文系数学の参考書は一冊を大切に!数学が苦手な受験生におすすめの参考書2選

「数学が苦手だから…」

そんな気持ちで文系を選んだ人は多いのではないでしょうか?国公立文系を受験する人にとっては避けて通れない科目です。いくら苦手でも他の科目の足を引っ張らない程度は点数を取らなければいけません。しかし、国公立文系の二次試験に出てくる数学の問題は難しい問題ばかりです。一筋縄では解けません。公式だけでは解けない応用問題が数多く出題されます。

そんなとき重要になってくるのが参考書です!参考書は受験生にとって「お守り」として、受験にとって欠かせない存在です。参考書選びで数学の成績はかなり左右されるといっていいでしょう。

僕は今から紹介する参考書と出会ったおかげで急激に数学の成績が上がり、一橋大学に合格することができました。今回は数学が苦手な人でも、文系数学の問題で点数がとれるようになる参考書を紹介します!

ただ文系数学の参考書を紹介するだけでなく、その参考書の使い方も教えるので参考にしてください。

数学の参考書で大切なのは「頻出問題」と「解説」

いきなりおすすめされても「なぜこの参考書が良いの?」と疑問を抱くと思うので、まず「いい数学の参考書は何か?」を説明します。

文系数学でよく出てくる「頻出問題」が多く記載されている参考書

文系の二次数学の問題は理系と同じぐらいな難易度が高い問題が出題されるので、解くのも一苦労です。しかし、文系数学は難しいといっても「文系」なので頻繁に出題される「頻出問題」というものがあります。文系数学には問題が違うけれど、解き方が同じ問題が多くあります。この「頻出問題」を何回も繰り返し解くことが文系数学攻略のカギです。文系数学の「頻出問題」が網羅されている参考書が良い参考書の一つ目のポイントです。

解説がわかりやすくかつ詳細な参考書

しかし、文系数学には頻出する問題が数多く存在すると言っても、その問題自体は理解が難しいです。参考書によっては数式が大量に並んだ解説が書いてあり、理解しがたいものもあります。二つ目のいい数学の参考書のポイントは解説が分かりやすく見やすいことです。

1.問題の「頻出問題」が網羅されている

2.解説の分かりやすさ、見やすさ

この二つが質のいい文系数学の参考書のポイントです!今からこの二つのポイントが含まれた参考書を紹介します。

今回紹介するのは文系の二次数学対策に使える参考書ですが、二次で数学を受験する人はセンター試験も数学を使うと思います。そんな人のためにセンター試験対策で使える参考書を紹介します!

【センター数学】大の苦手だった数学を8割まで導いてくれた参考書、緑チャート

大学の過去問の中から厳選された問題が集まる良問プラチカ

文系数学の良問プラチカという参考書

良問プラチカの難易度 数学の参考書
Image via イクスタ

文系数学の良問プラチカ

良問プラチカは理系文系関わらず数学が受験科目の人は多くが愛用している鉄板の参考書です。僕もこの参考書は受験時代重宝しました。この参考書がなかったら一橋に受からなかったと思います。

そんな良問プラチカの特徴としては

・大学の過去問から厳選された頻出問題

・問題の5~10倍の量の解説

この二つが良問プラチカの特徴です。

大学の過去問から厳選された頻出問題

良問プラチカは大学の過去問の中から頻出問題だけを集めた文系数学の参考書です。正直、良問プラチカ一冊を完璧にすれば文系数学は乗り越えられます!

問題ごとにどの大学で出題されたかが書かれ、比較的簡単な頻出問題から難しい頻出問題まで網羅されています。また、複数の大学で出題されている有名な問題も数多く記載されています。問題も分野ごとで分かれているので自分の苦手な分野を徹底して勉強することもできます。この良問プラチカに載っている問題は条件反射で解法が思いつくぐらいの状態までもっていきましょう。そうすれば、ほとんどの文系数学の頻出問題は解けるようになります!

