【模試復習法】二度と同じ問題で迷わないために!

模試は復習が大事!ってよく聞きますよね。でも、わかっていてもだいたい手を抜きがちな模試の復習…。今回は中途半端な復習の恐怖と、具体的な復習法について写真付きで解説していきましょう。

本当にあった怖い話

私は高校3年生、受験生の時、センター模試や記述模試などたくさんの模試を受けていました。少なくとも月に1回、多くて3回受けた月もありました。第一志望校が国立大学でセンターの比重が大きかったため、特にセンター模試には力を入れて、気合いを入れて受けていました。

試験中は、「よし、この問題はこないだやったから確実にわかるぞ」「あー…これ日本史の教科書のあのあたりに書いてあったけど…たぶんこっちで合ってるかな」「この用法のときは〜ingの形になるんだよな…たぶん」など頭をひねって一問でも多く正解を出そうと必死。センター模試はマーク式なので、二択にまでは絞れるけどそこから悩む、なんてことはたくさんありました。

試験が終わり、自己採点。思ったより悪くない!むしろ上出来?まだ時間はあるからここからもっとがんばろう!なんて思いながら、間違えたところも少ないしさっと復習をして、もしくは逆に間違えたところが多すぎて教科書に戻っておさらいてから、いつもの勉強に戻ります。

こんな感じで次の模試も受けて…と、すごしていました。

受験生の秋、同じように模試を受けていると、

「あれ、この問題あの予備校のこないだの模試で迷ったな…結局どっちだっけ」

あー、こないだの模試と同じパターンの問題じゃん!…どうやって解いたっけ。というか結局解答さらっと読んだだけだったな」

などと、あのときの模試の問題結局どっちだっけ現象が発生。一度みたことのある問題なだけに、わからないと焦り倍増これが1回の模試で1度しか起こり得ないと思ったら大間違いで、こういったことって重なるんですね(笑)たとえば日本史の試験で、あのときの模試の問題結局どっちだっけ現象が3回起こったとして、1問3点×3問で9点失点しっかりと復習していれば本来85点だったはずの試験も、復習をあいまいにした結果76点になってしまうんです。これが3教科になるとおよそ30点5教科になるとおよそ40点ライバルとの差がこんなにも開いてしまうんです。ああ恐ろしい恐ろしい。

模試の復習方法

実際に点数として考えてみるとぞっとしますよね。模試の復習、ちょっとやりたくなりますよね。

センター模試を復習するメリットとしては大きくわけて、①問題が各予備校がセンター試験を分析し、より本番の傾向に近い(=同じ問題が出題される可能性が高い)ものになっていること、②教科書まるまる一冊復習するのは大変だけど模試は問題数に限りがあるので復習しやすいこと、の2点だと思います。

また、復習のポイントとしては、まだ試験中の記憶のある当日や翌日、長くても1週間以内にやることです。迷った記憶があるほうが、自分の弱点がわかるので復習もしやすくなります。

それでは具体的な復習法です。いくつかの方法をあげるので、自分にあう部分を参考に、自分なりの復習法を確立してください。

*問題冊子に書き込む*

解いた問題をそのまま利用します。特に、社会科目にかなり使える方法ですので、社会科バージョンの説明をします。

まず、問題用紙の選択肢に正解をすべてマーク、印をつけます。そして、正しくない選択肢はどこが正しくないのかをその選択肢に直接訂正をかきこみます。そして、ひたすらそれを読み返すのです。そうすると、間違いの選択肢はどういうひねり方をしているかなんとなくわかってくるのです。特にセンター試験の選択肢は同じようなものが繰り返し使われるので、選択肢を繰り返し読むことは本番でも十分活きてくる勉強法だと思います。

書き込みをした問題用紙は模試を受けるたびに科目ごとにまとめて、毎日でも週に一度でも目を通しましょう。

*教科書、参考書に書き込む*

私がいちばんよくやっていたのがこの方法です。なぜ教科書に書き込むのかというと、必要な情報が集まっている一冊に自分がまちがえたところや迷ったところをひとこと添えて、情報をひとつにまとめることができるからです。間違えたところをチェックするというよりは、どのように間違えたかを書き込みます。歴史であれば、間違えたところの出来事の流れを簡単に書き込んだりして、一目でどこを間違えたか、正しくはどうなのかがわかるようにしていました。

たとえば

日本史の教科書

のように、出来事の流れのほか、試験中にわからなかった用語の簡単な解説もかいていました。

日本史の教科書は入試問題においてとても重要です!日本史の教科書の重要性について説明している記事を紹介します!

