定番のパターンを暗記することで攻略する文系数学の勉強法

数学の基本は暗記である。「自分が数学を苦手とするのは数学的センスが無いからだ」と思っている受験生は多いが、それは間違いだ。「公式と解法パターンを知らないこと」こそが、数学ができない最大の理由なのである。

文系学部の受験に求められる数学の範囲は、ⅠAⅡBである。どんな難関大であろうとも、この範囲の知識で解けない数学の問題は絶対に出題してこない。そして大学受験の問題は、ほとんどパターンが決まっており、その解法にも定番のパターンがある別に思考力や発想力などは重要でないのだ。

ⅠAⅡBの範囲の公式と、定番の解法パターンを暗記すれば、ほとんどの問題が解答可能となる。難関大学の問題には、最終的に特別な閃きが必要となる難問もあるが、そうした問題も途中までは基本的な解法パターンで解きすすめ、部分点を狙うことができる

難しいことを考えずに参考書に取り組もう

この公式と解法パターンは、ほとんどの数学の参考書で網羅されている。定番の参考書が一冊あれば、大学受験に必要な知識は全て知ることができる。後はそれをいかに身につけるかであるが、これはもう、とにかく問題を数多くこなすに限る。しかし何冊もの問題集は必要ない。参考書と別に、一冊の問題集を最初から最後まで全て解けば十分である

公式が網羅できる「青チャート」

青チャートは分野ごとで問題が分かれている参考書。分野ごとで分かれているだけでなく、例題ごとにその問題で使う公式が横に書かれているので、公式を問題と一緒に暗記してしまうことができる。問題量も多く、入試で出てくる公式はほぼ網羅しているので青チャートを一冊やれば十分である。

文系数学の参考書についてもっと詳しく知りたい人は以下の記事を参考してください。この記事では文系数学の参考書をただ紹介するだけでなく、その参考書の使い方や文系数学の参考書を選ぶ時の注意点などを説明しています。

数学は公式の暗記から

まずは公式を完璧に暗記しよう。文系数学の受験問題には、特定の公式を知っているかどうかだけを問う問題が非常に多い。大抵の数学の参考書には、全公式をまとめたページが載っているが、せいぜい4ページほどだ。社会や英単語に比べれば数学の公式の覚える量など微々たるものなのである。ほんの少しの暗記だけで、それなりの得点が期待できるのだ。

しかし、ただ記するのもつらい。そんなときは参考書の問題を解きながら暗記していくとスムーズに覚えられる。インプットしたつもりの公式でも、アウトプットする(問題を解く)時に思い出せないときが多い。最初は公式の暗記を一気にして、問題を解きながら覚えていない公式をチェックしていこう。

次に定番の解法パターンを覚えよう。受験における数学の勉強とは、この定番の解法パターンを身につけるためのものであると考えていい一冊の問題集を解きこなせば、おおよそ定番の解法パターンは知ることができる。あとは本番の時に「あ、このパターンの問題だな」と、直ぐに解法パターンを引き出せるように、繰り返し何度も問題を解くだけである。

とにかくたくさんの問題に触れて解法パターンに慣れる

分からない問題は直ぐに解答を見て構わない。一冊の問題集を進める上で、全ての問題を初見で解ければそれに越したことはないが、現実には解けない問題がいくつもあるだろう。そうした問題を前に何時間も頭をひねる必要はない。10分ほど考えて解法が思い浮かばないのであれば、さっさと解答を見てしまおう。そして解答方法をそっくり覚えてしまうのだ。

解答の論理パターン暗記する

解答方法を暗記するときは、ただ暗記するのでいけない。問題の解にたどり着くまでの論理パターンを暗記するのである。ただ問題の数式を暗記するだけなら、同じ解法パターンで解ける問題がとけない。なぜその解答方法で解までたどり着くのかを解説を読みながら考え、解答の数式を暗記することが大切である。

効率よく解法パターンを覚えよう

一つの問題を粘り強く考えることは、人間の本質的な思考力や発想力を鍛えるのに重要なことかもしれないが、時間が限られた受験勉強では、とにかく効率よく解法のパターンを覚えることの方が重要だ。それに解法のパターンをより多く身につければ、基本の解法を応用した難しい問題を解く際に「あ、このパターンの解法が使えるな」と、発想力も自ずと鍛えられるのである。