問題の5~10倍の量の解説

数学の参考書でありがちなのが解説のページが少なく数式が詰まっていている参考書です。数式が書いてあるだけで「解説」になってない参考書を使ったことある人は多くいると思います。

良問プラチカは正直難易度が高い問題が多いです。しかし、問題のページよりも解説のページの方が5~10倍ぐらい厚く、解説はとても丁寧で分かりやすいです。余白が多いので見やすく、数式1つ1つに解説があるので人に聞く必要がないくらい充実しています。

~使い方~

とりあえず3周はしましょう。 良問プラチカは質のいい問題だけが集まっているので正直、他の問題集をやる必要がないです。良問プラチカの問題をすべて解けるようになれば東大でも一橋でもどこの大学でも行けます!

しかし3周するとしても、がむしゃらに問題を解いて3周するのではいけません。1周目、2周目、3周目で問題の解き方を変えましょう!

1周目はどんどん解いていこう

一回目はすべての問題を解いていきましょう! 難しい問題が多いので時間はかかると思います。しかし、一問に2時間も3時間もかけるのは効率が悪いので時間を区切って解きましょう!目安は1問30分です。最初は解けない問題が多いと思いますがめげずにどんどん問題を解いていきましょう。

また、一日何問解くか決めて計画的に進めましょう!僕は1週するのに3か月かかりました!結構な時間かかったので、計画的に進めないとどんどん先延ばしになってしまいます。

1周目で重要なのはわからなかった問題にチェックつけることです。2周目、3周目でチェックした問題を解いていきます。

2周目は苦手レベルをチェックしよう

2周目は1周目でチェックをつけた問題を解きましょう! 2周目で重要なのはチェックがついた問題をするときに解けなかったら×マーク、30分以上かかって解けたら△マーク、30分以下で解けたらチェックを消すことでです(チェックのマークは自分で自由に決めましょう!) 。こうすることで自分の苦手な問題の「苦手レベル」が浮き彫りになります。

解けなかった問題はもちろんもう一度解く必要がありますが、一度解いたのにも関わらず30分以上かかった問題はまだ解法が体に染みついてない証拠です。その問題はそのままにしておくと、恐らく入試で同じ問題が出てきたときに解けません。30分以上かかった問題は確実に解けるようになるためにもう一度解いておきましょう!

3周目は解説を暗記しちゃおう

チェックがまだついている問題を解きましょう!3周してもチェックが消えないものは解説を暗記しちゃいましょう! 正直数学は暗記ではないと言いたいんですが良質な問題なので暗記しておけばどこかで使えるときが来ます!

文系数学の良問プラチカについて他にも値段や使い方、難易度など知りたい受験生はこちら!

難関大を目指す文系の受験生におすすめの「文系数学の良問プラチカ」

 

良問プラチカは毎年多くの受験生が愛用している数学の参考書です。一度本屋さんに見に行ってみてください!

問題のパターンをすべて網羅している青チャート

青チャートという参考書

青チャートの難易度 数学の参考書
Image via イクスタ

青チャート

青チャートの特徴として

・圧倒的な問題量

・分野別の詳しい解説

がポイントです!

圧倒的な問題量

みなさん青チャートは一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?数学の参考書の中では一番といっていいほど分厚く、圧倒的な問題の量を誇っています

分厚いのでとっかかりにくいですが問題の質はとてもよく、頻出問題が網羅されているので、ちゃんと問題を解いてちゃんと理解すれば成績は伸びるでしょう。

また、良問プラチカより簡単な問題が網羅されているので数学が苦手な人でも始めやすい参考書になっています。

分野別の詳しい解説

青チャートのいいところは分野別に分けられていることです。分野の中でも公式や問題の種類によって分類されているので使いやすさも十分です。

問題は例題問題、練習問題、総合問題に分けられています。例題問題でその例題で使われる公式が解説されます。練習問題ではその公式を使う問題が演習できるので、公式の使い方を具体的に練習することができます!分野別の最後のページには総合問題としてその分野で学んだ問題が基礎レベル~発展レベルまで練習できます!

