生物の成績をしっかり伸ばしたければ生物基礎問題精講で万全な演習を繰り返せ!

こんにちは。一橋大学の笠原です。
今回は生物基礎問題精講という参考書についてその特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。
※実際に「生物基礎問題精講」を使っていた元受験生にインタービューをした情報をまとめています。


生物の勉強法や参考書についてさらに詳しく知りたい受験生はこちらもおすすめです!
👉 国公立と難関私大に合格するために必要な生物の勉強法とおすすめ参考書

◇目次◇

「生物基礎問題精講」の基礎情報

生物基礎問題講 生物の参考書

・出版社
旺文社
・値段
1,188円
難易度
★★☆☆☆~★★★☆☆

生物基礎問題精講とは?

生物基礎問題精講は生物受験界で有名な大森徹さんが著した本で、問題精講シリーズの一つです。
生物では他に生物入門問題精講や生物標準問題精講がありますが、生物基礎問題精講は主にセンター試験レベルから二次試験へのとっかかりに最適な本です。

基礎と銘打ってはありますが、内容は非常に濃いものとなっているので初心者の方には生物入門問題精講をおすすめします。

「生物基礎問題精講」のレベル

文系にも理系にもおすすめできるレベルの参考書

生物基礎問題精講は文系、理系ともに二次試験や一般入試で生物を使うのであれば志望大学レベルに問わずオススメです!
センター試験対策にも使えますが、中にはセンターレベルを大きく超える内容のものもあるので、センター対策のみの場合には必修基礎問題を中心に解くといいですね。

センター試験で50点を取れたら始めよう!

生物基礎問題精講はセンター形式の模擬試験で生物が50点前後取れている人が取り組むと効果が高いと思います。それ未満の受験生は内容を理解するのに時間を取られて過ぎてしまうので、もう少し優しい参考書などである程度力をつけてから取り掛かり始めるのがよいでしょう。

高校生物の基礎を勉強したい受験生におすすめの参考書

まだセンターで50点取れていない基礎固めが必要な人におすすめしたい参考書を紹介します。

生物入門問題精講

生物入門問題精講

生物基礎問題精講の姉妹書で、より簡単な問題が載っている参考書です。生物を一から勉強し直したい受験生やまだ生物の勉強したての高1,2生におすすめできます!

「生物基礎問題精講」の特徴

続いて、生物基礎問題精講の詳しい特徴について述べていきたいと思います。

良質な問題と詳しい解説

生物基礎問題精講の特徴は選び抜かれた良質な入試問題と、詳しい解説です。一つ一つの問題が着実に受験生の力になるように精選されており、その解説もとことんわかりやすさを追求した内容となっています。

問題→精講→解説といった構成になっており、精講では問題の関連事項の解説が事細やかにまとめられているのですが、生物基礎問題精講の名を表す通り、精講部分の解説が非常に大です!

精講部分を何度でも読み返して確実に自分のものにしましょう。また、問題を解く鍵になる部分が「Point」として纏められていて、大事なところが一目でわかるようになっています。

全10章で73問の問題が載っている!

この参考書は大まかな区分として全10章で構成され、問題は必修基礎問題と実践基礎問題に分かれています。必修基礎問題は全73題で、入試における頻出問題が集められています。

対して実践基礎問題は全25題あり、必修基礎問題でカバーしきれなかった範囲や少し手ごたえのある問題が収録されています。

更に章末には重要類題として演習問題があります。
主に東大といった難関大学の問題が引用されていますが、決して太刀打ちできない訳でありません。どれも良問なので余裕がある方はぜひ解いてみてください!

「生物基礎問題精講」の使い方や勉強法

生物基礎問題精講の使い方

次に生物基礎問題精講の使い方や勉強法を述べていこうと思います。

生物基礎問題精講の進め方

まず、生物を勉強するのが初めてという人は、基礎問題精講から進めても構わないのですが、内容を理解するのに時間が掛かってしまうかもしれません。

入門問題精講など、優しい参考書から始めましょう。生物が少し苦手で点数が取れない…という場合は必修基礎問題だけを繰り返し解きましょう。

試験の大半は基礎問題です。そのためまず基礎問題を完璧にするとそれだけでグッと点数が伸びること間違いなしです!余裕が出てきたら実践基礎問題にも取り組みましょう。

じゃあ、難関大学を目指す人は?と言いますと、やはり必修基礎問題を繰り返し解くべきです。特に難関大学では基礎問題を落とすのは命取りになります。生物基礎問題精講で確実に「基礎」を固めましょう!

ノートは取ったほうがいい?

基本的には取らなくてもいいです。しかし、試験では時に図示問題が出題されます。そのためテキスト中に図が出てきたら何度も書いて構造をしっかり把握しましょう!

資料集と併用すると効果的!

