共通テスト数学過去問のおすすめ問題集や使い方をマスターして本番で1点でも多く!

この記事はセンター試験対策を元に作成していますが、センター試験と共通テストで受験生に求められる勉強内容はほぼ変わらないため共通テスト対策の方法として参考にしてください。

新たに共通テストに求められるのは「思考力」です。この思考力を鍛えるためには「なぜ」を繰り返すことが必要です。思考力や考える力の鍛え方について深く説明している記事も参考にしてください。
> 共通テストとセンターの違いを明確に理解して高得点できるようになるたった一つの勉強法

こんにちは。一橋大学の笠原です。

今回は意外と受験生でも意外と知らない共通テスト数学の過去問のことについて解説していきますよ!

共通テスト数学を対策する上で過去問の演習はとっても重要です。共通テスト数学で1点でも多く点数を取るためには過去問演習は欠かせません!

そんな共通テスト数学の過去問演習を行う際のおすすめ問題集や、2019年までのセンター過去問を使った勉強法などを教えていきますよ!共通テストはセンターより各分野でより本質的な理解が求められますが、受験生がやるべき対策はほとんど変わらないのでぜひこの記事を参考にしてください。

 


共通テスト数学が期待通りの点数にならずに苦戦している受験生の皆さん、残り少ない期間ですが、参考書に戻って1点でも多く点数を取れるように勉強してください!

> 【共通テスト数学】1か月で9割以上をとるための勉強法と問題の解き方- 一橋生が伝授☆

> 【共通テスト数学】大の苦手だった数学を8割まで導いてくれた参考書の使い方


◇目次◇

センター数学の過去問演習をする上でおすすめの問題集

センター数学の過去問を勉強するための出版物はたくさんあります。今回はおすすめの過去問演習用問題集を紹介します!センター試験の過去問、共通テストの実践問題集を活用してください!

赤本

センター試験の過去問といえばやっぱり赤本ですよね!センター数学用の赤本にはなんと25年間分もセンター数学の過去問が載っています。解説もきちんと付いていますよ!

赤本は王道のセンター過去問演習用の問題集で、今でもたくさんの受験生が使用しています。中古のものならブックオフなどで売っているので見つけたら安いうちに買っちゃいましょう!

黒本

赤本よりは収録年数は少ないですが、19年間分の過去問が載っている問題集です。河合塾が出版している問題集で、赤本や下記で紹介する青本とよく比較されます。

ほとんど赤本と変わらない内容ですが、赤本よりも解説が詳しく分かりやすいのが特徴です。

青本

駿台が出版しているセンター過去問の問題集。

赤本、黒本と比べると収録年数が少ないですが、二つの問題集に比べて解説が詳しいです。駿台の講師の方が解説を書いてくれているので、数学が苦手な受験生でも理解しやすいような解説になっています。

数学が苦手な受験生はぜひ青本を選びましょう。

共通テスト実践問題集(駿台出版)

上記の3つの問題集と違って、この問題集は過去に駿台の共通テスト模試で出題した問題を掲載しています。共通テスト数学の過去問だけではまだ演習量が足りない!という場合にはこの実戦問題集で演習量を確保しましょう。

また、過去問よりも解説が丁寧なのも数学が苦手のな受験生にはうれしいですね。ただし、駿台の共通テスト模試は例年本番よりも少し難しめなので、点数が悪かったからといって落ち込まないでくださいね。

> 共通テスト対策問題集 マーク式実戦問題編 数学I・A 2021 (大学入試完全対策シリーズ)

おすすめの問題集は青本!

この中で私が一番おすすめしたいのは青本です。

なぜかというと、数学の問題集は解説がとても重要だからです。解説が丁寧ではないと復習がしづらく、理解できないままになってしまう可能性があります。それは結局演習の意味がなくなってしまいます。

確かに収録年数も大切ではありますが、20年分や30年分も繰り返すよりは10年分をしっかり解いて、しっかり復習することの方が大切です。

共通テスト数学の出題形式

次に共通テスト数学の出題形式について説明していきます。

共通テスト数学は大問が6つあります。大問1,2が必須で解かなければいけない問題で、大問3,4,5の3つの中から残り2題を解くという形式になるはずです。

一般的には大問1,2,3,4を解く受験生が多いです。過去問演習をする中でどの大問を選択するかは決めておきましょう。本番で迷っていたらその迷う時間がもったいないです。

センター数学の過去問の使い方

続いて、センター過去問どうやって使っていけばいいか、効果的な使い方を説明していきます。各予備校から出版される実践問題集も同時に活用していきましょう!

