古文をゼロから始めた僕が早稲田政経に合格するために使った古文の参考書と勉強法

みなさんこんにちは!

現在、早稲田大学政治経済学部政治学科に通う大学一年生のいぶきです。

私は受験生時代、予備校には通っていましたが、古文の授業は一切取っておらず独学で勉強し、自分なりのやり方でセンター模試、センター本番ともに古文ではほぼ満点を取ることが出来るようになりました。

また早稲田大学の政治経済学部など最難関の私大にも合格できるくらい古文は出来るようになったので私大を狙っている受験生には特に参考になるかもしれません。

古文の参考書を探していたり、古文の勉強法に迷っている受験生のみなさんも正しい段階を踏んで古文を勉強をしていけば、ゼロから独学でも確実に成績を上げることが出来るので安心してください!

早稲田志望なのにほぼゼロからスタートした古文の勉強

古文の勉強を始めるまでの状況として、私の通っていた高校は非進学校だったため学校の古文の授業の進度は遅く、また授業でやっていたとしても内容のレベルもかなり低かったです。さらに個人的に古文の対策も特にしていませんでした。つまり私はほぼゼロの状況から大学受験古文の勉強を始めました

「このままだとやばい。」

と早稲田に向けて焦り始めた自分がまず手を付けたのが古文の単語帳です。英語と同じように古文においても単語がわからなければ古文の長文など読めはしないと考えたからです。

古文をゼロから始めた僕が使った古文単語の参考書

古文の参考書について右も左もわからない状態からスタート、し参考書についてネットで評判を調べ、近くの本屋にも足しげく通いやっとのことでたどり着いたのがこの単語帳です!!

「読んで見て覚える重要古文単語315」

古文単語の参考書 読んでみて覚える古文単語の315

まずこの単語帳で特筆すべきなのはイラスト(ちょっと可愛い)が各単語のページに豊富に載っていることです。

無味乾燥になりがちな古文の単語暗記ですが、イラストと共に単語を覚えることで、頭の中に単語のイメージが出来上がりやすくなります。そのためかなり単語が覚えやすくなります(そして楽しい!!)。そしてこれもまたおすすめポイントの一つですが、単語の意味の由来がひじょーーにわかりやすく記載されてあります。 

例えば、現代語と意味が違って覚えにくい「こころにくし」(意味:上品だ)の説明を読んでみると、

憎らしいと嫉妬心を抱くくらい、心ひかれる(相手がすばらしい)」とあります。
どうです?非常に覚えやすくないですか?

この単語の説明を頭に入れておけば、もし緊張しやすい模試などで単語の意味をうっかり忘れてしまっても、その説明を辿って古文の意味を思い出すことも可能です。私自身もこの方法で何度も窮地を潜り抜けてきました(笑)

また単純暗記ではなく理解して覚えるので、忘れにくくもなります。

派生語を含めれば早稲田の古文にも対応できます

ここでこう思ってる人はいませんか??

単語数が300前後ってちょっと少ないんじゃない??

いえいえ、そんなことはありません。
実はこの単語帳、見出し語(赤くなってる単語)だけで見れば315語ですが、その見出し語の近くに記載されてある関連語が約150語、“さるべきにや”、“いふもさらなり”といった慣用句が約40語、冠位や特殊な仏教用語などを含む古文常識が約100語、これらすべて合わせると古文の単語帳としては最高レベルの600語を超えるんです!!

これだけの知識があればセンター試験はもちろん早稲田レベルの問題もある程度は対応できるようになります。ここからは新しく知った単語や古文常識をしっかりと抑えていくことで知識としては完成レベルに持っていくことができます。

この参考書を完璧に覚えることであらゆる大学の古文において単語では困らなくなります。安心してこの参考書を使ってくださいね!

難関大合格にはめちゃ重要な「古文文法」の参考書

単語と同時並行で進めていたのが、文法問題です。実感としてもそうですが、古文における文法は英語における文法以上に読解問題に関わってきますつまり文法知識の有無は得点に大きな影響を与えるため、必ず身に着けておく必要があります。

私が古文の勉強を始めたときは助動詞すら全く覚えてない状態だったので、基礎的な参考書から始めました。自分の志望校がどれだけハイレベルであろうとも、自分の実力とあまりに乖離したハイレベルな問題集に手を付けてはいけません