生物は知識量が物を言う教科です。そのため、暗記の仕方を工夫してライバルと差をつけたいところ。生物基礎問題精講と資料集を併用することで写真や図と結びつけて覚えること出来、単に覚えるよりもずっと記憶に定着しやすくなります!

ここで注意ですが、あくまでも資料集はお供として使ってください。資料集には試験にはほとんど出ないような細かい知識も載っています。「出るかもしれないなら覚えたほうが…」という気持ちもわかりますが、余分な知識はスパッと切り捨てる大胆さも受験では大事です。

生物基礎問題精講は何周すべき?

これは他の参考書でも同じことですが、できれば3周、時間がなくても2周は必ずしてください。受験勉強において一番大事なのは「復習」です。たくさんの知識を詰め込んでも本番で出てこなければ何の意味もありません。得た知識は確実にアウトプット出来るように、何度でも復習しましょう!

いつ頃から始めるべき?また、いつまでに終わらせるべき?

早く始めるに越したことはありませんが受験学年の夏には、遅くとも秋までには着手しましょう。冬はセンター対策に追われることになります。それまでには終わらせておきたいですね!

「生物基礎問題精講」が終わったら使いたい参考書

最後に生物基礎問題精講をある程度終わらせた人におすすめしたい参考書を紹介します!

生物標準問題精講

生物標準問題精講

生物基礎問題精講の姉妹書。難関大学を目指す人にオススメです!主に難関大学で合否を分けるような標準からやや難レベルの問題で構成されています。

実践 生物重要問題集

生物の重要問題集

問題のレベルでA問題B問題と分けられているため用途に合った使い方が出来ます。生物基礎問題精講よりは難しい問題が載っているので二次対策の参考書としておすすめです。

生物重要問題集についてもっと詳しく特徴や使い方を知りたい受験生は以下の記事を参考にしてみてください。

厳選された良問で難関大対策!生物選択者なら「生物重要問題集」で演習を繰り返そう

まとめ

生物基礎問題精講について述べてきましたが、いかがでしたでしょうか?

参考書選びはとても大切です。しっかりと情報を集めて自分に合った参考書を見つけて成績をのばしてくださいね!

 

 

 

*この記事は生物参考書特集の記事です*

生物参考書特集では生物を勉強する上でおすすめしたい参考書をいくつか紹介しています。

生物参考書特集の詳細はこちら >

101人の 役に立った


生物

【生物】国公立と難関私大に合格するために必要な生物の勉強法とおすすめ参考書
【生物】国公立と難関私大に合格するために必要な生物の勉強法とおすすめ参考書
こんにちは、みーたです! 国公立大学、難関私立大学受験に向けた生物の勉強法や参考書をご紹...
こんにちは、みーたです! 国公立大学、難関私立大学受験に向けた生物の勉強法や参考書をご紹介してきます。 おそらく生物を使って受験する方の多くは、農学部系統や薬学部や医療系、環境系の学部学科を志望している受験生が多いと思います。 生物は、化学や物理に比べると大学受験の受験科目として使う人...
 イクスタ編集部     107667 View      86 役に立った 
     記事更新日 2019.7.31
厳選された良問で難関大対策!生物選択者なら「生物重要問題集」で演習を繰り返そう
厳選された良問で難関大対策!生物選択者なら「生物重要問題集」で演習を繰り返そう
こんにちは!一橋大学の笠原です。 今回は実戦 生物重要問題集 生物基礎・生物という参考書について特徴...
こんにちは!一橋大学の笠原です。 今回は実戦 生物重要問題集 生物基礎・生物という参考書について特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。 ※実際に「実戦 生物重要問題集 生物基礎・生物」を使った人にインタービューをして、情報をまとめました。 生物の勉強法や参考書についてさらに詳しく知りた...
 イクスタ編集部     22386 View      95 役に立った 
     記事更新日 2019.7.25
センター生物で9割を目指すための問題集とその活用法
センター生物で9割を目指すための問題集とその活用法
こんにちは!みーたです! センター試験で生物を使うけど、生物の問題集は何を使えばいいのか分からな...
こんにちは!みーたです! センター試験で生物を使うけど、生物の問題集は何を使えばいいのか分からない!そんなみなさんにかなりおすすめの問題集を紹介します! 本屋さんに行ってもたくさんの問題集や参考書があり、「どれを選べばいいのかわからない!」と思っている人は少なくないはずです。生物の成績を上げるために参考...
 みーた     20841 View      67 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     90636 View      223 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田国際教養ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田国際教養ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生が徹底解説します!   ...
 しゅーへい     88954 View      296 役に立った 
     記事更新日 2019.7.11
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、...
こんにちは。一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にしてくださいね! ...
 イクスタ編集部     179405 View      142 役に立った 
     記事更新日 2019.7.25
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回今回紹介する勉強法で成績をセンター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっと...
 エース     26285 View      70 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     44134 View      108 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30