ネクステを何周も繰り返して難関大にも合格できる英文法力をつける方法

英文法ネクステージの難易度

こんにちは。一橋大学経済学部の笠原です!

イクスタ編集部

今回はNextStage(ネクステージ)という参考書について、NextStage(ネクステージ)の特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。
※実際にNextStage(ネクステージ)を使った人にインタビューをした情報をお届けしていきます!

◇目次◇

「NextStage(ネクステージ)」の概要

英語の参考書 NextStage ネクステ

Next Stage英文法・語法問題

出版社
桐原書店

値段
1436円

難易度
★★★☆☆~★★★★☆

昔から受験生に使われ続ける参考書

通称「ネクステ」と呼ばれるこの参考書は1999年の刊行以来、多くの受験生に愛用されている英語の参考書です。大学受験の英文法参考書として、もっとも有名なものだと言ってもいいかもしれません。ネクステには、大学入試で必要になる「文法」「語法」「イディオム」「会話表現」「単語・語い」「アクセント・発音」の知識が整理され、1474問の問題が収められています。

また、見開き2ページで構成されていて、問題文・問題文の和訳・解答・解説がその中に収められています。

NextStage(ネクステージ)のレベル

中堅国公立・MARCH志望におすすめ

ネクステはセンター試験・中堅国公立・MARCHを志望する受験生向けの参考書です。ネクステをやり込めばこれらの大学の合格ラインに持って行くことができます。

早慶以上の大学を目指す受験生におすすめの参考書

早慶以上の大学を目指す受験生はネクステを終わらせたらもう一段階レベルの高い参考書を買って勉強した方がいいかもしれません。

早慶志望におすすめしたい参考書は「大学入試英語頻出問題総演習」です!

英語頻出問題総演習 英語の文法書

通称「英頻」と呼ばれる参考書で、難関大を目指す受験生にはぜひおすすめしたい参考書です。英文法を幅広く学べる参考書で、問題量が圧倒的に多いのが特徴です。難しい問題も数多く載っているので、早慶合格のレベルまで英語力を持っていくことができます。

「大学入試英語頻出問題総演習」について詳しい特徴や使い方などを知りたい受験生は以下の記事をチェック!

> 難関大を狙う受験生が英語文法を仕上げる【英頻】の使いかた

ある程度英語の知識が身についている受験生におすすめ!

基本的な英文法・構文・単語・熟語の知識がある受験生が使用することをおすすめします。
というのも、ネクステージに収められている問題のレベルは基本~発展と幅が広いです。その上、問題数は1474問と数が多く、それらは厳選された入試の過去問です。参考書のレイアウトもわかりやすく、解説もコンパクトになされています。

基本的な知識を持っていない受験生がいきなりネクステージを使ってしまうと問題文の和訳ができなかったり、解説を読んでも理解できなかったりして挫折してしまう可能性があります。

そのため、英文法の基本的な知識に欠けていると感じている受験生の方は、基本的な英文法や単語・熟語を覚えてからネクステに取り掛かるようにしましょう。

「NextStage(ネクステージ)」の特徴

多岐にわたる英文法の問題形式で入試問題に対応

 

ネクステの特徴

 

様々な問題パターンをこなすことによって実践力が培われます。選択問題から整序問題など色んなパターンの問題が載っているのでどんな大学を受験する受験生でも必ず役に立つ参考書だと言えます。また、英文法の問題だけでなく英文解釈の問題なども載っているので幅広く英語力をつけることができます。

私大の入試はネクステに良く出題されるような文法問題を練習するにはもってこいの参考書です!またセンター英語の大問2の文法問題を対策するのにもちょうど良いレベルです。

センター英語の文法問題に関して対策法を知りたい受験生は以下の記事を読んでみてください!センター英語の文法問題を対策におすすめの参考書もネクステ以外に紹介しています!

> 千里の道も文法から!センター英語大問②、文法の勉強法とおすすめ参考書

難易度の難易度が3段階で表示されている

基本:中学英語プラスアルファの知識で正答できる問題
標準:高校で学習する知識で正答できる問題
発展:大学入試本番においてかなりの誤答が想定される問題。いわゆる、差がつく問題。

問題のレベル表示が明確になされているので、正答できる問題によって今の自分の実力を把握することができます。問題レベル別に取り組むのもおすすめです。

英語が苦手な受験生は急がず基本問題を解く

英語に自信がない、苦手意識がある場合は無理に発展の問題を解かず、基本問題から先に解いていきましょう。無理に発展問題を解いて、答えを見てわかった気になっても全く勉強になりません。まず基礎問題だけで1周しましょう。

英語は一歩づつの積み重ねが大切なので、急がずに基礎を固めましょう。

赤シートを使って単語帳のような感覚で覚えていく

見開き2ページ構成かつ覚えるべき箇所は赤シートで消えるようになっていますので、単語帳のような感覚でいつでもどこでも学習できます。

赤シートは慣れてきてから!