ただ難しいだけで何も身につきません。しっかりと自分のレベルと参考書のレベルを合わせる必要があります。

古文文法の基礎から勉強するための参考書

そこでまず手を付けたのが

基礎から学べる入試古文文法(代ゼミ) 」です。

古文文法の参考書 基礎から学べる入試古文文法

基礎からとあるように、基本的な文法事項から詳しく記載されています。

主な内容としては用言(活用など)助動詞助詞敬語識別で大別されており、

それぞれ、

重要事項のまとめ

基本のチェック

パワーアップ問題

 

といった流れで、非常に丁寧な内容となっており、私はこの参考書を使って基礎的な古文文法をマスターしました。

いろいろな予備校や出版社から基礎的な古文文法の参考書が出ていますが、ぶっちゃけて言いますと内容に大きな違いはないです。

そのため古文の基礎的レベルの問題集に関して言えば、一度本屋さんなどでちらっと中身を見て、ちょっといいなと感じた一冊を選ぶといった感じでいいと思いますよ。他におすすめなのはステップアップノートなどがあります。

古文文法の基礎を習得するためには助動詞を徹底的に覚える必要があるので、助動詞のページ数が十分に割いてある参考書を選んでくださいね!

古文文法の発展レベルを勉強する参考書

次に紹介するのはこれ!

古文文法問題演習(河合塾)

です!!

古文長文読解問題演習の参考書

この参考書は先ほどの文法問題集の発展といったレベルです。

全5部(30項目)構成で、第1部が助動詞編第2部が助詞編第3部が用言・敬語その他編第4部が文法の基礎という構成となっています。そしてその項目別に基礎的な知識の確認問題+やや高度な演習問題という構成になっています。

この問題集の最も特筆すべきポイントは演習問題に実際の入試問題が使われているというところです。

この問題集で出題される入試問題には比較的長めの文章が使われているため、文法問題だけをやるのではなくしっかりとその前後の文章を読み込んでいけば、知識の習得から長文の演習のちょうど中間部分をおさえることが出来ます。

単語や文法は覚えたのに、長文が全く読めない(泣)
といった受験生の声をよく聞きますが、一番の理由はいきなり長文演習を始めてしまうことにあると思います。

そういった意味で、この参考書は早稲田上智レベルの文法知識を身に着けることができ、なおかつ長文演習へとすんなり入っていくための潤滑剤の役目も果たすというめっちゃいい参考書ってわけなんです!

古文の勉強の流れを図式化するとこんな感じです。

基礎知識(単語、文法)

古文文法問題演習30(ハイレベル文法+長文演習への導入)

長文演習

この流れを忘れずに古文の勉強を進めることで、スムーズに古文の成績をあげることができます。

ここまで紹介してきた文法の2つの参考書で基礎はしっかりと固め、あとは演習に入るということです。

古文の長文読解演習の参考書

古文の単語や文法を勉強していたのは、早稲田をはじめとした入試問題で一番点数配分が高い古文の長文読解問題で点数を取るためです。

実際の入試問題でも長文の配点は高く、普段の演習から効率よく古文の読解力を伸ばしていくことは合否に直結するといっても過言ではありません。

そんな古文長文問題演習の参考書でおすすめしたいのが、

中堅私大古文演習(河合塾)

古文読解演習の参考書

です!!

この参考書は中堅私大と銘打っているように、中堅レベルの私大の問題を集めた参考書です。
しかし、設問自体はこの参考書オリジナルとなっているため、入学者を選抜することを目的とした入試問題の設問とは質的に異なり、純粋に学力を伸ばすことが主眼に置かれ作成されています。

そのため非常に効率よく古文の長文演習をすることが出来ます。

また解説も非常に充実していて、古文常識といった知識系の内容にも紙面が割かれているため、センターレベルの古文がちょっと難しいと感じている人でも、解説をしっかり読みつつ進めていけば十分に理解できると思います!!
問題を解きながら忘れていた古文の単語や文法事項を確認することが出来るのもこの参考書のポイントですね。

参考書を終わらせたら過去問を解く

これらの参考書をしっかりと終わらせたらセンターレベルでは毎回8割以上、中堅私大でも合格点を取れるようになっているはずです。

センター試験で8割以上を狙う場合や早稲田や上智などの難関私大を志望校にしている場合にはここから過去問演習を繰り返して古文の実力を万全なものにしつつ、もっと細かい範囲まで勉強をしていきます。

センターレベルであれば全く知らない分野は出てこないので、もし間違えた問題があればしっかり復習して、その間違えた原因がなんなのかを分析をしてください。間違える原因としては単語の意味の取り違え助動詞の意味の識別ミス格助詞の識別ミスなどがありえます。