最低でも5年、できれば10年やろう!

まず皆さんが思うこととして何年分やればいいの?という疑問です。

何年分勉強すれば、点数がこれだけ取れるという基準はありませんが、目安としては最低でも5年間分、しっかりと対策しなければならない場合には10年分やりましょう。

5年分やらないとセンター数学の形式に慣れることができません。他の科目に時間を取られて時間がない場合でも、数学IA、IIBともに最低でも5年間分は過去問を演習しましょう。そうすることで問題に慣れていないばかりに起きてしまうミスを最小限にとどめることができます。

センター数学の過去問は何周すればいいの?

次にセンター数学の過去問で同じ年度を何周すればいいのかをお答えします。

時間がない人は一周でも構いません。
しかし、時間がある人は2周した方が当然、共通テスト数学で高い点数が取れるようになります。復習は数学の勉強において一番大切な過程なので、できれば時間を作って2周目の過去問演習を行いましょう。

いつから始めればいいの?

余裕のある場合はは、夏から徐々に共通テスト数学の過去問演習・共通テスト実践問題集の演習を始めましょう。夏から始めておくと秋以降、共通テスト数学を対策する上でとても有利です。

夏の時点で共通テスト数学はどのくらい解くのに時間がかかり、どのくらい自分で点数が取れ、どこなら点数が取れるのかを知っておくことで共通テスト直前の対策する時期に対策プランが立てやすいです。
本格的にセンター数学の過去問・共通テスト実践問題集を解くのは11月からで大丈夫です。数学は二次対策が共通テスト対策をある程度兼ねています。11月にまず一度過去問を解き、自分の目標点との差を把握して、それからまた計画を立てましょう!

過去問・実践問題集は印刷して使おう

共通テスト数学を勉強するときには実際に紙に印刷して問題を解いてみましょう。

共通テスト数学の余白の使い方を学ぶためにも、しっかりと試験の時と同じサイズの問題用紙で試験を解くことが重要です。

共通テスト数学の問題用紙は計算スペースが少ないので、うまく計算スペースを考えて計算しないと計算スペースが後々なくなってしまいます。その練習をするためにも実際の試験のサイズで共通テスト数学を解くことは重要です。

センター数学の過去問の勉強法

続いてセンター数学の過去問を利用して勉強法を説明していきます。共通テストの実践問題集も同じものだと理解してください。

センター数学の勉強法で重要なこと

復習は入念に行おう

共通テスト数学を勉強する上で最も大切なのは復習です。復習することによって知識が定着します。

センター数学の過去問・共通テストの実践問題集を進める上で、問題を解いたら解説をしっかり読んで理解してください。共通テスト数学では答えしか問われませんが、自分の計算過程も解説と見比べてください。

どこで間違えたのかを知ることで、次回間違えることを防ぐことができます。共通テスト数学は問題文で問題を解く流れが指定されているので、自分の間違えた場所がよくわかります。その分復習もとてもしやすいです!間違えた問題は必ず復習をしてくださいね!

時間を計って過去問演習に取り組もう

共通テストは時間との戦いになります。共通テスト数学は特に時間配分が難しく、各大問に適切に時間を振り分けることが自分の実力を出し切る上でとても重要です。(センターでも厳しかったですが、共通テストではさらに厳しくなる予想です)

時間管理を過去問演習の段階で身に着けるためにも、しっかりと時間を計って過去問演習をして下さい。

ポイントは問題ごとに時間をチェックすることです。そうするとどの大問にどれだけ時間がかかるかがわかります。時間がかかってしまう問題があればその分野を重点的に勉強して対策を行います。

時間配分を過去問を使って学ぶ

時間を計って勉強することは時間配分の感覚を身に着けるということです。

過去問演習の中で、どの大問にどれだけ時間がかかるかを知り、本番でどの大問にどれだけ時間をかけるかを決めておきましょう。本番は緊張しているので、時間が普段よりも短く感じてしまいます

ついついもったいない時間の使い方をしてしまいがちです。そんなことにならないとためにも、過去問演習の段階で自分の中での時間配分を決めておきましょう。

しっかりセンター数学の過去問・共通テストの実践問題集を使って、本番で目標点が取れるように頑張りましょう!

