有機化学は暗記じゃない!化学を安定した得点源にするための勉強法

有機化学って丸暗記でイケるから直前に詰め込めば大丈夫っしょ!と思っている人へ。残念ながらそんなに甘くはありません。有機化学こそ積み重ねがしっかり着てくるので、特に難関大学を目指している人はしっかりと勉強していきましょう。有機化学のポイントは“手を動かす”ことです。

脂肪族化合物の勉強法

はじめのうちは名前の付け方の理解と書き出しを!

有機化学を初めて学習すると見慣れないカタカナがたくさん出てきて困惑すると思います。シクロプロパンとかニトロベンゼンとかガラクトースとかアスコルビン酸とか…。

まずはよく出てくる化学物質の名前、構造は覚えなければなりません。

脂肪族のグラフ

上の表に炭素数が1-12のアルカン(単結合)、アルケン(二重結合を持つ)、アルキン(三重結合を持つ)、アルコール、アルデヒド、カルボン酸の名称一覧を示しました。これらは命名法の基本となる基本骨格の名前なので、色を付けた部分についてはよく出てくるので最低でも覚えましょう。こんなに覚えられないよ…という人でも、横に表を見ると変わっているのは語尾だけということに気づいてしまえばそこまで苦ではなくなるはずです。

異性体の書き出しとその命名

C5H12Oで表される異性体を書き出し命名せよ。

これはアルコールかエーテルですね。まず骨格となる部分を全て書き出してみましょう。このとき、やみくもに書き始めると重複があったり、数え漏れが出てくる恐れがあります。

異性体の書き出しと化学式

この時意識するのは主鎖(最も長い鎖)が長いものから順番に書き始めることです。初めのうちは、重複はないと思いますが、慣れないうちは主鎖が短くなってきたときにもっと長い鎖が出来ていないかどうかを確認しましょう。上の3つで全てです。これ以上書いた人は良く確認してください、きっとどれかと重複しています。

次にアルコールのOH基が入る可能性があるところをチェックしていきます。この時も重複がないように気を付けましょう。

化学式は重複が起こらないように気を付ける

この場合は上の8個です。例えば、①番と④番は下の写真のようになります。(Hは省略してありますが、答案でHを書かないと×になるので書き忘れないこと!!)

最後にエーテルです。エーテルの-O-が入れる場所は上の6個です。

化学式

エーテルの命名は具体的には大学で習ってください。。。おそらく入試では出題されません。

ちなみに④番だったらエチルイソプロピルエーテルとなります。

ここで楽をしようとすると決して有機化学ができるようにはなりません。手を動かしてください!

脂肪族化合物の反応

これが終わると次は各官能基の反応になります。「どの部分が」「どのように反応して」「どんな化合物を生成するのか」を見るのが有機化学のメインになります。しかし、大学入試では「どのように反応して」の部分は見ないので、そこの部分を自分でイメージしながら補っていくと理解しやすいです。

・アルコールを穏やかな条件で酸化するとアルデヒドになり、さらに参加するとカルボン酸になる。

・カルボン酸とアルコールを反応させると脱水し、エステルが生成する。

こんな風に覚えているとイメージがわかず、ごちゃごちゃになります。名前と構造が既に対応しているのなら、実際に書いてみた方がイメージもしやすく、頭に残ります。

化学分野の脂肪族の勉強法

芳香物化合物の勉強法

次に芳香族です。芳香族とはベンゼン環をもつ化合物のことを指します。芳香族でも主要な反応は脂肪族と同じなのですが、芳香族特有の反応も数多くあります。

まずは脂肪族と同じように名称と構造から覚えていくのですが、これはベンゼン環を中心にどのように反応させると何が生成するというマップを埋めることで覚えていきましょう!(下の図のようなものです)

ベンゼン環の反応マップ

ベンゼン環の反応マップ 穴埋め式

1031のだらだら日記より引用)

このマップが埋まるようになれば芳香族に関しては怖いものなしと言い切っていいでしょう!

