1ヶ月で英単語帳覚えきったらお得じゃない?

英文が英単語からなりたっている以上、英単語の暗記は避けて通れない道ですよね。でも、英単語暗記って地道で単純で面白味に欠けて…たぶんほとんどの人は英単語暗記をたのしいものとは思っていないでしょう。しかもめちゃめちゃ時間かけたわりに全部覚えきれてないし、むしろどんどん抜けていく…

じゃあ、一気に覚えて一気に反復して短期間で英単語完璧にしちゃえばいいじゃん。はい、その通り。

今回は私が実際にやった『30日英単語』のお話をします!!
※時間にまだ余裕のある高校1年生、2年生向けの内容です。

30日集中英単語とは

その名の通り、英単語を一気に覚えて強化する一ヶ月を過ごすということです。その一ヶ月は英単語のみ勉強します。もう一度言います、その一ヶ月は英単語のみ!!!です。国語もやりたい、日本史もやりたい、あると思いますが、一番配点が高いかつ一番点数の上げ方が明確なのって英語じゃないですか?それなら一ヶ月割り切って英単語に集中し、この一ヶ月が終わったらもう英単語は触れなくても平気!!くらいの勢いでやって英語を得点源にする超基本を先に完璧にしたほうがお得なのはおわかりいただけるでしょう。目安としては、一ヶ月で1000語、もっとできる人はたくさんやってもいいですが、質を保つためには一ヶ月1000語程度が適していると思います。

いざ実践!

*用意するもの*

完璧にしたい単語帳1冊、マイ英単語帳をつくるためのノート、筆記用具

*方法*

基本ルーティーンは、1日目1〜100、2日目1〜200、3日目1〜300、4日目101〜400、…といったように、前々日分の英単語からその日の英単語分、つまり1日300語ずつ英単語に触れますこれが多ければ減らしてもかまいません。自分が続けられる量にしないと三日坊主で終了…ですからね。

しかし、新しく触れる単語は1日100語前後をおすすめします。少なすぎると、英単語帳一周するのに時間がかかり、一番最初にみた単語に再会するまでの時間が長くなってしまうからです。暗記ものって一度覚えてもそのうち忘れるので、その時一回じっくりとながめるよりも、時間をあけて何度も何度も目にしたほうが脳に定着しますイメージでいうと、紙にえんぴつで線を書くときに、一回筆圧を強くして書いて(覚えて)消す(忘れる)よりもそこまで強くなくても何度も書いて消して書いて消して…を続けたほうが紙に書いた跡って残るし、そのキズもなくなりにくい、というようなものです。

それでは具体的な方法を説明します。

といっても方法はいたって単純。単語帳の中からわからない単語をノートに英単語、日本語訳と書き写していくだけです。こうしていくと、そのノートはわからない単語だけが集まった、マイ英単語帳が完成します。そして、マイ英単語帳に毎日英単語100語書き写し、前日、前々日に書いた英単語と一緒に覚えまくるのです。

『…英単語をわざわざノートに写すなんて時間の無駄じゃん』

まあそれも一理ありますね。笑 でも考えてみてください。30日英単語を始めたら1ヶ月英単語だけやるんです。時間はたっぷりあります。しかもノートに書く、つまり、英単語を実際に書いているので書かないよりは頭に残りやすくなるでしょう。また、自分でかいた字のほうが案外覚えやすかったりします

ノートを使った勉強法は英単語だけのものではありません!ノートを使った勉強法をもっと詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください!

覚え方は人それぞれなので参考程度に例だけ挙げると、

  • 音読する
  • ひたすら書く
  • 見る
  • 語呂をつくる

いろいろありますが、一番いいのは発音も同時に頭に入ってくる音読ですかね。

英語の音読勉強法について知りたい人は以下の記事がおすすめです!

英単語を一気に覚えるメリット

英単語を一気に覚えてしまうメリットは、なんといっても日頃の勉強で辞書を引く時間が圧倒的に減ること!辞書引くのって面倒ですよね。電子辞書ならまだいいですが、私は電子辞書を持ってなかったので、英単語を一気に覚えたことで辞書を引く時間が劇的に減りました。というか、辞書ほとんど使わず勉強してました。(辞書を引かないことがいいことだとは言ってませんよ)また、英文を読んでいて単語でつっかかることがないのでとても気持ちがいいです。

また、脳科学っぽい話をすると、脳はよく使う情報は重要な情報だと認識し、やがてその情報は長期記憶に変わります。つまり、毎日英単語を見ていれば定着しやすいということです。でも、毎日同じ単語だけをみることはできませんね。だって覚えなきゃいけない単語なんて山ほどあるので。だから、1日300語ずつ英単語をすすめて、1回目に見た単語を次に見るまでの時間を短くし、忘れてしまう前にもう一度脳に刻み込むのです。

たとえば、30日英単語をやってみると、

1日目にやったNo.1〜100の単語を最後に目にしたのは3日目ですが、次にもう一度見るのは8日後の11日目です。

1日50個ずつ1000語の英単語をやるとすると、1番はじめの単語に再会するのは21日後ですね。みなさん21日前の夕食覚えてますか?笑 8日前ならぎりぎり覚えてませんか?記憶がまだあるうちにもう一度インプットすることで長期記憶に変わります。しかも1日300語のこのペースでやれば20日間で1000語を2周できます。素晴らしい…

もし2000語の単語帳を完璧にしたければ、1000語を2周したあとに残りの1000語を2周しましょう。

私はこうやって、およそ1ヶ月と少しで英単語帳1冊を仕上げました。そして、そのあとはさらっと確認する程度にしか単語帳は使ってません。ぐっと効率が上がりました。

もうとにかく、他のことは忘れて英単語を覚える!覚える!!覚える!!!そんな1ヶ月もありじゃないですか?