過去問の使い方や勉強法以外にも、共通テスト数学を対策する上で知っておきたい勉強法や参考書の使い方を解説している記事があるので、共通テスト数学で高得点を目指す人は参考にしてみてください!

 

合わせて読みたい
共通テスト数学を勉強する女性
共通テスト数学特集!共通テスト数学を対策する上で読んでおきたい記事を紹介します 共通テスト数学の対策について様々な記事を紹介していきます。共通テスト数学で少しでも得点できるようなノウハウを現役の大学生が紹介します。

そのほか、数学の成績を上げるためのイクスタのノウハウを紹介します。

> 数学が伸びる気がしなくてヤバい受験生へ贈る、初心者が着実に伸ばす勉強法と参考書

> 【数学】独学の大学受験におすすめの数学の分野・レベル別参考書、問題集を一挙紹介!

128人の 役に立った
欠席率、途中解約率0%!
イクスタの創業者、土井による論理的・戦略的な受験計画と戦略の作成

本気で合格するためにはどの教材を、いつまでに、どれくらい終わらせる必要があるのかを志望校データや教材のレベル別に全ての教科で洗い出し、明確に予定を立てます。
過去問に入る時期や基礎完成の時期などいつ何をやればいいか、完全にコントロールできるようになる必要があります。

イクスタコーチ

> 論理的で抜け漏れのない受験計画の立て方が分かる イクスタコーチ


数学概論

青チャートを熟知する難関大学生が青チャートの特徴から効果的な使い方を伝授する
青チャートを熟知する難関大学生が青チャートの特徴から効果的な使い方を伝授する
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は青チャートについて青...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は青チャートについて青チャートの特徴から使い方まで紹介していきます。 僕は実際に青チャートを使用して勉強していたので、青チャートこ...
イクスタ編集部     170 役に立った 
     記事更新日 2021.6.9
イクスタスタッフが推奨するおすすめの数学の参考書とその解説記事一覧
イクスタスタッフが推奨するおすすめの数学の参考書とその解説記事一覧
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回はこれまでイクスタでご紹介してきた数学...
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回はこれまでイクスタでご紹介してきた数学の参考書をまとめてみました。 参考書選びに迷っている受験生の皆さんは必見です! 数学の参考書 緑...
イクスタ編集部     81 役に立った 
     記事更新日 2021.6.9
数学を独学で一から始めるなら!基礎から頑張る人のための白チャート
数学を独学で一から始めるなら!基礎から頑張る人のための白チャート
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は「白チャート」という参考書...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は「白チャート」という参考書について、「白チャート」の特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。 ※実際に「白チャート」を使った...
イクスタ編集部     130 役に立った 
     記事更新日 2021.6.9
【共通テスト数学】1か月で9割以上をとるための勉強法と問題の解き方- 一橋...
【共通テスト数学】1か月で9割以上をとるための勉強法と問題の解き方- 一橋生が伝授☆
今回は共通テスト数学の対策法を紹介していきます。共通テスト数学で高得点を狙...
今回は共通テスト数学の対策法を紹介していきます。共通テスト数学で高得点を狙う受験生には参考になるはずです。 この記事はセンター試験対策を元に作成していますが、センター試験...
イクスタ編集部     134 役に立った 
     記事更新日 2020.12.23
共通テストから国立二次標準レベルの数学で勝負するなら!黄チャートの特徴や使い方
共通テストから国立二次標準レベルの数学で勝負するなら!黄チャートの特徴や使い方
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は黄チャートという参考書...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は黄チャートという参考書について、黄チャートの特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。 ※実際に黄チャートを使った人にイン...
イクスタ編集部     117 役に立った 
     記事更新日 2020.12.9