早稲田生が語る「システム英単語」を使った英単語勉強法

システム英単語の難易度

基本的な英単語はもうばっちり!あとは入試にでる単語を覚えるだけ! というそこのアナタ‼お勧めの参考書がありますよ! 僕が早稲田を受かった英単語帳の1つ、システム英単語 (駿台受験シリーズ)をご紹介します。

1.試験にそのまま出る形で覚える「システム英単語」 

システム英単語の使い方

シス単には、すべての単語に「ミニマルフレーズ」というコロケーションが付いています。単語と単語のコンビネーションです。そのコンビネーションの中での使われている意味のまま試験にでてくるのです! 

例えば…enforece という動詞の単語がありますが、意味は
  ①法律などを施行する ②~を強制する の二つがあります。
ミニマルフレーズでは、 enforece the new law 新しい法律を施行する  

という形で乗っており、多義語でも出やすい意味で覚えさせてくれるようになっています。システム英単語特有のミニマルフレーズのいいところは、enforeceという単語を、the new lawという3つの単語と一気に覚えさせるために、記憶のひっかかりを増やしてくれるのです。おかげで、「法律を施行する」という意味がすんなりと暗記できるでしょう。 

単語を覚える際には音読が一番効率的な方法ですが、その音読がしやすいように、意味があり実際に試験に出る「生きている英語」でシステム英単語を使って音読できることは非常に意味があることと言えます。

音読の効果を説明している記事があるので音読の勉強法について知りたい人は以下の記事を読みましょう!

2.システム英単語はどのレベルの受験生にも合う英単語帳

システム英単語は以下の5章から作られています。
第1章 Basic Stage  (1~600)
第2章 Essential Stage (601~1200)
第3章 Advantage Stage  (1201~1685)
第4章 Final Stage  (1686~2021)
第5章 多義語のBrush up

と2000語および関連語が含まれているボリュームのある単語帳です。ページ数も300p超! 

1章から4章に向かうにつれ単語の難易度が上がってきます、ようは難関大学ほど4章も分かっててほしい単語が英文にでてくることとなります。 一方、第2章の1200個の英単語を完璧に覚えておけばセンターレベルの英文は怖くないですよ★
 

MARCH・早稲田慶応上智を目指すなら Advantage Stageをやりこめ!

1201番から始まるアドバンテージステージは、難関大を目指す受験生なら知っておきたい単語ばかりです。早稲田なら覚えておかないとちょっとお話しにならないかもっていうレベルの単語ですので、ここをおさえてしまえば難関大攻略に必要な語彙力を攻略することができます。

これくらいの難易度の単語は、なかなか目にする機会のない単語だったりするので、覚えるのにやや苦労するかもしれません。よく出るくせになかなか覚えにくいというジレンマがあるわけです。

例えば acuteという単語がありますが、cuteがあるものだから、容姿を形容する単語なのかな?と思ってしまいます。が、しかし、これは全然かわいくない単語なんです。以下、システム英単語の中の実際のページをみてみてください。

システム英単語を実際にどうやって成績アップにつなげるか

意味は「深刻な」というものがひとつあるわけですが、僕はこの単語を何度も忘れていたので、黄色・赤・青で殴り書きして覚えたのを今でも忘れていません笑 わからないからこそ、英単語は無理やり覚えようとしていはいけません。

無理やり覚えるのはアルファベットという記号を覚えているにすぎません。この「かわいくない」単語をより覚えるためには先ほどのミニマルフレーズのように、the acute problem などとフレーズで意味のある塊で覚えましょう

我々が覚えているものは言葉ですから、意味のあるもので覚えないとダメです。上のstiff凝ったという単語は stiff neck肩こり (首のくせに肩こり)などと実際のイメージも使いながらやれば、簡単に覚えられますよ!(^▽^)/

また、システム英単語に限らず、英単語は何周もしたほうがよく覚えられるとよく聞きます。それには心理的な理由があります!その心理的な理由について他の記事で説明しているので、参考にしてみてください!