分野別に分かれているので自分の苦手な分野を徹底的に勉強することができます。また、解説が詳しく載っているのでスムーズに理解することができます。解説には使われている公式がまとめられているので暗記をしてなかった公式などが浮き彫りになるのも良いポイントです。

良問プラチカの使い方

青チャートは問題量がとても多い問題集なので使い方が難しいです。使い方がわからず、買ってみたはいいものの手を付けずに本棚に置いたままという人もいるのではないでしょうか?そんな青チャートを使いこなす方法をお教えします!

まずは苦手な分野から優先的に解いていこう!

まず各分野の例題を解いてみましょう!例題を解いていくと自分が得意な分野はスラスラ解けますが自分が苦手な分野は手が止まるはずです。例題で手が止まった分野は自分が苦手な分野という認識を持ちましょう!自分の苦手だなと思った分野には先ほどのプラチカの時と同じようにチェックをつけましょう。自分の苦手な分野からもう一度例題から解きましょう!

数学は人によって得意、不得意の分野が分かれます。僕の話でいえば微分積分が苦手でした。青チャートで微分積分の問題を徹底的に練習したら、段々と点数が取れるようになってきました。青チャートは苦手な分野を徹底的に練習するときに最適な参考書といえます!

チェックをつけた問題をもう一度解こう!

自分が苦手な分野を解いていく中で2度目でも解けない問題が絶対あります。できた問題のチェックは外して、できなかった問題にもう一度チェックをつけましょう!

2度チェックをつけた問題をもう一度解いてみて解けなかったら良問プラチカと同じくその解答を暗記しましょう。青チャートも良質な問題が集まっているので解法を暗記することに損はないです。

青チャートは分厚く勉強する気が起きないかもしれませんが頻出問題がすべて網羅されているので使ってみてください!

すべての問題を解くのはやめよう!

青チャートは分量が多いのですべての問題を解くのは効率が悪いです。得意な分野は例題がすんなり解けたらその例題に関連する練習問題はとりあえず解かないでいいでしょう!得意だと思っていた分野の問題が模試や他の問題集で出てきて解けなかったとき、その分野の問題を青チャートで解いて固めましょう。

「得意な分野でも練習しないと不安…」と思うかもしれません。しかし、入試勉強は入試で点数が取れるようになるために勉強します。得意な分野を解いて、自分に自信をつけるのは重要かもしれませんが、苦手な分野を無くすほうが確実に点数は上がります。

僕の経験則だと数学は一度わかるようになると一気にわかるようになります。苦手だと思っていた分野も我慢して勉強していれば、いつかすらすらと解けるときが来ます。

青チャートについて他にも値段や使い方、難易度など知りたい受験生はこちら!

数学界のスタンダード!青チャートの特徴から使い方までを教えちゃいます!

数学の参考書は量より質!

数学はがむしゃらに問題をといて成績が伸びる科目ではありません。努力しているのに数学が伸びない人で多いのが、低質な問題ばかりを解いている人たちです。

数学は頻出問題を何度も解き、頻出問題の解法を頭に入れることで成績が伸びます

頻出問題の解法を頭に入れていくと「この問題いたことあるな~」とか「この問題あの問題に似てるな~」という感覚が得られるようになります。

この感覚は低質の問題を解いていても手に入れられません。良質な問題(頻出問題)から得られるのです。

数学の参考書は何冊もやるよりも質のいい参考書一冊、二冊を何周もした方が成績は伸びます。今回2冊しか紹介しなかったのもは数学の参考書は量より質だからです。いくら参考書を集めても質が悪ければ成績は伸びません。成績アップの一番の近道は質のいい参考書を何度も解くことなのです!