赤シートはネクステを一度解き終わってから使うのがおすすめです。確かに赤シートは便利なグッズですが、答えを考えるのが適当になったり、うっかり答えを見てしまったりとあまり勉強の効率が良くありません。一度しっかりネクステを解いた後、使用しましょう。

「NextStage(ネクステージ)」の使い方や勉強法

ネクステの効果的な使い方

 

続いて、ネクステの使い方やネクステを使った勉強法を述べていこうと思います。

最初は無理せず問題を解いていこう!

ネクステージは文法や語法などの知識が整理されている参考書で、大学受験の英文法を固めるためにとても役に立つ1冊です。その反面、問題数が多いのでこの1冊をやり終えるのに時間と労力を要します。

はじめから「全てを理解しよう!」と意気込んで取り掛かってしまうと、なかなか進まず途中でモチベーションが下がり、挫折してしまうかもしれません。

それではネクステージの価値を感じることができず受験期における大切な時間を浪費してしまいます。ですので、コツとしては「最初から全てを理解しようとしないこと」が大切です。

分からない問題にはあまり時間をかけない

自力で考えてみても分からない、解説を読んでも理解できないといった問題はあまり時間をかけず、付箋を貼ったりチェックを入れるなどして次の問題に進みましょう。テンポよく問題をこなしていきまずは1周を終わらせます。そして2周、3周…と繰り返し学習します。

2周目以降は調べながら解いていこう!

2周目以降の学習の際に、傍らに文法書を置いて随時調べるようにすると理解が深まります。何周もしているうちに理解できる問題が増えていくのを感じられるようになります。

ネクステは3周が目安!

ネクステに限らず文法の問題集は1周しただけではあまり意味がありません。2,3周目と繰り返していくうちに文法問題に慣れてくるはずです。ネクステは3周を目安として繰り返し勉強しましょう。当然、3周以上するのもいいと思います。英語の文法は繰り返し解いていくことが入試で点数を取る近道と言えます!

音声CDや音声データで五感を使ってイディオムを覚えよう!

「会話表現」「アクセント・発音」についてはCDが付属されています。そのほかの「文法」「語法」「イディオム」「単語・語い」の問題文については、桐原書店の専用サイトにて音声データのダウンロードができます。

問題を黙々と取り組むだけで不十分です。英語は言語ですので、五感を使ってナンボ!
シャドーイングやディクテーションをすると、暗記の効率が上がるだではなくリスニング対策にもなるのでおすすめです。

ネクステの問題を解いていく上で大切なこと

問題文の構文を把握し、和訳をする

これをすることにより、読解対策にもなります。構文を把握することで速読も身につきます。素早く構文を掴むことができるようになれば、早く正確に文章を理解することが可能になります!和訳も一緒にすることで和訳問題の対策もなります。

傍らには文法書を置き、不明点があれば調べる

1周目で全てを理解しようとして文法書ですべて調べようとするのはおすすめしません。なぜかというと、問題を解き進めているうちに初めの頃に感じていた疑問が解決することもあるからです。

何周もしているうちに「少し引っかかるな…」「理解が不十分だな…」と思うところを文法書で調べることは理解を深めるという点において有効です。すべての問題で文法書に戻っていると時間がかかりすぎてしまうので、文法書で確認するのはもっとも苦手としている分野に絞りましょう。

ネクステージと合わせて使いたい英語の参考書

総合英語Forest、ロイヤル英文法といった文法書

ネクステと合わせて使いたい参考書 総合英語フォレスト 英文法書

> 総合英語Forest 7th Edition

英文法の参考書 ロイヤル英文法

ロイヤル英文法―徹底例解

これらの参考書はネクステで文法の問題を解いているときに横に置いておきたい参考書です。どの教科でもそうですが、解説が省略されていたり、わかりにくかったりして完璧に理解できないことがあると思います。そんなときに上記の参考書を使って理解が不十分な箇所を調べることで、より効率よく英語を勉強することができますよ。

センター試験の過去問

センター英語の過去問は時間を計って取り組むと、実践で使える程度まで知識が身についているかの確認にもなります。

大問2のA問題でどれくらい正解できるかで自分の英文法の力を測ることができます。

せっかく理解して覚えた知識でも、入試本番で即座にアウトプットできなければ合格を掴み取ることはできません。模試を受けるのも知識のアウトプットができるかの確認ができるのでおすすめです。

この記事を読んでいる受験生でセンター英語対策に困っている受験生には以下の記事がおすすめですよ。

> 【英語編】独学で大学受験合格を目指すレベル別おすすめ参考書と問題集大集合!

