万葉集|日本史用語集

万葉集の概要

全20巻からなる日本に現存する最古の歌集。奈良時代に成立した。編者としては大伴家持がかかわっていたとされる説が有力であるが、詳細は不明。4536首の歌が収められている。

万葉集の解説

770年頃に成立したとされる現存する最古の歌集。全20巻からなるが、最初から20巻として編纂されたのではなく、段階的な成立過程があったとされ、統一感がない。歌は舒明天皇(600年くらい)から大伴家持(759年)の時代までの作品とされ、4期に分けられる。 歌の種類は数種類に及ぶ。5・7・5・7・7の短歌が4208首と最も多い。5・7・5・7調を反復する長歌が次に多い264首で、他は旋頭歌(せどうか)などがあり計4536首となっている。 歌の内容は、男女の恋愛を詠った相聞歌・死者への哀悼の意を詠った挽歌・上記二つ以外の雑歌の3つに分類される。万葉仮名で記された素朴な万葉調であるため、万葉集と呼ばれる由来となっている。 代表的歌人は、第1期が舒明天皇・天智天皇・額田王など、第2期は柿本人麻呂、第3期は大伴旅人、山部赤人や山上憶良、第4期は大伴家持、大伴坂上女郎などが挙げられる。 江戸時代の国学者である賀茂真淵によって注釈書「万葉考」が書かれた。これによって万葉注釈に多大な影響を与えたと言われている。

この用語は
日本史>奈良時代
の用語です。

17人の 役に立った
欠席率、途中解約率0%!
イクスタの創業者、土井による論理的・戦略的な受験計画と戦略の作成

本気で合格するためにはどの教材を、いつまでに、どれくらい終わらせる必要があるのかを志望校データや教材のレベル別に全ての教科で洗い出し、明確に予定を立てます。
過去問に入る時期や基礎完成の時期などいつ何をやればいいか、完全にコントロールできるようになる必要があります。

イクスタコーチ

> 論理的で抜け漏れのない受験計画の立て方が分かる イクスタコーチ


日本史

日本史の入試問題って「教科書」から出題されるんです
日本史の入試問題って「教科書」から出題されるんです
こんにちは!横浜国立大学のまちるだです。今回は日本史、特に教科書の重要性についてお...
こんにちは!横浜国立大学のまちるだです。今回は日本史、特に教科書の重要性についてお話したいと思います。 もうすぐ夏ですね!というかもう夏でしょうか。今後、演習量が合否の分かれ目と言っても過言...
まちるだ     84 役に立った 
     記事更新日 2021.6.15
【誰でもできる共通テスト日本史勉強法】9割だって夢じゃない!完全攻略法☆
【誰でもできる共通テスト日本史勉強法】9割だって夢じゃない!完全攻略法☆
この記事はセンター試験対策を元に作成していますが、センター試験と共通テスト...
この記事はセンター試験対策を元に作成していますが、センター試験と共通テストで受験生に求められる勉強内容はほぼ変わらないため共通テスト対策の方法として参考にしてください。 新た...
みさみさ     241 役に立った 
     記事更新日 2020.11.24
【日本史】一問一答だけで共通テスト9割と早慶の合格点が取れてしまう邪道な勉強法
【日本史】一問一答だけで共通テスト9割と早慶の合格点が取れてしまう邪道な勉強法
早稲田大学法学部の菅原です。受験生時代にイクスタの記事を読んで、早稲田に合格してか...
早稲田大学法学部の菅原です。受験生時代にイクスタの記事を読んで、早稲田に合格してから大学生スタッフとしてイクスタで記事を書いています。 イクスタでは早稲田の過去問10年分全ての配点...
菅原太一     229 役に立った 
     記事更新日 2020.11.24
【日本史】最低でもMarch以上には絶対に合格したい人が準備すべきおすすめ...
【日本史】最低でもMarch以上には絶対に合格したい人が準備すべきおすすめの参考書
こんにちは、どいまんです。 第一志望がMarch(明治大学、青山学院...
こんにちは、どいまんです。 第一志望がMarch(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)、または早慶などの難関私大志望で、最低でもMarchには絶対に合格したい人...
どいまん     122 役に立った 
     記事更新日 2020.10.2
この中から選べば大丈夫。志望校別の日本史一問一答のおすすめを紹介します
この中から選べば大丈夫。志望校別の日本史一問一答のおすすめを紹介します
こんにちは、どいまんです。 大学受験で日本史を選択している人...
こんにちは、どいまんです。 大学受験で日本史を選択している人にとって、避けては通れない一問一答。 早慶上智やMARCHやセンターレベル、国公立二次で必要になります。...
どいまん     163 役に立った 
     記事更新日 2020.10.2