※上記画像の右上、アセトアニリドは塩化ベンゼンジアゾニウムの間違いとなっています。ご注意ください。

ただこのマップを覚えるのは楽ではありません。ここでも、何の試薬を反応に使ってどういう生成物が得られているかをみると覚えやすいです。言ってしまえば、反応物と生成物でどのような差があって、その差が何を反応させたから生じたのかということが分かればいいのです。

ちょっと大変ですがここまでは暗記が多いですが頑張っていきましょう。

構造決定の勉強法

難関大学の有機化学で一番よく出題されるのが、この構造決定問題です。

構造決定はずばり、問題を解きまくってください!(笑)

解きまくることで何に注目して解くのか見えてきます。

具体的な流れとして

①分子式を出して不飽和度を求める。

②不飽和度から二重結合や環構造がどれだけあるか推定する(4以上の場合はベンゼンを含む可能性大!)

③ところどころ決まった構造を書き出す(エステル結合をもつとか、カルボニル基をもつとか)

④後ろの方、ヒントが多いもの決めていく!

(Aを分解させてBとCを得た。Bに~~~したらDとEが得られた。とかならD,Eから決めていく。)

⑤困ったら炭素の数チェック!&③で決めた部分構造を当てはめる

こんなところでしょうか。構造決定問題は数多く解いた人ほど、点が取りやすくなってきます。手を動かすことを面倒くさがらずに解いていきましょう!

有機化学は量が多く、手を動かすことが多いので、面倒だと思いますが、やった分だけ実力になりやすい分野です。また無機化学と違い、一度覚えたらあまりごちゃごちゃにはならない分野だと思うので、はっきりとした得点源が欲しい人は有機化学で得点をしていきましょう!

有機化学で得点をしていきましょう!

今回は有機化学の勉強法をご紹介してきましたが、難関大学を目指す受験生は無機化学と理論化学も勉強する必要があります。それぞれの分野の勉強法とおすすめの参考書をまとめた記事を作成しています。

【化学】難関大学の合格点を取るために知っておいて欲しい化学の参考書と進め方

有機化学を勉強する際のおすすめの参考書は鎌田先生の本です!ぜひ手に取ってみましょう!

有機化学を勉強するための参考書

 

133人の 役に立った


化学

東大・京大・東工大などに対応!化学の最難関問題集「化学の新演習」の使い方
東大・京大・東工大などに対応!化学の最難関問題集「化学の新演習」の使い方
こんにちは!一橋大学の笠原です。 今回は「化学の新演習」という参考書について、「化学の新...
こんにちは!一橋大学の笠原です。 今回は「化学の新演習」という参考書について、「化学の新演習」の特徴から使い方まで説明していきます。化学の演習系の参考書を探している受験生はぜひ参考にしてくださいね! ※実際に「化学の新演習」を使った人にインタービューをして、情報をまとめました。 化...
 イクスタ編集部     38907 View      98 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
受験化学界の聖典「化学の新研究」を使って難関大の化学で合格点を取る方法
受験化学界の聖典「化学の新研究」を使って難関大の化学で合格点を取る方法
こんにちは!一橋大学の笠原です! 今回は「化学の新研究」という参考書について、「化学の...
こんにちは!一橋大学の笠原です! 今回は「化学の新研究」という参考書について、「化学の新研究」の特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきますよ! ※実際に「化学の新研究」を使った人にインタービューをして、情報をまとめました。 ◇目次◇ 1. 「化学の新研究」の基...
 イクスタ編集部     32095 View      98 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
これから化学をはじめる受験生へ「鎌田の理論化学の講義」の特徴から使い方まで紹介!
これから化学をはじめる受験生へ「鎌田の理論化学の講義」の特徴から使い方まで紹介!
こんにちは!一橋大学の笠原です! 今回は「鎌田の理論化学の講義」という参考書について特...
こんにちは!一橋大学の笠原です! 今回は「鎌田の理論化学の講義」という参考書について特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます! ※実際に「鎌田の理論化学の講義」を使った元受験生ににインタービューをして情報をまとめました! 基礎から化学の実力をつけたい受験生はぜひ参考にしてみてくだ...
 イクスタ編集部     38881 View      150 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     96355 View      233 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田大学国際教養学部ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生の私、しゅーへいが徹底解説します!...
 しゅーへい     104466 View      299 役に立った 
     記事更新日 2019.9.10
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせな...
こんにちは。イクスタ編集部で一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にして...
 イクスタ編集部     208276 View      144 役に立った 
     記事更新日 2019.8.30
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回紹介する勉強法で日本史センター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっとおけ...
 エース     29314 View      71 役に立った 
     記事更新日 2019.9.17
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     47336 View      109 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30