模試世界史偏差値75の俺が世界史の勉強法教えるンゴwww ②

こんにちは、メンターのたまです。今回も世界史の勉強法について書いていきます。 前回は、世界史の全体的な勉強法、問題を解くことが、自分で授業をできるようになるためには必要ということを書きました。

問題を解き終わったあとのインプット

世界史の流れをつかむこと。流れに使えるのは「キーワード」です。 19cから発展していた社会史の観点から、近代世界史をとらえると、歴史を動かすのは、‘民衆’なので、民衆の背景から、キーワードを読み取ることができます。
民衆の背景例題はフランス革命にしましょう。

フランス革命(1789 いなばくん というごろで覚えていました(笑))が起こる前の背景として、アメリカ独立戦争、啓蒙主義・重農主義の流行という3つのイベントがまずあります。 独立宣言には「生命、自由、幸福追求の権利・・・」と書いてあり、啓蒙主義は、権利・制度・思想・週刊の合理的批判(=しがらみからの解放)、重農主義は経済の自由を訴える主張でした。 この3つから読み取れる「自由」というキーワードを頭に入れておきましょう。
また、フランス革命がおきた大きな理由の、アンシャンレジーム矛盾も、「自由・平等」といったキーワードに集約できます。 第1,2、第3身分という不平等さはもちろん、第3身分の中でも不平等があり、富裕なブルジョワジーと地代・税に苦しむ農民が一緒の扱いになっていたということです。 こういう制限から、解放されたい!という「自由・平等」を希求したということでした。
このキーワードを抑えて、フランス革命下の出来事、封建的特権の廃止、人権宣言、共和主義の台頭、8月10日事件(=王権の停止)、第一共和政、はたまた、ギロチンによる死刑も、封建地代の無償廃止、は民衆たちの制限を解放しよう!という考えのもとに行われているものです、ギロチンに関しては、1793年にルイ16世が、ギロチンで処刑されたように、一般大衆と同じ処刑方法で、王が処刑されたということが、ポイントで、いわゆる「死刑の民主化」なんて言われています。
ナポレオンが登場すると、帝政になってしまうので、帝らしくやりたい放題がキーワードのようになっていくのですが(笑)、このキーワードをイベントと照らし合わせえると、流れを抑えやすいのではないでしょうか?
また、流れ抑える際に、気を付けてほしいことは、事件のおきた順序、年号をしっかり覚えておきましょう。これらは、流れを思い出すヒントになるので!!たとえばピットが開いた対仏大同盟は何年に、ピットが何回開いたのか、という風に整理しましょう。これが、特に上智大学の試験にでる(笑)そして、最後にインプットがインプットしきれているのか、それの確認、つまりはアウトプットをする必要があります!ここで問題を解いてもいいのですが、それ以外の方法として、「自分で自分にそれを教えてみる」 これは書かない筆記試験みたいなものです(笑)。もちろんノートや、教科者を見ながらやってもおkです。15分くらいでやりましょう。見ながらでも、自分の頭の中で、どう説明しようと考えながらはできるので、十分流れを確認できますね。

 

というわけで、今回は、フランス革命を例に、キーワードから、流れを読み取る勉強法を紹介してみました。 早稲田に合格するイメージ全開でがんばりましょう!

36人の 役に立った


世界史

一橋世界史の過去問を徹底的研究し、合格した僕が教える一橋世界史の勉強法
一橋世界史の過去問を徹底的研究し、合格した僕が教える一橋世界史の勉強法
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は一橋世界史の勉強法、対策法について説明していきます。 ...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は一橋世界史の勉強法、対策法について説明していきます。 僕は日本史選択だったので、今回は一橋に在校している友人に一橋世界史の勉強法を聞いてきました。 一橋志望の受験生はぜひ、参考にしてみてください! ◇目次◇ 1. 一橋大学世界...
 イクスタ編集部     56740 View      119 役に立った 
     記事更新日 2019.7.31
模試世界史偏差値75の俺が世界史の勉強法教えるンゴwww③ 参考書おしえ...
模試世界史偏差値75の俺が世界史の勉強法教えるンゴwww③ 参考書おしえるやで~
こんにちは、今回は参考書について書いていきます。ほとんどの参考書がシリーズでまとまっていますから、自分...
こんにちは、今回は参考書について書いていきます。ほとんどの参考書がシリーズでまとまっていますから、自分がやりやすいなと思った参考書を使いましょう。 僕が早稲田にうかったのは、この本のおかげ! ①    詳説世界史B 山川出版 教科書です。あたりまえですが、教科書から試験が作られています。とくにセ...
 たまさん     15327 View      60 役に立った 
     記事更新日 2019.7.11
【世界史】一点でも多く!センター9割を取った僕の解答法のコツ!
【世界史】一点でも多く!センター9割を取った僕の解答法のコツ!
センター世界史は、試験一発目です。朝いちばんに受ける試験です。ここでの出来が、後の国語、英語の試験への...
センター世界史は、試験一発目です。朝いちばんに受ける試験です。ここでの出来が、後の国語、英語の試験へのモチベーションに関わってきます。 僕はこの方法でセンター世界史は9割の解答率維持でき、本番でも94点を取れました。本当は満点を目指していたのですが… 試験とは一点で合格・不合格が決まってしまう世界で...
 たまさん     162711 View      145 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     90636 View      223 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田国際教養ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田国際教養ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生が徹底解説します!   ...
 しゅーへい     88954 View      296 役に立った 
     記事更新日 2019.7.11
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、...
こんにちは。一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にしてくださいね! ...
 イクスタ編集部     179405 View      142 役に立った 
     記事更新日 2019.7.25
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回今回紹介する勉強法で成績をセンター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっと...
 エース     26285 View      70 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     44134 View      108 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30