苦手な古文は3つの意識で攻略!!センター満点を狙うテクニック

みなさんこんにちは。今回は多くの受験生を苦しめる古文の特集をしていきます。僕の経験も踏まえ、ここでは難関大志望者(とくに首都大や横浜国立のような国公立大)のための古文勉強法をお伝えしたいと思います。

「正確に、端的に、素早く」。これが難関大古文の攻略法です。とくに記述式の試験が多い国立大ではこれがかなり重要になります。では見ていきましょう。

古文の成績を上げたいと考えている受験生は以下の記事も参考になると思いますよ!独学でゼロから早稲田大学政治経済学部に合格した古文のノウハウをご紹介しています!

●正確に

難関大学の試験で難しいのは、記述式の問題です。とくに「下線部を現代語訳しなさい。」とか「下線部の根拠を示しなさい。」といった現代語訳が求められる設問では正確な解答が必要です。例えばセンターや私立レベルでは正確に意味がとれなくても解答を導き出すことは可能ですが、記述式では自分で一から訳をつくらなければなりません。

ポイントとしては、日ごろから

①単語の意味は複数覚える②主語を意識する③助動詞の運用を正確に。

ここを意識しましょう。英語の単語暗記もそうですが、単語の意味を一つだけ覚えていても深い理解にはつながりません。単語の意味を複数、そして正確に覚えることで本当に使える知識となります。また古文は文中に直接主語を書かない場合が多いので、敬語などを頼りに誰のセリフなのか、誰の動作なのかを確認しつつ読みすすめましょう。

●端的に

正確に意味をとることも必要ですが、端的に解答することも大切なポイントです。設問では「●●語以内で書きなさい。」と文字指定されることがあります。つまり作問者の求めている解答を端的に伝えることが点数を稼ぐ上でも重要です。

みなさんも、「いいことが書いてあるのに文章が長くて読みづらい、何が言いたいのかわからない」といった経験がありますよね。ここでも全く同じ原理が働いています。言いたいことを詰め込みだらだら書くのではなく「誰が読んでもわかる」解答テクニックを身につけましょう。

ポイントは復習のときに解答の根拠や現代語訳を意識してまとめる癖をつけることです。最初はなかなかまとまりのある訳を書くことはできないかもしれません。ただこれは繰り返してうまくなるので、古文に限らず現代文などでも意識していきましょう。書いたものは学校の先生に添削したり、友達同士で確認し合うなどしてみるといいと思います。

●素早く

これは国立大のみならずセンター試験や私立二次でもそうですが、古文に多くの時間を割くことはできません。また配点も古文の比重は高くありません。とはいってもないがしろにはできないのでとにかくスピード感を持って解きましょう。

例えば設問を読んでから文章を読むといったことは効果的です。設問を把握してから文章を読むだけで解くスピードはまったく変わります。この設問先読みには好き嫌いもあるので一概にいいテクニックとは言えませんが僕自身はこの解法で3分くらいの時間短縮ができました。3分あればほかのところに時間を使えますし、見直しもできますからね。


いかがでしたか?やはり勉強は基本に忠実にです。まずは基本的な知識である単語・敬語・助詞助動詞をきっちり覚えましょう。これだけでもかなり文章を読むのが楽になるはずです。文章読解は設問先読みなどのテクニックや主語を確実にとっていくことで正確に素早く解答できると思います。この3つを意識していた僕はセンター本番の古文で45点を取れました。最初は10点くらいだった僕も古文を得意にできたわけですからみなさんも頑張っていきましょう。



*この記事は国公立スタートパック特集の記事です*

国公立スタートパック特集では国公立の勉強を始める人向けの記事をまとめています!

国公立スタートパック特集の詳細はこちら >

42人の 役に立った


古文

大学受験で使う古文・漢文の参考書をまとめてみた
大学受験で使う古文・漢文の参考書をまとめてみた
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回は古文漢文の参考書をまとめてみました。 参考書選びに迷っ...
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回は古文漢文の参考書をまとめてみました。 参考書選びに迷っている受験生の皆さんは必見です! 古文の参考書 古文単語ゴロゴ 堅苦しい古文単語をダジャレで面白く覚えることができる参考書。すべての単語をダジャレで覚えるようになっており、ダジャレ...
 イクスタ編集部     11856 View      61 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
読書ついでに古文読解に強くなろう!
読書ついでに古文読解に強くなろう!
 古文の長文読解、あなたは得意ですか?それとも苦手ですか? 古文の長文読解、現代文よりは長くない...
 古文の長文読解、あなたは得意ですか?それとも苦手ですか? 古文の長文読解、現代文よりは長くないけれど、何しろ日常では使わない日本語で書かれているため読みづらさを感じている方も少なくないのではないでしょうか。現代語訳をしてみてもイマイチ掴めないニュアンスなども意外と多いのかもしれません。  そこで今...
 mizuki     8013 View      50 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
東大古文の過去問を徹底分析!現役東大生が東大古文について知っていることのすべて
東大古文の過去問を徹底分析!現役東大生が東大古文について知っていることのすべて
受験生のみなさんこんにちは、今回は東京大学の古文で合格点を取るための方法を現役東大2年生がお送りします...
受験生のみなさんこんにちは、今回は東京大学の古文で合格点を取るための方法を現役東大2年生がお送りします! 東大志望で古文の対策にお困りの受験生のお役に立てたら幸いです! 以下の記事では科目別で東大対策法がまとまっています。東大志望の受験生は必見です! 👉東大志望必見!東大の二次試験...
 イクスタ編集部     33845 View      81 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     97845 View      238 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生の私、しゅーへいが徹底解説します!...
 しゅーへい     114769 View      303 役に立った 
     記事更新日 2019.9.10
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせな...
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にして...
 イクスタ編集部     226489 View      146 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回紹介する勉強法で日本史センター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっとおけ...
 エース     31445 View      72 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     49548 View      112 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30