3.極みを目指すものへ システム英単語の僕なりの使い方 

とはいえ、「こんな単語ホンマに出るんかい!!!!」なんていう単語も載ったりしています。

システム英単語の最後のほうの単語に、tumor 腫瘍 という単語がでてきますが、文系の僕には覚えるの必要のない単語かのように見えました。が実は、実際の入試問題で僕はこのtumorを英文にて発見しました…!医療系の文章ではなくエッセイだったかと思いますが、この単語を見つけたときには思わず、「シス単すげぇ…」の一言のみしか出ませんでした。

シス単をより使うために僕がおすすめしたい方法は、新しく覚えるための単語帳ではなく、その単語を知っているか?をチェックするための単語帳でした。

自分の語彙力には自信があったので、知らない単語だけを覚えようという心意気で勉強していました。なにせシス単は試験出る単語が試験に出る意味で書いてあるのですから、そこを思い切り利用していたというわけでした。

正直なところいうと単語の羅列帳、ただ書いてあるだけ、という感想も僕は現役時に持っていたこともありますが、実際に試験に出る形がそのまま単語帳に乗っているのを確認したらそんなことは思わなくなりました。もちろん人の好みもあります。 

難関大学は単語が難しいのもそうですが、その単語が解答に絡んでいきます。その単語を知らずして正解、はたまた合格というのものが難しくなってしまうとするならば、分からない単語を覚えていくしかありません。そんなときシステム英単語はきっと力になってくれるはずです。

この記事を読んだ受験生におすすめしたい記事

大学受験用の英単語超は「システム英単語」以外にもたくさんあります。他の英単語帳について知りたい!という受験生がいたら以下の記事を参考にしてみましょう!

合わせて読みたい
英単語マトリクス
イクスタスタッフが作成した、大学受験で使って欲しい英単語・英熟語の参考書一覧 イクスタで記事を作成している英単語・英熟語の参考書を一覧に整理しました。おすすめの参考書が揃っているのでぜひ活用してください。
95人の 役に立った


英語

【共通テスト英語】7割8割9割ごとの対策法と各大問の勉強法など完全まとめ
【共通テスト英語】7割8割9割ごとの対策法と各大問の勉強法など完全まとめ
こんにちは。一橋大学経済学部の笠原です。いよいよ共通テストの直前となりまし...
こんにちは。一橋大学経済学部の笠原です。いよいよ共通テストの直前となりましたね。ここから少しでも得点できるようなノウハウをお伝えしてきますよ。ぜひじっくり読み込んで本番を迎えてください...
イクスタ編集部     125 役に立った 
     記事更新日 2020.11.24
1問で6点分!共通テスト英語の長文問題で安定して得点するためのコツ&amp...
1問で6点分!共通テスト英語の長文問題で安定して得点するためのコツ&勉強法
この記事はセンター試験対策を元に作成していますが、センター試験と共通テスト...
この記事はセンター試験対策を元に作成していますが、センター試験と共通テストで受験生に求められる勉強内容はほぼ変わらないため共通テスト対策の方法として参考にしてください。 新た...
イクスタ編集部     157 役に立った 
     記事更新日 2020.11.24
英語の基礎ってどこまで?センターレベルで測定する今の実力と成績別の勉強法
英語の基礎ってどこまで?センターレベルで測定する今の実力と成績別の勉強法
早稲田大学国際教養学部のしゅーへいです。私は帰国子女ではありませんが、英語を非常に...
早稲田大学国際教養学部のしゅーへいです。私は帰国子女ではありませんが、英語を非常に得意にして英語がとても難しい大学に合格することができました。 今回は、英語の成績の伸ばしたいと考えている...
しゅーへい     78 役に立った 
     記事更新日 2020.11.23
単語力と速読力を同時にググッと伸ばす、速読英単語必修編のズルい使い方
単語力と速読力を同時にググッと伸ばす、速読英単語必修編のズルい使い方
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回は速読英単語について特徴や使い方な...
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回は速読英単語について特徴や使い方など詳しく述べていきたいと思います。 実際に参考書を使用した経験のある人に聞いたので、速読英単語を買おうか迷っ...
イクスタ編集部     156 役に立った 
     記事更新日 2020.10.2
一橋大学の英語の過去問を徹底分析し合格した僕が教える、おすすめ参考書と勉強法
一橋大学の英語の過去問を徹底分析し合格した僕が教える、おすすめ参考書と勉強法
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は一橋を受験する上で最も大切...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は一橋を受験する上で最も大切な科目「英語」の対策法について説明していきます。 一橋英語の配点や難易度、過去問の使い方、おすすめの参考...
笠原秀一     174 役に立った 
     記事更新日 2020.10.2