また、

現社の勉強法

こんなふうに、参考書の白紙ページに間違えた選択肢などを丸写しなどもしていました。これで、正しいかつ受験に必要な情報+その科目の自分の情報が一冊にまとまるわけです。

 

*ノートにまとめる*

これは、過去問演習などをはじめると多くみかけるものですね。ノートにコピーした問題を貼り、それにどんどん情報を書き込んでいきます。
たとえば、

・英文に出てきた単語にマーカーを引いて、派生語を書いたり、SVOC、日本語訳などを書く。

・歴史では関連事項や簡単な人物の相関図などをまとめる。

などです。

ただ、これは時間に余裕のある学年のみなさんにおすすめします。私も受験生時代にやってみたのですが、個人的には、問題をコピーし、ノートに貼るサイズに切り、貼り、書き込み…作業にとても時間がかかって、かなり時間のロスになってしまったのであまりおすすめはしません…。器用な人は上手くこなせるかもしれません!笑 また、特に女の子はノートのレイアウトなどにこだわりすぎないのも注意ですよ!(私がそのパターンでした)

模試の復習としてノートを作るのもいいですが普段の勉強でもノートを作ることで勉強の効率はグッと上がります!そんなノートの作り方について述べている記事があるので参考にしてください!

まとめ

とにかくなにが言いたいかというと、あのときの模試の問題結局どっちだっけ現象は非常にもったいないということです。せっかく頭をフル回転させて解いた模試、ぜひ武器にしてほしいです。

また、模試の復習方法を確立しておくことは、今後大学の過去問演習をするときに大いに役立ちます。模試の復習、やっぱり大事なんですね。

79人の 役に立った


時期別対策

センター対策と二次試験の過去問を始める時期はいつ?時期別スケジュール
センター対策と二次試験の過去問を始める時期はいつ?時期別スケジュール
こんにちは、エースです。 今回はセンターの過去問を解き始める時期、二次対策を始める時期、基礎を固...
こんにちは、エースです。 今回はセンターの過去問を解き始める時期、二次対策を始める時期、基礎を固める時期など、大学受験における全体の概観とスケジュールをご紹介します。 受験本番から逆算をして考え、どの時期にどういった勉強をしていけばいいのかを示していきます。 ● 受験直前~本番(12月~2月)...
 エース     109525 View      209 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
高2の3月までで勝負がついている!?難関国立早慶合格を目指す人への指南書(...
高2の3月までで勝負がついている!?難関国立早慶合格を目指す人への指南書(2,3月編)
みなさんこんにちは。2016年度ももう1カ月が経ち、私立入試真っ只中ですね。 この記事は、どうし...
みなさんこんにちは。2016年度ももう1カ月が経ち、私立入試真っ只中ですね。 この記事は、どうしても難関国立や早慶に行きたい覚悟のある人だけ読んでください。 さて、「まあまだ来年のことだから大丈夫。」と思っている高校2年生のみなさん。 その気持ちまずいですね。 なんでまずいかって。それは...
 エース     56856 View      105 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
センター試験まで●●日!センター試験対策と二次対策の正しい切り替え時期とは?
センター試験まで●●日!センター試験対策と二次対策の正しい切り替え時期とは?
みなさんこんにちは。いよいよ2016年度のセンター試験が近づいてきましたね。 ここから一気にラス...
みなさんこんにちは。いよいよ2016年度のセンター試験が近づいてきましたね。 ここから一気にラストスパート、、、と行きたいところですが、「そのあと2週間後には私立入試や国立の二次試験が始まっちゃう、、、」そんな不安なみなさんもいるかと思います。 それでは、合格を見事に勝ち取った先輩は、どうやってバラ...
 エース     9118 View      42 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     97527 View      236 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生の私、しゅーへいが徹底解説します!...
 しゅーへい     112625 View      301 役に立った 
     記事更新日 2019.9.10
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせな...
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にして...
 イクスタ編集部     223020 View      144 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回紹介する勉強法で日本史センター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっとおけ...
 エース     31075 View      71 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     48988 View      111 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30