暗記で数学を得意科目に

数学は受験生を文系と理系に分ける最たる要因だ。数学が苦手だから文系を選択する受験生の数はとても多い。だからこそ、文系の中で数学を得意とすることは、大きなアドバンテージとなる。文系の受験生の君たちには、是非、数学を捨てずに武器にしてもらいたい。

この記事で紹介した記事

文系数学の参考書は一冊を大切に!数学が苦手な受験生におすすめの参考書2選

 


そのほか、数学の成績を上げるためのイクスタのノウハウを紹介します。

【センター数学】1か月で9割以上をとるための勉強法と問題の解き方- 一橋生が伝授☆

数学が伸びる気がしなくてヤバい受験生へ贈る、初心者が着実に伸ばす勉強法と参考書

【数学】独学の大学受験におすすめの数学の分野・レベル別参考書、問題集を一挙紹介!



*この記事は国公立スタートパック特集の記事です*

国公立スタートパック特集では国公立の勉強を始める人向けの記事をまとめています!

国公立スタートパック特集の詳細はこちら >

66人の 役に立った
欠席率、途中解約率0%!
イクスタの創業者、土井による論理的・戦略的な受験計画と戦略の作成

本気で合格するためにはどの教材を、いつまでに、どれくらい終わらせる必要があるのかを志望校データや教材のレベル別に全ての教科で洗い出し、明確に予定を立てます。
過去問に入る時期や基礎完成の時期などいつ何をやればいいか、完全にコントロールできるようになる必要があります。

イクスタコーチ

> 論理的で抜け漏れのない受験計画の立て方が分かる イクスタコーチ


数学概論

青チャートを熟知する難関大学生が青チャートの特徴から効果的な使い方を伝授する
青チャートを熟知する難関大学生が青チャートの特徴から効果的な使い方を伝授する
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は青チャートについて青...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は青チャートについて青チャートの特徴から使い方まで紹介していきます。 僕は実際に青チャートを使用して勉強していたので、青チャートこ...
イクスタ編集部     169 役に立った 
     記事更新日 2021.6.9
イクスタスタッフが推奨するおすすめの数学の参考書とその解説記事一覧
イクスタスタッフが推奨するおすすめの数学の参考書とその解説記事一覧
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回はこれまでイクスタでご紹介してきた数学...
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回はこれまでイクスタでご紹介してきた数学の参考書をまとめてみました。 参考書選びに迷っている受験生の皆さんは必見です! 数学の参考書 緑...
イクスタ編集部     81 役に立った 
     記事更新日 2021.6.9
数学を独学で一から始めるなら!基礎から頑張る人のための白チャート
数学を独学で一から始めるなら!基礎から頑張る人のための白チャート
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は「白チャート」という参考書...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は「白チャート」という参考書について、「白チャート」の特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。 ※実際に「白チャート」を使った...
イクスタ編集部     130 役に立った 
     記事更新日 2021.6.9
【共通テスト数学】1か月で9割以上をとるための勉強法と問題の解き方- 一橋...
【共通テスト数学】1か月で9割以上をとるための勉強法と問題の解き方- 一橋生が伝授☆
今回は共通テスト数学の対策法を紹介していきます。共通テスト数学で高得点を狙...
今回は共通テスト数学の対策法を紹介していきます。共通テスト数学で高得点を狙う受験生には参考になるはずです。 この記事はセンター試験対策を元に作成していますが、センター試験...
イクスタ編集部     132 役に立った 
     記事更新日 2020.12.23
共通テストから国立二次標準レベルの数学で勝負するなら!黄チャートの特徴や使い方
共通テストから国立二次標準レベルの数学で勝負するなら!黄チャートの特徴や使い方
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は黄チャートという参考書...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は黄チャートという参考書について、黄チャートの特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。 ※実際に黄チャートを使った人にイン...
イクスタ編集部     117 役に立った 
     記事更新日 2020.12.9