去問演習で間違えた問題はなぜ間違えたのかをしっかりと解説と照らし合わせて理解しましょう。センター英語は過去問と同じような問題が出題されることも多いので、過去問でしっかりと復習することで本番でも安定して点数を取る実力をつけることができます。

例えば大問1の発音・アクセント問題は参考書を使ってこれらのパターンを数十種類覚えるだけでほぼ満点を取れるようになります。大問2A問題の文法問題も類似形式の文法参考書(ネクステやヴィンテージ、英頻など)を分野別に対策することで安定して得点することができます。また大問3.4の読み取り問題も、数年ごとに出題形式が変わることがあるものの、数年分を分析して傾向を掴むことができれば、正答を導き出すための時間をカットすることができます。

これらのセンター的なテクニックを持っているかどうかでセンター英語の点数をどれくらい取れるかが変わってきます。

センター英語の時間配分を学ぼう!

またセンター英語の過去問演習では自分にあった時間配分を研究することも大切です。どの大問にどれだけ時間がかかるのかを過去問演習を通してで知っておくと、本番でどの問題にどれだけ時間をかければいいかわかります。本番では緊張して時間が短く感じることが多いので、自分の中でしっかりと時間配分を決めておきましょう。

80分の試験時間の中でどの大問にどれくらい時間をかけるのかを過去問演習の時点で設定して、実際にどれくらい時間がかかったかを計測してください。本番では慎重になるあまり演習時より丁寧に解いてしまうので、練習時には70分で全ての問題を解くことができる配分にすることが肝心です。

また、解く順番についても自分に合ったものを見つけておいてください。発音・アクセントなど短い問題から始めたいタイプの受験生もいれば、大問6などの長文から始めた方が英語が読みやすいという受験生もいます。これらは自分の感覚的なものですが、自分の型を作っておくことで本番でも安心して解くことができます。

自分の苦手分野を見つけよう!

センター英語は大問ごとで分野が違うので、どの大問が取れていないかで自分の苦手な分野がわかります。

センター英語で点数の取れない苦手分野があるようならば、過去問演習は一度止めて、その分野の対策に特化した他の参考書や問題集を使って徹底的に対策をしましょう。最終的にセンター対策とは苦手分野をつぶしていく作業になります。特に大問2のA問題の文法事項は苦手にも関わらずスルーしてしまっている受験生が多いです。しかしここは文法の基本的なところなため、国公立二次や私大の難しい問題を解くときにこのA問題を安定して8割以上取れる実力がないと、難しい問題でも安定して点数を取ることができません。

発音・アクセントは覚える量が少ないので、もっとも安定して得点を狙える分野です。大問1で7割以上の得点をできない受験生はまず発音・アクセントを安定させるために参考書などで対策してください!

以上、センター英語の過去問題集のご紹介でした!志望校のラインを突破するために過去問は欠かせません!自分に最適の教材を見つけて、頑張ってください!

 

合わせて読みたい
センター英語を勉強する女性
【センター英語】7割8割9割ごとの対策法と各大問の勉強法など完全まとめ 大問別の勉強法、過去問の使い方、おすすめ参考書など、国公立志望をはじめとしてセンター試験を使う受験生に役に立つであろうことで僕が伝えられることはすべて書きました。
合わせて読みたい
センター英語を勉強する女性
センター英語対策特集!センター英語を対策する上で読んでおきたい記事を紹介します センター英語の対策について様々な記事を紹介していきます。大問ごとで対策法を説明していくので、詳しく知りたい受験生はこれから紹介していく記事を読んで点数をあげてください!
150人の 役に立った


英語

【センター英語】7割8割9割ごとの対策法と各大問の勉強法など完全まとめ
【センター英語】7割8割9割ごとの対策法と各大問の勉強法など完全まとめ
こんにちは。一橋大学経済学部の笠原です。いよいよ令和2年度センター試験の直...
こんにちは。一橋大学経済学部の笠原です。いよいよ令和2年度センター試験の直前となりましたね。ここから少しでも得点できるようなノウハウをお伝えしてきますよ。ぜひじっくり読み込んで本番を迎...
イクスタ編集部     119 役に立った 
     記事更新日 2020.1.15
早慶以上を目指す受験生が解体英熟語を使って成績を上げる方法をご紹介します
早慶以上を目指す受験生が解体英熟語を使って成績を上げる方法をご紹介します
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回は解体英熟語について特徴や使い方な...
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回は解体英熟語について特徴や使い方など詳しく述べていきたいと思います。 実際に解体英熟語を使用して受験を乗り越えた経験のある人に聞いたので、解体...
イクスタ編集部     113 役に立った 
     記事更新日 2020.1.11
King of 英単語。難関国立・早慶志望者は単語王をやりきれば不安がなくなる
King of 英単語。難関国立・早慶志望者は単語王をやりきれば不安がなくなる
今回は早稲田大学に現役合格した私が、単語王について特徴から難易度、使い...
今回は早稲田大学に現役合格した私が、単語王について特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。単語王は難関大学志望者なら先輩や友達などから一度でも聞いたことはあるのではないで...
イクスタ編集部     107 役に立った 
     記事更新日 2020.1.11
生きた熟語で記憶に残る速読英熟語。難関大の英熟語も万全にする使い方
生きた熟語で記憶に残る速読英熟語。難関大の英熟語も万全にする使い方
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は「速読英熟語」とい...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は「速読英熟語」という参考書について、「速読英熟語」の特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。 ※実際に「速読英熟語」...
イクスタ編集部     108 役に立った 
     記事更新日 2020.1.11
【レベル別】英語長文読解を制するための受験生におすすめの問題集と参考書
【レベル別】英語長文読解を制するための受験生におすすめの問題集と参考書
こんにちは!イクスタの笠原です! 受験生のみなさんが絶対に受験す...
こんにちは!イクスタの笠原です! 受験生のみなさんが絶対に受験するときに勉強する英語。 そんな英語の中でも最も重要なのが長文です。どんな学校を受験するにしても英語の長文...
イクスタ編集部     135 役に立った 
     記事更新日 2020.1.11