質のいい数学の参考書をお守りにして受験で合格を勝ち取りましょう!

今回二次数学の参考書を紹介しましたが、二次の文系数学の勉強法は詳しく説明しなかったので勉強法を詳しく教えてくれる記事を紹介しておきます。

定番のパターンを暗記することで攻略する文系数学の勉強法

質のいい参考書で数学の問題を解き、正しい方法で勉強すれば成績は伸びます。数学に対して嫌悪感を感じている文系の受験生は多いですが、めげずに頑張りましょう!

この記事で紹介した記事

・定番のパターンを暗記することで攻略する文系数学の勉強法

・【センター数学】私が大の苦手だった数学を合格点まで導いてくれた緑チャート

 

 

*この記事は参考書特集の記事です*

参考書特集ではイクスタで厳選した英国数理社のおすすめ参考書を紹介しています!

参考書特集の詳細はこちら >

 

 

*この記事はセンター数学特集の記事です*

センター数学特集ではセンター数学を対策する上で読んでおきたい記事をいくつか紹介しています。

センター数学特集の詳細はこちら >


そのほか、数学の成績を上げるためのイクスタのノウハウを紹介します。

【センター数学】1か月で9割以上をとるための勉強法と問題の解き方- 一橋生が伝授☆

数学が伸びる気がしなくてヤバい受験生へ贈る、初心者が着実に伸ばす勉強法と参考書

【数学】独学の大学受験におすすめの数学の分野・レベル別参考書、問題集を一挙紹介!

86人の 役に立った


数学概論

定番のパターンを暗記することで攻略する文系数学の勉強法
定番のパターンを暗記することで攻略する文系数学の勉強法
数学の基本は暗記である。「自分が数学を苦手とするのは数学的センスが無いからだ」と思っている受験生は多い...
数学の基本は暗記である。「自分が数学を苦手とするのは数学的センスが無いからだ」と思っている受験生は多いが、それは間違いだ。「公式と解法パターンを知らないこと」こそが、数学ができない最大の理由なのである。 文系学部の受験に求められる数学の範囲は、ⅠAⅡBである。どんな難関大であろうとも、この範囲の知識で解け...
 笠原秀一     17268 View      56 役に立った 
     記事更新日 2019.9.15
センター数学と2次私大数学の違いと勉強法
センター数学と2次私大数学の違いと勉強法
センター数学と二次・私大数学の違いについて。  まず、センター数学と二次・私大数学、センター試験...
センター数学と二次・私大数学の違いについて。  まず、センター数学と二次・私大数学、センター試験の問題というのはⅠA・ⅡBともに言えることですが、「基礎的なところがしっかりできているか」の試験です。教科書レベルの内容で解いていくことができます。ただ、時間制限がけっこう厳しいので1つの問題で考えすぎてしまう...
 みーた     22365 View      90 役に立った 
     記事更新日 2019.9.15
東工大レベルの数学で確実に得点するための3つのコツと勉強法
東工大レベルの数学で確実に得点するための3つのコツと勉強法
私が数学の問題を解く上で気をつけていた3つのポイントを紹介します。難関大学の数学を目の当たりにしたとき...
私が数学の問題を解く上で気をつけていた3つのポイントを紹介します。難関大学の数学を目の当たりにしたときでも、まずは基本を徹底して冷静になることで本来を力を発揮することが出来ます。 図を丁寧に描く 途中計算を記述する あきらめない 図を丁寧に描く 図形問題を解くうえで、問題...
 やまぴー     16534 View      74 役に立った 
     記事更新日 2019.9.15

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     96355 View      233 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生の私、しゅーへいが徹底解説します!...
 しゅーへい     104466 View      299 役に立った 
     記事更新日 2019.9.10
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせな...
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にして...
 イクスタ編集部     208276 View      144 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回紹介する勉強法で日本史センター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっとおけ...
 エース     29314 View      71 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     47336 View      109 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30