ネクステージに取り掛かる時期はいつ?

何周もすることを考えると、ネクステに取り掛かるのは早ければ早い方がいいですが、あくまで基本的な英文法が理解できていたり、単語・熟語をある程度覚えているという前提のもとでの話です。

そのため、受験生によって取り掛かる時期は異なります。高校3年生の4月、学校で同級生がネクステージを使っているのを見て焦って本屋に買いに行って取り掛かったとしても基本が身についていなければ問題が解けず解説も理解できないので、焦りは増す一方です。

まずは一刻も早く基礎固めをすること。遅くても受験シーズンの夏(7,8月頃)には取り掛かるようにしましょう。

まとめ

ネクステは基礎的な文法問題を網羅的に勉強するのには最適の参考書です。基礎が固まってきた高3生はぜひネクステを使って文法を固めましょう。ネクステを繰り返して内容を身に付けていけば、必ず英語の力はついてきます
 

 

 

合わせて読みたい
英単語マトリクス
イクスタスタッフが作成した、大学受験で使って欲しい英文法の参考書一覧 イクスタで記事を作成している英文法の参考書を一覧に整理しました。おすすめの参考書が揃っているので独学の受験生はぜひ活用してください。
150人の 役に立った


英語

難易度と暗記or演習タイプが分かる!英語の有名参考書マトリクス
難易度と暗記or演習タイプが分かる!英語の有名参考書マトリクス
こんにちは、イクスタ編集部です。 イクスタではこれまで、独学の受験生が自分に合...
こんにちは、イクスタ編集部です。 イクスタではこれまで、独学の受験生が自分に合った参考書を選べるように参考書ごとのレベルや特徴を表した参考書マトリクスを作ってきました。 科目ごとに...
イクスタ編集部     9 役に立った 
     記事更新日 2020.1.22
【センター英語】7割8割9割ごとの対策法と各大問の勉強法など完全まとめ
【センター英語】7割8割9割ごとの対策法と各大問の勉強法など完全まとめ
こんにちは。一橋大学経済学部の笠原です。いよいよ令和2年度センター試験の直...
こんにちは。一橋大学経済学部の笠原です。いよいよ令和2年度センター試験の直前となりましたね。ここから少しでも得点できるようなノウハウをお伝えしてきますよ。ぜひじっくり読み込んで本番を迎...
イクスタ編集部     122 役に立った 
     記事更新日 2020.1.15
早慶以上を目指す受験生が解体英熟語を使って成績を上げる方法をご紹介します
早慶以上を目指す受験生が解体英熟語を使って成績を上げる方法をご紹介します
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回は解体英熟語について特徴や使い方な...
こんにちは。イクスタ編集部です。 今回は解体英熟語について特徴や使い方など詳しく述べていきたいと思います。 実際に解体英熟語を使用して受験を乗り越えた経験のある人に聞いたので、解体...
イクスタ編集部     116 役に立った 
     記事更新日 2020.1.11
King of 英単語。難関国立・早慶志望者は単語王をやりきれば不安がなくなる
King of 英単語。難関国立・早慶志望者は単語王をやりきれば不安がなくなる
今回は早稲田大学に現役合格した私が、単語王について特徴から難易度、使い...
今回は早稲田大学に現役合格した私が、単語王について特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。単語王は難関大学志望者なら先輩や友達などから一度でも聞いたことはあるのではないで...
イクスタ編集部     110 役に立った 
     記事更新日 2020.1.11
生きた熟語で記憶に残る速読英熟語。難関大の英熟語も万全にする使い方
生きた熟語で記憶に残る速読英熟語。難関大の英熟語も万全にする使い方
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は「速読英熟語」とい...
こんにちは。一橋大学の笠原です。 今回は「速読英熟語」という参考書について、「速読英熟語」の特徴から難易度、使い方まで詳細に説明していきます。 ※実際に「速読英熟語」...
イクスタ編集部     111 役に立った 
     記事更新日 2020.1.11