51人の 役に立った


英語

【レベル別】英語長文読解を制するための受験生におすすめの問題集と参考書
【レベル別】英語長文読解を制するための受験生におすすめの問題集と参考書
こんにちは!イクスタの笠原です! 受験生のみなさんが絶対に受験するときに勉強する英語。 ...
こんにちは!イクスタの笠原です! 受験生のみなさんが絶対に受験するときに勉強する英語。 そんな英語の中でも最も重要なのが長文です。どんな学校を受験するにしても英語の長文読解は避けて通れないでしょう。大学受験では英語の中で長文が最も配点が大きく、差が出やすいのが英語長文問題の特徴です。 ...
 イクスタ編集部     92050 View      130 役に立った 
     記事更新日 2019.8.9
即戦力UPを目指す難関私大志望者なら使っておきたい英語の問題集
即戦力UPを目指す難関私大志望者なら使っておきたい英語の問題集
今回は二回に分けて、私が受験期に使っていた英語のテキストを2冊ご紹介したいと思います! まず1冊目は...
今回は二回に分けて、私が受験期に使っていた英語のテキストを2冊ご紹介したいと思います! まず1冊目は…『即ゼミ』こと大学入試英語頻出問題総演習 (即戦ゼミ)です。この問題集は学校で配布されたもので高2の春には手にしていました。私大対策だけでなく国立二次対策にも使えます。では初めに、この問題集の良さと注意点を上...
 mizuki     6321 View      31 役に立った 
     記事更新日 2019.8.8
一橋英語の過去問を徹底分析し、合格した僕が教えるおすすめ参考書と勉強法
一橋英語の過去問を徹底分析し、合格した僕が教えるおすすめ参考書と勉強法
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は一橋を受験する上で最も大切な科目「英語」の対策法につい...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は一橋を受験する上で最も大切な科目「英語」の対策法について説明していきます。 一橋英語の配点や難易度、過去問の使い方、おすすめの参考書や問題集、勉強法など僕が持っている情報すべてここに記載しました。 一橋を目指している受験生の皆さん、ぜひこの記事を読んで...
 笠原秀一     117491 View      156 役に立った 
     記事更新日 2019.7.31

今週よく読まれているアドバイス

難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
難関大学が第一志望の場合、大学受験の夏休みに必要な勉強時間はどれくらい?
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接...
こんにちは!どいまんです。イクスタでは創業や運営に関わり代表取締役社長を務めています。また現在も直接受験生の指導を行なっています。 大学受験の天王山と言われている高3生の夏休み。世間で言われているように、大学受験生にとって夏休みはとっても重要です。私は大学受験の予備校で毎年100人以上の受験生と...
 どいまん     93056 View      228 役に立った 
     記事更新日 2019.7.12
早稲田国際教養ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
早稲田国際教養ってどんなところ?現役学部生が徹底解説!
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらし...
みなさん、早稲田の国際教養って一体どういう学部なのかご存知でしょうか? 「なんか英語がすごいらしい」 「留学しなければいけない」 こんなイメージしかない人がほとんどだと思います。 今回は”謎の多い”早稲田大学国際教養学部の特徴を現役国際教養学部の現役学生が徹底解説します!   ...
 しゅーへい     92101 View      296 役に立った 
     記事更新日 2019.7.11
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
センター英語の過去問集を徹底比較!点数を伸ばすための過去問の使い方と勉強法
こんにちは。一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、...
こんにちは。一橋大学の笠原です! 今回はセンター英語を勉強する上で欠かせない過去問を赤本、青本、黒本と比較していきたいと思います!センター英語でより高い点数を取るための使い方や勉強法も丁寧に説明していきます。センター試験の過去問はどれを使おうか迷っている受験生がいたらぜひ、参考にしてくださいね! ...
 イクスタ編集部     185062 View      142 役に立った 
     記事更新日 2019.7.25
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
日本史の木の幹を立てる。東進「金谷の日本史」を使って基礎を固める勉強法
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくあ...
みなさんこんにちは。中央大学のメンターのエースです。 実はもともと僕はあまり日本史の成績がよくありませんでした。しかし、今回今回紹介する勉強法で成績をセンター30点から85点までアップさせました。 今日は僕の55点成績アップにつながったおすすめの参考書とその使い方を伝授したいと思います。これをやっと...
 エース     26882 View      70 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
参考書「英文解釈の技術」を使って早稲田レベルの英語長文を攻略する方法!
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実...
前回は英文解釈に絶対必要な知識として、品詞と句と節というものについて書かせていただきました。これらは実際に会話しているうちに意識されるものではないですが、「問題を解く」にあたっては極めて大事なものです。 これが早稲田レベルの英文の難しさだ! 今回は、実際に英文解釈の力をつけるための勉強方法と、前回の...
 たまさん     44968 View      108 役に立った 
     記事更新日 2018.9.30