毎度復習するとともにこれまでに使ってきた参考書の該当部分を見直し、同じミスを二度としないように注意をしてください。

早稲田や上智など(慶應は古文はありません)の難関私大で古文を使う場合には、まれに本文にマニアックな古文単語や古文常識が出て来る場合があります。

このマニアックな要素は全部覚えてもキリがないので基本的には覚えなくてもいいのですが、マニアックな要素がたまに出てきてしまうからこそ、それ以外の事項は完璧にしておかないと本文を誤読しかねません。

また早稲田や上智などの難関私大の場合には、敬語も万全に覚える必要があります。
古文では天皇に関する叙述文などは主語が省略されることがよくあります。なぜなら古文の世界では天皇はとても偉く、名前をお呼びするのもはばかれるということで、天皇専用の敬語があります。

天皇専用の敬語である最高敬語を覚えないと、主語が出てこないまま動詞が5つくらい連続し、「これ誰の動作だ?」となってしまいます。

主語の省略に対応するためには敬語を覚えることが必要不可欠です。

 

上記の参考書の事項は9割ほど(理想は完璧)にした上で、過去問を解いてわからない単語や識別が出てきたら、忘れずに復習をしてください。この復習にこそ過去問を解く意味があります。

以上、ゼロから早稲田に合格するための参考書とその使い方をご紹介しました!


 

古文を勉強するつもりでも早稲田対策ほどはしっかり勉強する必要はない受験生のための記事をご紹介します!

夏からで間に合わせる!理系と焦ってる文系におすすめする古文勉強法と参考書

苦手な古文は3つの意識で攻略!!センター満点を狙うテクニック

 

また、私の合格体験記「偏差値50の高校から早稲田大学政治経済学部に合格できたワケ」や

早稲田大学政治経済学部の紹介の記事もぜひ読んでみてください!

 

 

*この記事は参考書特集の記事です*

 

 

参考書特集ではイクスタで厳選した英国数理社のおすすめ参考書を紹介しています!

参考書特集の詳細はこちら >

134人の 役に立った


古文

夏からで間に合わせる!理系と焦ってる文系におすすめする古文勉強法と参考書
夏からで間に合わせる!理系と焦ってる文系におすすめする古文勉強法と参考書
漢文編→coming soon... 理系のみなさん、古典対策はやっていますか?おそらく、まだほ...
漢文編→coming soon... 理系のみなさん、古典対策はやっていますか?おそらく、まだほとんどやっていないという人が多いと思います。 理系の人は何となく古典の勉強を先延ばしにする傾向がありますが、実は古典は短期間で成績が上がりやすい科目なのです。   夏から始めてセンター満点を狙...
 イクスタ編集部     44593 View      120 役に立った 
     記事更新日 2018.12.22
ダジャレでスイスイ覚えられる!「古文単語 ゴロゴ」の565個で難関大学にも対応
ダジャレでスイスイ覚えられる!「古文単語 ゴロゴ」の565個で難関大学にも対応
こんにちは!一橋大学三年の笠原です。 今回は古文単語ゴロゴについて特徴から難易度、使い方まで詳細...
こんにちは!一橋大学三年の笠原です。 今回は古文単語ゴロゴについて特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。 ※実際に「古文単語 ゴロゴ」を使った元受験生にインタービューした内容をお届けします! ◇目次◇ 1. 「古文単語 ゴロゴ」の基本情報 ...
 イクスタ編集部     24422 View      123 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
古文で記述対策が必要なら「得点奪取古文」で解答の作成法をマスターしよう
古文で記述対策が必要なら「得点奪取古文」で解答の作成法をマスターしよう
こんにちは。イクスタ編集部です! 今回は得点奪取古文について特徴から難易度、使い方まで詳細に説明して...
こんにちは。イクスタ編集部です! 今回は得点奪取古文について特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。 ※実際に得点奪取古文を使った人にインタービューをした情報をお届けします! ◇目次◇ 1. 得点奪取古文の基本情報 1.1 ...
 イクスタ編集部     16410 View      93 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休...
大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と関わりを持ってきましたが、高3生の夏休みをおろそかにしている受験生で第一志望の大学に合格する人はまずいません。大学受験期間の夏休みはそれくら...
 どいまん     63262 View      110 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
早稲田国際教養ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田国際教養ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部1年生が徹底解説します!   ◯...
 しゅーへい     78667 View      271 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。一橋大学三年の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青...
こんにちは。一橋大学三年の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にしてくださいね! ...
 イクスタ編集部     166933 View      133 役に立った 
     記事更新日 2018.10.31
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回今回紹介する勉強法で成績をセンター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっと...
 エース     23252 View      67 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     39614 View      94 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30